プラトニックな恋愛『わんちゃん!』

男女恋愛観の違いを科学的に教えます♪【複数項目で徹底解説!】

【オススメ!】科学的に男女の恋愛観の違いを覚える!複数項目で徹底解説します!

男女の恋愛観の違いを考えて見ましょう♪

1.男女の違いはなぜ起こるの?
2.男女の違いは脳の違いから?
3.男女の違い!7つの考え方について
4.10項目でチェック!男女の違いとは?
5.男女の違い!恋愛観について[心理編]
6.恋愛観。男女の違い[メール編]
7.恋愛観。男女の違い[別れ編]
8.男女の違いについてのまとめ!

男女の違いを考えてみよう?

というと、容貌外見の違いはもちろんのこと、考え方、感じ方、仕事への取り組み方、恋愛観などに大きな違いがあります。

男女の脳は構造に違いがあると聞いたことがないでしょうか?なぜ、男女の恋愛観が異なるのかを徹底解説します。

1.男女の違いはなぜ起こるの?

男女の恋愛観の違いはなぜ?起こるのでしょうか。

男女の恋愛観の違いはなぜ起こるのでしょうか?

男女はお互いの身体に違いがあるからこそ、お互いに無いものを求め合うのかもしれませんが、価値観の違いも大きいため、時には喧嘩してしまった経験もあるのでは?

そもそも、なぜ男性と女性とでは恋愛観に違いがあるのでしょうか?

そこには何か深い理由があるのかもしれません。




2.男女の違いは脳の違いから?

男性脳と女性脳、脳の違いを考えて見ましょう!

1.男女の脳の重さ

男性と女性の脳の質量には差があり、男性の脳は約1400g、女性の脳はそれよりも100~200g小さいと言われています。

男女を比較すると、男性の脳の方が少しだけ大きいということになります。脳の大きさは知能の高さや、頭の良さには直接的な関係がないそうです。

脳が大きいから能力が高いというわけではない。という事実は研究結果として発表されています。

頭が小さくても勉強や仕事ができる人、優秀な人が多いのは身近に感じられるのではないでしょうか。
2.男女の脳の構造の違い

男女の脳は大きさ以外にも異なる点があることが分かっています。具体的に大きく異なる部分はどこかというと、脳梁という部分。

脳梁とは簡単に言うと、左右の大脳をつなぐ部分のことで、情報処理を司る役割を持っている部分です。

脳についてはすべてが解明されているわけではありませんが、男女の脳梁の太さが異なるせいで、考え方や行動が異なるという学説を持っている学者も多いとされています。



女性の脳梁の方が太く大きいことが分かっていますが、脳に関してはまだ分からないことがたくさんある分野なので、現在も研究が続いています。



未知の部分が、解明されるにはまだなだ時間がかかりそうです。男女の差を生むような未知の部分は数多くありますが、男女の価値観、考え方の差が脳の構造から来ていることは間違いないとされています。




3.男女の違い!7つの考え方について

男女の恋愛観の違いはどこから来ているのか考えて見ましょう!

1.空間認識について

空間認識能力は、男性の方が女性に比べ秀でているという研究結果があります。

男性は空間の把握能力が優れているので、地図を見たり車の運転を女性よりもストレスなく行うことが可能です。

また、男女では建物の設計図を見せた際、脳の反応に違いがあるようで、男性の脳は明らかに活発になる部分があるのですが、女性の脳では反応が鈍かったという研究結果が報告されています。



これらの結果から言えることは、男性は設計図を見せた時に活発に働く脳領域が存在し、女性ではそういった活動がほとんど見られなかったということ。

つまり、空間認識能力に関しては、男性の脳に優位性があると言えます。



しかしながら、これは大きな意味での傾向であり、世界中では多くの女性建築家が活躍しています。そういった事実からも、空間認識能力は個人差が大きいとも言えそうです。

2.言語能力について

世間では一般的に、男女が口論になった場合、女性の方が口論に打ち勝つ傾向がある。と考えられているのではないでしょうか?

また、女性のほうがすぐにヒステリックになるとも言われています。実際どうでしょう?

個人の実体験ではなく、客観的な視点で証明できることはないのでしょうか?



