わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

告白返事待ちの期間が長いとどうなる?相手の心理を見抜く方法♪

告白返事待ちの期間が長いとダメなの?告白返事待ちの間にOK&NG行動を知っておこう!

好意を寄せている人に告白をしたけど・・・

「告白返事待ち」になってしまったという事がありませんか?

こんな状況の時には、「いつまで待ては良いのか?」「どんな行動をすれば良いのか?」悩む事もあるかと思います。

告白返事待ちの人は、その間に出来ることを考えて、告白の成功率をあげる努力をしてみましょう!




1.告白返事待ちになったら脈なしのサイン?

脈ナシ、脈アリはどうやって見抜けば良いのでしょうか?

好意を寄せている相手に告白をして、交際したいと思う人は自然な考え方と言えますよね。

好きな人と付き合うためには、相手に想いを伝えなければいけません。

しかし、このときに告白をしたからと言って、すぐに返事がもらえるという訳ではないのです。

場合によっては「考えさせてほしい」「時間が欲しい」というような回答になるかもしれません。



このように、告白の返事待ちになった時には、多くの人がソワソワしてしまったり、この告白は失敗だった。と思い込むようになってしまうのです。

しかし、告白返事待ちになったからといって、必ずしも失敗だったという訳ではない事を忘れないようにしましょう。

相手は自分との関係を真剣に考えてくれているのかもしれません。



告白返事待ちにどんな行動をするべきなのか、どんな行動は控えるようにしたほうが良いのか、という事をしっかりと頭の中に入れておくように出来るといいです。

NGな行動をしてしまうと、告白の成功率を下げてしまうかもしれません。

ここからは、告白返事待ちになっている男性心理を紹介します。待たせ過ぎた事で諦められてしまった…。という事を避けられるようにしましょう!




2.告白返事待ちの期間ってどのくらい?

告白の返事はいつまで待てば良い?

告白返事待ちになったら、まず初めに相手の様子を見るようにしましょう。

相手が比較的若い場合は、恋愛経験も少ないことが予想されるため、返答の決断をするのにかなりの時間がかかるようになってしまう可能性も考えられます。

告白返事待ちになることで「早く返事をしてくれないかな」とソワソワしてしまう事もあるかと思います。

しかし、そんな間でも相手も自分との関係を真剣に考えてくれているということを忘れてはいけません。



最低でも1.2ヶ月はゆっくり考える期間として、自分からは連絡をしないように出来ると良いかもしれません。

この期間中に相手から連絡が来るようであれば、いつも通り返信を行うようにしましょう。

どうしても連絡を取らなければいけない場合には、告白の事には触れずに簡潔に用件だけを伝えるようにしましょう。



自分が相手に対して、告白返事待ちにしている場合は1ヶ月以内に返事が出来るようになると良いです。

前向きに考えても、待たせ過ぎた事が原因で、相手が冷めてしまった、諦めてしまったという状況になる可能性も考えられます。

いつまでも待っていてくれると思うのではなく、この期間中には絶対に返事をするという意識を持つようにしましょう。




3.告白返事待ちで相手を避けないこと

ついつい相手を避けてしまいそうですが、それはそれ。これはこれ。相手のためにも冷静になりましょう!

女性が男性に告白をして、返事を待ってほしい。と告白返事待ちにされた人は多いのではないでしょうか。

告白返事待ちをしてる場合、自分がその後に取る行動によっては、この期間中に気持ちが冷めてしまう可能性があります。

告白をしたことによって、お互いに気まずさを感じるようになるかもしれません。



こんな状況の時に、必要以上に相手の男性を避けるようになると、嫌われている、気持ちが冷めるというような心理状態になってしまいます。

告白をしてきた本人から避けられるようになるほどに、「いつ告白の返事をすればいいのだろう」と悩むようになってしまうからです。



告白をした後には、多くの女性が恥かしさから、相手の男性を避けるようになってしまうと言われています。

しかし、このような行動は自分では気が付かないうちに男性の気持ちを遠ざけている可能性がある、という事を覚えておきましょう。

前向きに考えていても、避けられたことが原因で「やっぱり付き会うのはやめておこう」と思われるようになつ場合があります。



交際したいという目的よりも、自分の恥かしさを優先してしまう事で恋愛を失敗に導く場合があります。

恥かしいと感じていても、いつものように日常会話で挨拶をしたり、明るく接することが出来るような心の余裕を持つことがポイントです。




4.告白返事待ちでのメールやLINEは?

