プラトニックな恋愛『わんちゃん!』

上手なキスをする22のテクニックを魔女が伝授!その4「⑯〜㉒」

上手なキスをする22のテクニックを魔女が伝授!その4「⑯〜㉒」

上手なキスをする22のテクニックを魔女が伝授しちゃいます!

16.笑わせてリラックスさせてからのキス
17.キスをしないままデートを終える雰囲気を出す
18.リアルな匂いを残したキス
19.スマートキス
20.女性からのキスを待つ
21.強弱をつけたメリハリキス
22.唇以外にもするキス

女性必見!キスのテクニックを磨いて彼を虜にする♡

相手をドキドキさせる素敵なキスってコツさえ掴めば誰にでも簡単にできるもの♡

相手がとろける上手なキスを徹底解説します!皆さんも、今すぐキスの上級者になってみませんか??

今回は「⑯〜㉒」までの上手なキスのテクニックをご紹介します♡

16.笑わせてリラックスさせてからのキス

上手いキス⑯ユーモアが彼女の心を開く?

キスの前はやっぱり緊張するものです。その緊張を和らげてくれるのが笑いです。

彼女との日常の会話もそうですが、ユーモアがあることは女性と付き合ううえで重要です。いくつか冗談で彼女を笑わせた後に、アイコンタクトしてキスを始めれば、リラックスした状態でキスができるでしょう。

リラックスした状態のキスはそれだけでお互いに愛を感じられます。そこに導入するのに有効なのが笑いなのだと頭の隅に記憶してほしいと思います。


\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

17.キスをしないままデートを終える雰囲気を出す

上手いキス⑰「えっ!?今日はキスしてくれないの?」が彼女をキスへ走らせる。

特に彼女と付き合い始めて間もないころには大きな力を発揮するであろうテクニックがこちらです。

もうお互いに相思相愛で、別れ際にキスをするかどうかなど気にならないくらいの関係であれば、そこまでの効果はないかもしれません。このテクニックの目的はキスをしない雰囲気を作ることで、彼女に「私のこと好きなのかな?どうなんだろう?」という不安感を持たせることです。



そのような不安があなたへの気持ちを高ぶらせることになります。キスはしないような紳士的なそぶりで、彼女を優しくしながら焦らして、最後はキスをする、これで彼女はきっとあなたにメロメロになってしまいます。

18.リアルな匂いを残したキス

上手いキス⑱ミント味のキスなんて作り物っぽい!

キスをする際に口臭があるのはもちろんNGです。でも、たとえば焼肉を彼女と食べに行った際に、キスをしたらあなたの口が歯磨きの味がしたらどうでしょうか?

確かに清潔なイメージはありますが、どこか現実的ではない、リアルを感じられないようには思わないでしょうか。ぽっかりとその時のキスだけが記憶の中に陸の孤島のように浮かぶだけにはならないでしょうか。



キスとはその時の雰囲気やデートからの連続としてあるものです。それらの記憶と分離していたら、せっかくのキスも浮世離れしているような感覚になります。リアルな記憶を彼女の中に残せるようなにおいを残したキスにしましょう。



\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

19.スマートキス

ガツガツするキスは自己中心的。

ガツガツとしたキスは、それだけで女性の心を萎えさせます。なぜなら、そのようなキスは自己中心的で、彼女の気持ちや満足感を全く考えていないからです。

スマートにそっとするようなキスが女性の心をつかみます。なんなら、今日はキスをしてくれないの、と彼女に思わせるくらいの理性的な姿を見せましょう。逆に彼女の火がついて、積極的なアプローチが望めるかもしれません。

20.女性からのキスを待つ

上手いキス⑳キスを自分からするのも女性にとっての望みの一つと心得るべし。

「キスは男性からするもの」、そう決めつけてはいないでしょうか?

もちろん、キスなどは基本的に男性からした方が、男らしさも出ますし、愛されていると感じるので、女性は好きです。でも、一方で自分からキスをしたいという気持ちも、あなたを彼女が愛していれば当然湧いてくるものです。というのも、キスをするという能動的な行動は、相手に「愛してる」と伝えることでもあるからです。



ですから、そっとキスをして彼女の気持ちが高まってきたら、彼女の出方をうかがうのです。彼女の方から迫ってくるようならどうぞそれを受け入れてください。いつもと違う感覚に、彼女はまた違う快感を感じることでしょう。


\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

21.強弱をつけたメリハリキス

上手いキス㉑意外性が彼女の熱を引き出す。

基本的にそっとキスすることが、上手いキスの定番ですが、そこに波をつけていくことも非常に効果的です。強弱をつけるのです。唇にふれるかどうかのような控えめのキスから、急に舌を彼女の口に差し込んで強めのキスに移行するなどと変化をつけましょう。

彼女はびっくりするかもしれませんが、弱いと強いのギャップが雰囲気を高めていくのに役立つことでしょう。

22.唇以外にもするキス

上手いキス㉒女性はみんなお姫様になりたい。

キスといっても唇を重ねることだけがキスではありません。額や頬など様々な部位にキスは可能ですよね。体中にキスされると、自分が隅から隅まで愛されていることを感じられて、彼女はとてもうれしいはずです。

そして、その中のキスでも最もおすすめしたいのが手の甲へのキスです。膝をついて彼女の手の甲に軽くキスをしましょう。そう、お姫様に騎士がキスをするかのように振る舞うのです。



どんな女性でも、やっぱりお姫様になるというのは憧れです。このように手の甲にキスをされたらキュンキュンが止まりません。彼女の望みを満たす手の甲へのキス、オススメです。