男女の脳の構造で一番大きな違いは、脳梁(左脳と右脳をつないでいる組織)と言われる部分で、女性の方が脳梁が大きくなっているという事実を先ほど紹介しました。

脳科学を研究する機関の、会話に関する男女の反応差を調査した結果によると、女性は会話しているときに、右脳と左脳全体に反応が見られるそうです。



しかし、男性の場合は、言語中枢がある左脳にしか反応がみられない。

つまり、男性は言語領域を駆使して、論理的に話を組み立てて会話している傾向があるのに対し、女性は脳全体を駆使して右脳によるイメージも含めて会話していると言えます。



こういった理由から、一般的な傾向としてですが、女性と口論になったとき、女性の方がヒステリック気味に怒ってしまったり、男性は終始落ち着いていて、起きている問題と関係のないこと以外はほとんど話さない傾向にあると言えます。

例えばですが、女性は口論になったとき、相手の失敗例をあげることがよくあります。



その失敗例が、口論とはあまり関係がない内容にであったとしてもです。男性よりも脳全体を使って会話をする女性だからこそ、過去の事まで同時に考えて、思い出しながら会話が進められるということに繋がっていると言えます。


男女の口論においては、こういった広い範囲での会話内容が敗因となって、男性が女性に口論で負けてしまうのではないでしょうか?

一方で、男性にもヒステリックな人はたくさんいますし、女性のドメスティックバイオレンスDV)もあります。

常に冷静沈着な女性もいれば、感受性の豊かな男性もいます。これらの特徴はあくまで傾向として言えることであり、一般的な特徴として覚えておきましょう。




3.コミュニケーション能力について

女性は、男性に比べるてコミュニケーション能力に長けているとされています。

その理由としては脳の構造の違い、脳梁部分に関係してくるそうです。これは、脳の構造から考えてみるよりも、実生活を見てみると非常によくわかります。

おひとりさま女子という言葉もありますが、基本的には女性はすぐに友達を作りたくなる傾向があります。

友人同士などでの集団を形成したがる傾向も同様に強いものです、男性の場合はどうでしょうか?



ママ友という言葉がありますが、イクメンとして子育てをする男性が増えれば、パパ友という言葉も日常的に使われる言葉になるでしょうか?

ママ友がベビーカーを押して、お互いが喋りながら買い物をしている風景をよく目にすると思います。


どうしても、という場合は仕方ないとも言えますが、物事を
合理的に考える男性の場合、買い物に不便を感じるのではないでしょうか?しかしママ友たちは、こういう買い物スタイルを取ります。



それは、買い物だけが目的ではなく、情報交換することも目的として、ママ友とおしゃべりすることが目的の一つだからです。

近い心情を感じられる人間と、コミュニケーションをとりたいからです。

もし、それがパパ友だった場合はどうでしょう?不便を感じてまで、子供を連れて買い物には行かないのではないでしょうか?パパ友同士が喋ってる姿もなかなか想像できません。


仕事場ではどうでしょうか?コミュニケーションに関しての男女差はあるでしょうか?

例えば、女性はおしゃべりしながら、他人とコミュニケーションをとりながら、仕事をこなすことができます。



男性はというと、ひとつのことを集中しながら進めるといった感じで、おしゃべりなどのコミュニケーションをする時は手も止まってしまいます。

4.マルチタスク能力について

男性はシングルタスク、女性はマルチタスク。こんな話しを聞いたことがないでしょうか?

マルチタスク能力は、特に女性が優れているとされています。

例えば買い物をする時、パートタイマーとしてレジ打ち作業をする従業員の方はほとんどが女性です。パートタイマーは女性が圧倒的に多いですが、注意してよく見てみると男性と女性の違いを感じることが出来ると思います。


女性の場合、お客様に対して愛想もよく、次のお客様への準備をするなどの余裕も見られます。

男性の場合は、目の前の仕事に集中していて、仕事をするのも一つずつ進めているように見えます。愛想も女性に比べると少ないのではないでしょうか。



料理に関してもそういったことが言えます。女性は、料理に関して慣れているということもありますが、お鍋、フライパンなどを洗いながら料理を進めることが問題なく出来るように思えます。

一方で男性の場合は、洗い物置き場にフライパンやお鍋が、山のように積まれている光景を思い浮かべてしまします。


個人差があるので一概には言えませんが、一般的にはマルチタスク能力は女性が優位、ひとつのことに集中するのは男性が優位だとされています。




5.記憶力について

記憶力は、女性の方が男性よりも優位であると言われています。

これは、脳の構造に由来していることなのですが、記憶を司る脳の中枢の一つに海馬と呼ばれる場所があります。その海馬は男性よりも女性の方が発達していて、より大きいものであると言われています。