告白返事待ちの時のメール&LINEはどうしたら…。
返事を催促していると、思われないようにすることが大切!

告白返事待ちをされている期間で、自分をアピールしたほうが良いと思う人もいますよね。

告白をしてきた相手に避けられるもの嫌だけど、必要以上に連絡をしてくることも、嫌だという人は少なくありません。

頻繁に連絡をするようになることで「返事を催促されている」と思われるようになってしまうのです。



このようにたくさん自分をアピールしようとして、告白返事待ちの期間に必要以上にアプローチをしていると、相手の気持ちが冷めてしまう可能性もあるので注意をしましょう。

直接会った時には相手の事を避けるのに、連絡は頻繁にするという状況になってしまえば、一番最悪な状況だと判断することが出来るかもしれません。


連絡をする時は、
本当に今連絡しないといけないことなのか?冷静に判断するようにしましょう。

また可能あればメールやLINEで伝えるのではなく、相手に直接要件を伝えるように出来ると良いかと思います。

自分ではそんなつもりでなくても、相手が「早く返事をしなければ」と思うようになってしまうので、その点には注意をしてくださいね。

告白返事待ちは、なるべく相手に連絡するのを控えるようにしましょう。催促するより、催促しないほうが告白の成功確率は高い傾向にあります。




5.告白返事待ちの間、友達に探りを入れてもらう

直接答えられない…。という状況も考えられます。そんな時こそ友人を頼りましょう!

告白返事待ちになることで「早く結果が知りたい」と思うことって多いですよね。

この時に、自分から返事を催促してしまうと、相手からは自己中心的だと捉えられることになり、悪い印象を持たれる可能性が高くなります。

友人に頼んで相手の気持ちに探りを入れてもらう場合は注意しましょう。


告白の返事について、
友達に探りを入れてもらうように頼んだということが、相手にバレてしまうと、卑怯な行為だと感じ取られてしまい、相手からは幻滅されてしまいます。

自分に置き換えてみても、真剣に悩んでいる時に、他人を使って自分の気持ちに探りを入れられると誰だって嫌な気持ちになってしまいますよね。

どんなに返事が気になる状況でも、絶対に簡単にバレるような探り入れてはいけません。



こういった行為が原因で、好意のあった男性に振られてしまったという人も少なくありません。

告白を成功させたいと思っているのであれば、告白返事待ちをしている時には、余計なことをせず、大人しく待つことがポイントです。

余計な行動が多いと、相手を不快な思いにさせるだけではなく、友人からの信頼も失うことになってしまうかもしれません。



それは、自分の評価を下げる原因になります。告白返事待ちに自分の評価を下げないようにするためにも、浅はかな言動や行動は控えるようにしましょう。




6.周囲に告白をしたことを伝える

周囲の友人に自分が告白したことを伝えてみる。

多くの人は、好意を寄せている相手に告白をした後、その事実を仲のいい友達に報告する傾向があります。

しかし、相手がこの事実を知ることで「冷めてしまった」という結果になる可能性もあるでしょう。女性は、好きな人の話を友達と共有したいという心理があります。

「こんな事があった」「あんな事があった」と聞いてもらうことでストレスを解放して、気持ちを楽にしようするのです。


相談相手に対して、様々な相談をしていたことで「告白したことも伝えなければ」と考えるようになるものです。


しかし、相手が告白に関わる相談内容のことを知ったら、内容によっては嫌な思いをさせるかもしれません。

友人に相談した内容が原因で、自分の印象が悪くなってしまうかもしれません。

相手から悪い印象を持たれると、告白の返事に対して前向きな考えを持っていたとしても、その気持ちが冷めてしまう原因にもなります。

どうしても友達に相談したいという場合は、絶対に相手の耳に入らないような相談相手を選ぶことも重要なポイントです。




7.ネガティブな気持ちにならないようにする

ネガティブな気持ちはほとんど好かれません、ポジティブに考えましょう!

