プラトニックな恋愛『わんちゃん!』

キス初心者必見!ファーストキスのタイミングを教えます♪

キス初心者必見!ファーストキスのタイミングを教えちゃいます!

キス初心者必見!ファーストキスのタイミングはどうすればいい?

1.あらかじめファーストキスの場所を選んでおく
2.“いきなり”はナシ!
3.ガツガツしない!あきらめも肝心

今日こそはファーストキスを!と意気込んでも、どんなタイミングでキスにもっていけばいいのかわからない・・。ということもありますよね?

ファーストキスを成功させるために、気を付けたいことを最終チェックしておきましょう!


\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

1.あらかじめファーストキスの場所を選んでおく

アドリブは危険?ファーストキスは計画的に!

ファーストキスすることにばかり、意識が向いてしまって、具体的なことを考えていなかった!という事はありませんか?

キスに慣れているならいざ知れず、ファーストキスなのですから、ある程度場所やシチュエーションを決めておいた方が、落ち着いて行動できるし、成功率もあがるのではないでしょうか?



デートコースの中で、二人っきりになれる場所やロマンティックな場所を入れておきましょう!景色が綺麗な場所でもいいですし、夏祭りの花火を見ながらなども素敵でしょう。2人の思い出の場所があればそこでもいいですね。!


場所を決めておくことで、不用意にソワソワする必要がなくなります。また、後から考えたら「なんでこんなところで?!」というような、あまり素敵とは言えない場所でしてしまったり、人が頻繁に通りかかってなかなかうまくいかない、ということも防げるでしょう。



また、場所を決めておくことによって「いつキスしよう?!」とデートの間中、ずっとタイミングを計っている必用もありません!

ある程度の場所を決めておくことは、ファーストキスを素敵な思い出にすることもできますし、落ち着いて行動に移すこともできるでしょう。



\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

2.“いきなり”はナシ!

ファーストキスは思い出に残さないとダメですよ!

女の子がファーストキスがいい思い出ではない、という理由の中に、“突然されたのでほとんど覚えていない”であったり、“急にキスされてビックリしてしまっていい思い出ではない”というものが多く見られます。

キスをする側は、今日こそはキスしようという心構えができていたとしても、される側にとってはそんな相談を受けておらず、急であることにかわりありません。



どれだけ好きな相手でも、突然思ってもみたいタイミングでキスされたら、嫌いになってしまう事もあるでしょう。

「今なら人気もないし、これを逃したらできない!」と焦ってしまい、相手の意思も確認せずに急にキスする。なんてことはあってはならない事なのです。



言葉で確認しないまでも、近づいてみる、手を握ってみる、目を見つめるなどの段階を踏んで、相手の気持ちを確認しましょう!

少しずつ距離を詰めていって、嫌がるそぶりが無ければ大丈夫でしょうが、不意打ちのキスが許されるのは、漫画かドラマの中だけ、もしくはよっぽどのイケメンに限られます。相手の意思を確認せずに、いきなりのキスは辞めておきましょうね!


\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

3.ガツガツしない!あきらめも肝心

ちょっと焦らした方が絶対にイイ!計画の変更も考えて!

今日こそは!と決意したものの、なかなかうまくタイミングを計れずに、デートが終了しようとしている。こんな時、あなたならどうしますか?

無理やりにでもタイミングを見つけて、ファーストキスに持ち込みますか?それとも諦めて、次の機会を待ちますか?



もし、このようなことが起こったのなら、ガツガツせずに、次のデートに持ち越した方が良いでしょう。もしあなたが今日、キスをしようと決めていたのなら、デート中にそのタイミングがあればキスできていたでしょう。でも、今日キスできなかったということは、相手にその気がないという事なのです。



別にそれは、あなたとキスしたくないというわけではなく、まだ早いかもと考えていたり、恥ずかしいのかもしれません。でも、相手もキスしようと思っていたのなら、タイミングはいくらでもあったはずなので無理に強行突破しようとしないことです。



ファーストキスのタイミングを計る場合は、あきらめも肝心です。ガツガツしているとファーストキスどころか、今日この恋を失うかもしれません。今日はグッと我慢して、次の機会に持ち越したほうが良いですよ!

ファーストキスに失敗は付き物ですが、ちゃんと計画を練ることで成功しやすくなることは確実です!

良いファーストキスをしてくださいね!