わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

人当たりがいい人の特徴|コミュニケーション能力を向上させる5つの方法!

 2017年12月6日

人当たりがいい人の特徴|コミュニケーション能力を向上させる5つの方法!

人当たりがいい人の特徴|コミュニケーション能力を向上させる5つの方法!

1.人当たりがいい人ってどんな人?
2.人当たりがいい人と言えるポイントは?
3.すぐに実践できる!自分を変えるポイント
4.まとめ

人当たりがいい人とは、誰からでも好かれるような穏やかな印象を持った人のことです。

人当たりがいい人は周囲からの好感度も高く、悪いことよりも良いことばかりといった印象ですね。

さて、どうしたら人当たりがいい人になれるのでしょうか?

コミュニケーション能力を向上させる方法と、人当たりがいい人の特徴を見てみましょう。




1.人当たりがいい人ってどんな人?

人当たりがいい人って、果たしてどんな人のことを言うのでしょうか?

人によって感じ方は様々だと思いますが、一緒にいてなんとなく心が和む、なんだか落ち着くといったふわっとした雰囲気の人のことではないでしょうか?

人当たりのいい人が特徴と言うと、若くて思いやりがあって、さわやかな服装している人が多いように思います。

人当たりがいい人といっても、第一印象だけが良い人と、ずっと印象が良い人など様々です。

人当たりがいいと仕事も人生もスムーズに進むことが多くなります。

常日頃から印象が良い人に対しては、自然と周囲が「助けてあげたい」「守ってあげたい」「育ててあげたい、成長を見守ってあげたい」と思われるので、困ったときにも救いの手が差し伸べられることが増えるのです。



ビジネスの場合では「あの人だから契約したい」、美容師であれば「あの人に髪を切ってもらいたい」と思われている人かどうかです。


「あなたが誰を好きか、何人好きか」なんて、人生の幸せにあまり重要な事ではありません。

「何人に自分のことを好いている人がいるか」が、人生を切り開いて幸せになっていく上で大切な事です。

そんな人当たりのいい人になるためには、どうしたらいいのでしょうか?




2.人当たりがいい人と言えるポイントは?

性格的な部分で人当たりがよく見える。

人当たりが良い人の性格的な特徴を知っておきましょう!

人当たりがいい人というのは、第一印象で穏やかな感じがして優しい人のことではないでしょうか?

誰でも無理なく、気兼ねなく話しかけやすそうな人で、この人だったら友達になりたいな!と考えたくなるような人物像をセルフイメージしてください。



人の印象というのは、なんとなくというような雰囲気からにじみ出ているところがあるので、日ごろからの行動で変わってきます。



人当たりがいい人には3つの共通するポイントがあります。

受容的」「共感ができる」「類似性をもっている」この3つがポイントです。


▼【
受容的とはどういうこと?

どんな人でも受け止めてくれそうな器がある人。

何事でも肯定して一旦は受け止めてくれる。

そんな人のことです。そういった印象を持っている人でも、実はパッと見の雰囲気だけでそうでもない人もいます。



受容的な心の持ち主というのはとても価値のある人です。

第一印象が受容的でない人には、あまり人が集まらないものですよね。

実際に受容的な人でも、パッと見の雰囲気がそう見えなければ、他人はそれほど積極的に近寄っては来ないでしょう。


人間の性格、
中身は最も大事な部分だと言えますが、外見によっても人を安堵させたり気持ち良くさせたりすることが可能なので、外見という部分においても人当たりが良く見えることに越したことはありません。