告白をした相手から、返事を待ってほしい。と言われたことが原因でネガティブになってしまう人がいます。

告白返事待ちの時には、なるべくポジティブな気持ちになれる努力をしましょう。

勇気を出して告白をすることは、とても素晴らしいことなのですが、相手と付き合うためには、相手の気持ちやタイミングも重要なポイントです。



相手が恋愛を意識することが出来ない程、忙しい毎日を送っているのかもしれません。

恋愛をする気持ちになれない程、落ち込むことがあったのかもしれません。このような状況では自分が待ってあげるという事も必要ですよね。



告白をした後、早く返事が来ないかな。と相手の事ばかりを考えるようになってしまう人も多いかと思います。

相手にも生活があるので、全てがあなたの告白の返事だけを考えている時間ではありません。相手が忙しい状況にある場合、告白返事待ちの期間だって長くなりますよね。



自分の気持ちを楽にするという意味でも、自分の魅力を下げないようにするという意味でも、気持ちがネガティブにならないようにすることが大切だという事を忘れないようにしましょう。

出来る限り落ち着いて、普段通りの自分でいられるように心掛けることが大切です。




8.無理にデートに誘ったりしない

無理な行動は、無理難題を呼びます。覚悟して行動しましょう!

告白返事待ちの期間に、少しでも自分の良い部分を相手に伝えようと思ってしまう事がありますよね。

その結果、必要以上に相手にメールやLINEをしたり、デートに誘うようになってしまう可能性も考えられます。しかし、告白返事待ちの期間という状況なのに無理に相手をデートに誘うことで、相手に余計な負担をかける場合があります。



告白の返事を真剣に考えている中で、デートに誘われれば「その日に返事をしなければいけないかな。」といったプレッシャーを感じるようになりますよね。

その結果、冷静に判断することが出来なくなり、たとえ交際に対して前向きに考えていたとしても、付き合うことが出来ない。という結論を出すようになってしまう場合もあるのです。



告白返事待ちの期間に、相手との距離を縮めたいという気持ちがあったとしても、相手には極力プレッシャーをかけないように、自己アピールやアプローチ、デートの誘いは控えるようにしましょう。

告白返事待ちの期間は、友達と遊んだり、自分の趣味に没頭したり、自分磨きをしたりなど、工夫した毎日を過ごすようにしましょう。




9.恋愛の話を控えて日常的な会話をする

何気ない会話にも気を使うようにしましょう!

告白した相手と日常的に仲の良い場合、同じ学校であったり、同じ職場である場合、告白返事待ちの期間にお互いが会話をする機会も多くあるかと思います。

この時に、なるべく恋愛の話をすることを控えるようにしましょう。恋愛系の話をすることで、お互いが気まずい雰囲気になってしまう可能性もあります。



会話をする場合には、恋愛の話を避けた、何気ない会話を楽しむことが出来るようになるとベストです。

最悪の場合、恋愛の話をしたことで関係が気まずくなり、今まで以上に関係が悪くなってしまう事もあるかもしれません。

そうならないようにするためにも、話題には細心の注意を払うようにすることが大切です。



お互いに関わる恋愛の話だけではなく、周囲の恋愛話も控えるように出来るといいです。さらには、芸能人の恋愛など、離れた存在の話題にも触れないようにしましょう。

10.自分の生活リズムを取り戻す

恋愛に没頭しすぎると危険!生活リズムを取り戻そう。

好意を寄せている人に告白することで、その人の事ばかり考えて何も手に付かない。というような状況になってしまう場合があるかと思います。

このような状況になってしまうと、自分の生活リズムを大きく乱す原因になってしまいます。

さらには、いつもと変わらない自分でいようと考えていても、無意識で顔や態度に出てしまっているかもしれません。



告白をする前というのは、好きな人に好かれるような努力をしたり、どんな告白をするべきかを考えます。そうやって、自分では気が付かないうちに「好きな人中心のリズム」になっているのです。

告白するタイミングというのは、こういった好きな人中心の生活に自分から区切りをつける。というタイミングがベストだと言われています。



告白返事待ちであっても、時間が経つことで必ず結果が出ます。

その結果がどうであっても自分の生活は自分だけのものです。

告白がうまくいかなかったとしても、今の自分に大切なことをしっかりと考えて、自分磨きに時間を使ったり、仕事を頑張るようにしたり、自分の生活スタイルを取り戻す努力をしましょう。

告白返事待ちの時は、行動に注意して告白成功率をあげよう!

告白返事待ちの期間は、その時間を活かして様々な準備をすることが大切です。

自分の何気ない行動によって相手の気持ちが冷めてしまわないように注意をしましょう。

告白返事待ちになったからと言って、必要以上に落ち込んだり、過度にアプローチすることは控えるようにしましょう。


告白返事待ちの期間こそ、毎日をより楽しむようにすることが大切です。じっと、動かずに待つことだって行動の一つ。相手に対する気遣いが感じられますし、包容力のアピールにもなります。告白返事待ちの時の言動や行動で、告白の成功率を少しでも高められるようにしましょう!