みなさんの記憶にないでしょうか?女性であれば、こんな大事なこと忘れる?と男性に対して思っていたり・・。

逆に男性ならば、こんな細かいことよく覚えているなー。と感心したり、そう言った感覚の違いは男性と女性の違いからも由来していることなのです。

6.論理的思考能力について

論理的思考能力については、脳の構造上、男性の方が優れています。

男性は定まった言語領域を活かしているのに対し、女性は脳全体を活かして話していることが主な理由としてあげられます。



男性は余分な情報を排除して会話を組み立て、話すことが得意と言えるのではないでしょうか?男女の違い、考え方はこういった部分からも感じ取ることができます。



男性はマルチタスクが難しい脳の構造になっています。これは、他の余分な情報を遮断して、論理的な思考をすることに向いているからです。

7.攻撃性について

攻撃性については、男性の方が強いとされています。それは脳の構造がそうなっているからであるとも言えます。

脳の部位に扁桃体という、感情や、衝動的な攻撃性に関することを司る部位があります。その部位は女性よりも男性の方が発達していて大きく、そのために男性は本能的に攻撃的だとされています。



ホルモン物質や神経伝達物質を要因とした場合でも、男性は攻撃的になりやすいとされています。

動物実験での研究成果によると、扁桃体にダメージを受けた動物は、大幅に攻撃性や恐怖感がダウンするという研究結果があるそうです。

これらも男女という大きな分別をした上での傾向の一つであります。

最近では、女性からのドメスティックバイオレンスDV)に悩んでいる男性も多いとされています。

攻撃性についてはホルモンバランスの影響も考えられます。LGBT性同一性障害といった方々からは、極端に強い攻撃性を感じないといった感覚が皆様にはないでしょうか?




4.10項目でチェック!男女の違いとは?

恋愛上手になるためにはまず異性を知ること♪

1.おしゃべりしながら仕事ができる女性

仕事中にずーっとしゃべっている女性…。仕事しているのかなー、と感じたことがないでしょうか?

しかし実際には、決められた仕事量はもちろん、仕事はキッチリとこなしている。そんな瞬間、見たことありますよね。集中して仕事すれば、もっと仕事量を増やすことできるのに…。と感じたことがある男性も多いのではないでしょうか?

2.記念日の記憶

女性は記念日に対する記憶力が素晴らしいと言えます。女性と同じだけの記憶力を男性が求められると、困ってしまうこともあるのではないでしょうか?

記念日に対する思い入れはカップルのパートナーとして、お互いが同じ時間を過ごしていても感じ取り方は違います。



男性の場合、パートナーの誕生日すらも忘れてしまうことがありませんか?これは、男性脳の特徴であるとも言えます。

3.表現力の違い

  • 女性が、男性に何かを頼むとき。
  • そこの、あの隣のもの、とってくれる?
  • そこの、あれの、隣ってどれ?
  • 中くらいの大きさのやつ…。



女性は抽象的な表現が多く、男性はそれに対して、具体的な表現を求めていることが多いと言えないでしょうか?

4.服装の違い

男性は女性との交際が決まるまで、お付き合いがスタートするまで外見・服装に気をつけます。

しかし交際が始まって月日が経つと、徐々に自分を良く見せようという意識が弱くなっていきます。女性の場合は、いつになっても外見や服装に関心が薄れることは少ないと言えます。



一般的に女性はファッションのパターン化という認識がなく、買い足した服装を組み合わせて、無限に自分の満足を追求していく傾向があります。いくつになっても流行に敏感なのは女性です。




5.仕事の進め方の違い

男性の仕事の進め方は、結果を見据えて進めていく。女性の仕事の進め方は仕事を進める過程も大切。

決められたことはきちんと守るべし、結果はそれによってついてくる。といった考え方を持つ傾向があります。

目的に対して、男性はアドリブ、女性は遵守といった傾向も見て取れます。


男性の場合、論理的な裏付けがないと、なかなか物事を続けることが難しく、何かに取り組んでいても、新たに便利な方法を生み出して実行してする。ということを繰り返します。

こういった部分でも、男女の考え方・価値観の違いがわかると言えます。

6.話し手と聞き手

女性は男性以上に会話好きの傾向があります。

その会話の進め方もいきなり方向転換!といった感じで、会話している相手にとっては、今話していた内容の続きだと思って聞いていたら、いつの間にか話題が変わっていた。

なんてことありませんか?こういった瞬間からも男女の違いが見られます。

7.同意をすればいい?意見を言えばいい?