▼【共感ができる人

会話をしていて、否定しない人であるということです。

会話をしていて相手の意見が、自分とは反対の意見だったとしても、共感の言葉を使って「そうなんですね、わかります」と言うことが出来る人です。

すぐに自分の意見はこうですと相手に告げず、まずは相手に対して「その気持ちわかるよ」ということを伝えることが出来る人のことです。

あなたの意見が大切なのではなくて、相手の気持ちがわかることが大切なのです。



人間は自分のことを分かってくれると感じるような相手に対して心を開きやすくなります。

しかし、男女に良くみられるようなシチュエーション

ただ話を聞いてほしいだけなのに、注意をされたり避難されると心を閉ざされてしまうでしょう。

そうなってしまっては、あなたに頼ったり相談したり、ましてや助けたいと思わないことでしょう。

人当たりがいい人とは、相手に共感するという態度を大切に出来る人のことです。






▼【類似性をもっている人

同属嫌悪とまで言いませんが、誰だって自分と似た人に好感を持ちます。類は友を呼ぶという言葉もありますよね。



服装の趣味、態度や表情、振る舞いや言葉遣いが似ている人は、第一印象から相手への警戒心が低くなっているはずです。

派手な服装の人には派手な人、カジュアルな服装の人にはカジュアルな人、笑顔の人には笑顔の人が、しっくりとハマるはずです。

服装の趣味、態度や表情、振る舞いや言葉遣いが似ている人は、お互いの考え方や価値観、これまでやこれからの生き方も似ているため、親近感が湧いて緊張感が弱くなります。

さらには共通の話題も多くなるので、お互いの印象もいいのです。人は自分と似ている他人への評価は大体甘くなるものです。

▼【外見的な部分で人当たりがよく見える

人当たりがいい人の特徴は、ズバリ!「笑顔」です。



自分の周りにいる人当たりの良い人のことを思い浮かべてください。


やっぱり人当たりがいい人の特徴は、笑顔じゃないですか?

そのくらい笑顔というのは人柄のキーワードともいうべきものです。




3.すぐに実践できる!自分を変えるポイント

明るい言葉で挨拶をすること。

挨拶は社会人の基本と言われますが、無愛想に挨拶をしても相手の気持ちは良くなりませんよね。

人当たりがいい人は、ハキハキとした挨拶で明るく爽やか、相手も気持ちよい挨拶をしたから今日も一日頑張ろう!と思わせるような挨拶をします。


日常生活では
自分に関係のない人から挨拶をされても、顔を引きつらせて戸惑う人がたくさんいます。

なので、挨拶をしようとしても、かえって相手に悪い印象を与える場合もあります。

そういった雰囲気を感じた時は、とりあえず挨拶しないでおくという選択肢もあります。



しかし、人当たりがいいなと感じる人を観察してみると、一見物静かで優しい声で挨拶している人でも、積極性が見られて動揺が感じられません。

人当たりがいい人は、相手から挨拶の言葉が返ってこなくても良い、感じが悪いと思われても良いと、何の見返りを求めずに挨拶しています。



明るく挨拶ができる人はとっても素敵な人です。

相手が挨拶してくれないから、もう明日からはあの人に挨拶しないなどと考える人は、それほど人当たりが良くは見えないと思います。




▼【印象の良い笑顔を研究する

素直な笑顔は最高の笑顔であって、すぐに実行できる他者への思いやりの行動だと言えます。

人の印象は笑顔だけでも変えることが出来ます。

誰だって怖い表情や険しい表情の人より、笑顔の人のところへ行きたくなるものです。



笑顔は良いホルモンが分泌されるので健康にも良いし、例え作り笑顔であってもその効果があると言われています。

確かに怖い顔や悲しい顔をするよりも作り笑顔のほうが、ずっと人の為になっていますよね。



ここで注意したい事は、人をバカにした笑い、人をあざ笑う笑いは笑顔とは言いません。

そんな種類の笑顔はまったく真逆の悪い働きがあり、人当たりがいい人とはかけ離れてしまいます。

相手にも自分自身にも良い事は起こらなくなるので、決してバカにしたりあざ笑うような笑顔を作ってはいけません。



自信がなさそうに笑顔を作るよりは、明るく気持ちの良い笑顔になるように、時間のあるときに鏡を見ながら研究してみましょう。

▼【すがすがしくなるような清潔な外見を研究する

人は性格!中身が一番大事ではありますが、人から見て気持ちの良い外見にする事も、とても大事な要素です。

第一印象で人は相手を判断します。

初めて会う人に対して、外見からでは特に性格的なものは分かりませんから、どうしても外見で相手を判断するのは自然であって普通のことです。



こういった理由から、外見を明るく爽やかな服装や髪型などを心がけることは、他人への思いやりにもなります。

性格はすぐに変えられなくても、まずは服装を研究してみてください。

髪型やメイクは清潔で気持ち良い印象を与えているか、暗くなっていないかをチェックしましょう。



たとえ自分の好みとは裏腹であっても周りの人が見て、「この人、素敵な人だな」と思える外見を研究してみてください。

ブランドで固めようとか個性を主張したいとか、自己中心的な自己主張ばかりを考えた外見の装いでは、人当たりは良く見えません。



ブランド物は素敵だし、場所によっては身につけていた方が良い時もあります。

ですが、あくまでも人当たりの良い人に見える基本は、周りの人があなたを見て、爽やかで素敵、安心するような雰囲気、他人に気持ちが良いなと感じてもらえるようなオシャレです。

今まで暗い色の服が好みだった人は、明るさを演出出来るようなアイテムを取り入れるとか、少し明るい雰囲気となるように自分を意識して自分の外見を考えてみてください。



明るい所に人は寄って行きたくなるし、自分自身もさらに幸せになります。

そして続けることで周囲を幸せにしていることを実感できるので、自分の好みも良い方向に変わってくるんです。




▼【他人のことを悪く言わない・妬まない・悪口を共有しない

人当たりのいい人は、殆ど人の悪口を言いません。

人の噂話が好きな人は多いので、人の性質としてある程度の悪口を言い合うことは仕方のないことかもしれません。

良い噂話で会話が盛り上がることはいいことですが、なぜかどうしても悪い噂話へと発展していまう人達がいます。



苦労している人の中には人格者もいますが、どうしても周りを厳しく見てしまい、人を褒めるよりは批評が多く悪口も多くなる人もいます。

苦労の中から学んだものを人にプラスになるように、相手に対して喜んで聞いてもらえるように話せる人は、きっと人当たりのいい人となるでしょう。

ですが、苦労して頑張っている事を他人から評価してほしいあまり、泣き言を言い続けたり、苦労なさそうに暮らしている人に、あまい!と言って辛く当たる人も少なからずいます。

そういう人はとても残念な人で、他人から同情されることがあっても他人はなかなか近づいてきません。



人当たりがいい人は、他人のことを悪く言わない、誰かが悪口を言っていても共感しない、場を切り抜けるように話題を変えたり何とかスルーする、悪口を言い合うような場所からスッといなくなる人です。

悪口を好まない人の方が人当たりのいい人と思われることが多くなります。

▼【他人への思いやりの気持ちを大切にする

人当たりのいい人は、他人に対して思いやりの心がある人です。

自分の生き方としてできる限りは人の役に立とうとか、誰かが助けを求めている時にスッと手を差し伸べる心の準備ができている人です。

そういう感覚を持っている人は、良く物事に気が付き、気も効く人が多いので誰かが助けを求めていることを察するのが早いです。





4.まとめ

人当たりがいい人の特徴とは?

いかがででしょうか?明日からでもで可能な人当たりがいい人になる方法。実践してみたくなりますよね!



人当たりがいいと誰にでも好印象を持たれやすくなるので、人生の得をして生きている人だといえます。

誰だって嫌われるよりも、好かれたほうが気持ちが良いものですよね。



仕事において成績がよかったり、今以上に成果を出しやすい人は、やはり人に好かれることです。

人に好かれるためには、人当たりを少しでも良くして自分のファンを一人でも多く作ることです。

あなたが誰を好きなのかではなく、あなたが何人から好かれるのかが、重要なことなのです。



いくら立派なことを言っていても、いつも機嫌が悪そうにしていて人当たりが悪いと、なかなか人は言うことを聞いてくれません。


しかし、多少口下手でも、営業技術がなくても、人から好かれていると周りの人が力を貸してくれます。



一人でも多くの人から好かれるようにすると、あなたは人生で成功していくことができるでしょう。

人当たりのいい人を目指して、自分に出来ることからどんどん行動に移してみてましょう。