よく女性と会話をしていると、[ちょっと、聞いてよー。]といった感じで悩み事の相談を持ちかけられたりします。

そこで、真面目に自分の意見を伝えると、「でもね。」と結局自分で結論を出していたりすること、ないでしょうか?



女性は自分の話を相手に聞いてもらい同意してもらいたいという、同調行動を求める性質があります。

こういった性質を理解して、男性は女性の話を聞く場合、女性がどのような意見をはじめに持ち合わせているのか?

あらかじめ確認しておいて、それとなく同調すれば良い気がします。男性にとっての女性とのコミュニケーション能力アップのポイントとして大事な部分です。

8.趣味の変化に関する違い

男性の趣味は年月が過ぎて大人になっても、変わらないことが多いと言えます。女性の場合では、そういった傾向があまり見られません。

男性の趣味は変化せず、女性の趣味は年齢とともに大きく変化していく傾向があります。

そういった性別による性質の部分が、いつまでたっても男性は子供のまま、女性は年齢とともに大人へと成長する。こう言われる理由かもしれません。

9.出勤風景の違い

女性は出勤するまでに化粧時間も必要でしょうし、外出に時間がかかる傾向があります。化粧のみならず、その日の服装、髪型を決めるとなると男性が考えている以上に時間はかかるのです。一方で男性の場合はどうでしょうか?


今日の格好と、昨日の格好がほとんど同じ。時間がかかるわけでもありませんし、一般的に外見を着飾る、服装に関しての意識は低いと言えます。

10.買い物での行動の違い

女性の場合、目的とする商品がない状態でもウィンドウショッピングを楽しめてしまうので、買い物に時間がかかる傾向にあります。
男性の場合はどうでしょうか?

ウィンドウショッピングをする時間もなく、目的に向かって一直線的に行動、サッと買いたいものを購入して即帰宅。といった方が多いのではないでしょうか?

衝動買いをするような時間がなく、衝動買いに対する男性と女性の価値観の違いは、こういった部分からも感じられます。




5.男女の違い!恋愛観について[心理編]

心理を読み解いて、恋愛観の違いを感じましょう!

男女の恋愛に対する感情には大きな違いがあります。どのような違いがあるのでしょうか?


一般的に、男性の恋愛は心理的な質が重要とされています。

恋愛に関して言えば、友人の女性から何度も好意のある挨拶をされたり、繰り返しおしゃべりしたり、何度も告白されたり、といったことをするより。

たった一度の恋愛、恋の告白といった瞬間の方が、好きという気持ちが高まるとされています。

わかりやすいアイコンタクトを何回も送ってみたり、メールのやり取りの数をこなすよりも、男性は一度の告白に魅力を感じてしまう性質があるそうです。



さらに、男性の許容範囲・ストライクゾーンは広く、相手に対しての評価は加点方式となる性質を持っているそうです。恋愛心理学の研究で行われた実験を例に出してみると…

女性に対する許容範囲となる、ルックスを調査する実験では、女性の顔写真10人分を男性に対してランダムに見せると、7,8人は恋愛の許容範囲と答えるそうです。

こういった結果を踏まえると、女性が少しアグレッシブに男性に接近すれば、比較的簡単にお目当ての男性を落とせるということなのかもしれません。



一方で、女性に対してあなたの許容範囲はどうですか?という質問として、10人の男性顔写真を見せると、多くて1人または全員が恋愛の対象外となるそうです。

女性は男性に対して、減点方式で相手を評価していると言われますが・・。

出会いの段階では、よほど第一印象がよく、一目惚れにでもならない限り、男性に対して初めから恋愛感情を持たないと言えます。



女性の恋愛というのはじっくりと時間をかけて育てていく特徴があります。

交際期間が長期化するにつれて、男性以上に恋愛感情が大きくなる。付き合い始めはそれほど好きではなかったはずが、一緒にいる時間が長くなるほど、同じ時間を過ごせば過ごすほど、相手のことを好きになっていくとされています。



男性は恋愛に質を求めるのに対して、女性は量が大切とされています。

例えば、たった一度のアプローチ告白で諦めるのではなく、マメな連絡を繰り返し、何度も告白する方が恋愛感情が芽生える傾向にあります。

男性らしい人と、女性らしい人のタイミングがなかなか噛み合わないのは、こういった部分にも表れています。


男性は単純な性格、女性は慎重な性格と言えるのではないでしょうか?

男性にも特徴がありますが、特に女性は母性本能として、本能的に子孫繁栄を考えていることもあり、こういった部分では特に、恋愛において男女の違いが大きく存在していると言えます。




6.恋愛観。男女の違い[メール編]

好意を持った相手とお付き合いを始めたら、頻繁にメールするのではないでしょうか?

メールをするという行為や、その考え方にも男女の違いはあるのでしょうか?



相手に対して頻繁にメールを送らないと、落ち着かないといった人も多いのではないでしょうか?

こういった傾向を持つのは女性に多いとされています。


メールをしても既読にならず、レスが悪くて、メールの返信がすぐに来なかったりすることで、相手が何を考えているのか不安になり、すごく心配になったりしますよね。

彼氏が私のことを好きではないんじゃないか?など、深く考えてしまうことも頻繁にあるようです。



男性は脳の構造からもわかるように、原則として合理的な行動をする生き物です。

どこかで何か、きっかけがなければ、メールは連絡手段としか思っていない場合も多くあります。

女性との恋愛経験が少ない人の場合、尚更そういった傾向があり、女性の心理がわからずメールを必要以上に送らない傾向があります。



女性側がメールで頻繁に連絡を取り合いたいのであれば、そういった気持ちをはっきりと相手に伝えても問題ないのではないでしょうか?

そうでもしないと、男性はずっと恋愛に対する価値観、恋愛観は変わらないものです。

女性にもっとメールして!と言われて、それほど嫌な気持ちになる男性も多くはないと思うので、思い立った時は自分の想いをぶつけて見て良いかもしれません。


一方で
女性は、メールの返信やメールがないからといって、過度な心配をする必要はありません。

男性は合理的で面倒くさがりといった傾向がありますから、無意識のうちに相手に対して、メールする必要を感じていない場合が多くあります。





7.恋愛観。男女の違い[別れ編]

別れの瞬間に起こる。恋愛観の違いを考えて見ましょう♪

付き合っていた男女が別れるとき、お互いが別れた。という同じ体験をしているのですが、男女によってその時の意識や行動は大きく異なるとされています。



男性を対象にしたアンケート調査によると、別れた彼女を忘れる為に必要な期間は?といった質問をした場合、50%以上の男性が3カ月以上の期間が必要。

過去の恋愛を引きずると答えるとされています、男性は過ぎた恋愛に対して未練を感じる傾向が強いとされています。


それに対して、
同じ内容の質問を女性にすると、50%程度の女性が3カ月以内で忘れられる。と回答するとされています。

男女が同じ、別れるという境遇を経験した場合、過ぎた恋愛を後々まで引きずるのは男性のようです。



悲しい別れを経験した女性がその夜に大泣きして、次の日はなんてことなく復活!なんてシーン見たことがないでしょうか?

8.男女の違いについてのまとめ!

恋愛に対する価値観の違い。いかがでしたでしょうか?

男性を女性は同じコミュニケーションを取り合う人間同士ですが、外見も異なっているので、恋愛観性格が同じところもあれば、大きく異なるところもあって当然だと言えます。

お互いの優れたところを尊重して、男女で補い合うことが出来ればとても素晴らしいお付き合いだと言えます。


人間は元々が狩猟民族です。どのようにすれば家族を養うための獲物を捕まえやすいか?

男性は合理的に考えなければならない場面が多かったのではないでしょうか?

その当時の女性といえば、大切な仕事は子孫を残すための子育てであり、自分の身近に相談相手を見つけて、相手の協力を得て人生を進めていく。

人間の本質を考えてみると、現代においても男性と女性の価値観が大きく変わっているわけではなく、男性は男性らしく。

女性は女性らしくすることによって相手を引き寄せていくものだと言えます。

これに相手の気持ちを考えることが加われば、間違いなく素敵な出会いがあるはずです♪