ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

運命の人に出会う前に必ず起こること。〜8つの前兆パターン〜

運命の人に出会う前に必ず起こること。〜8つの前兆パターン〜

1.気持ちの変化
2.環境が変わるとき
3.同性からのお誘いが多くなる
4.人の気持ちが良く分かるようになっている
5.大切にしてきた人との関係が壊れる
6.休息を欲するとき
7.毎日が綺麗に感じるようになる
8.大切に使っていたものを壊したり紛失
9.運命の出会いの感じ方

運命の出会いはとてもパワフルで特別なものですから、運命の出会いがありそうな時は、なにかしら前兆のような事が起こります。

運命の出会いの前に起こるかもしれない。8つの前兆パターンをお伝えしたい思います。

1.気持ちの変化

運命の人に出会う前の前兆「①・気持ちの変化が起こるえとき」

人間の感情には波があります。その波は人の心の感度にとても影響を与えます。

運命の出会いをする際にはその感度が高い時でないと見逃してします事になります。これは精神的にハイになっているということではなく、心が繊細になっているという状態なのです。
つまり物事が上手くいっているとか、スランプ状態であるというわけではなくあくまでも心の感度が過敏になっているという状態なのです。

そういう時は運命の人を感じやすくなります。




2.環境が変わる

運命の人に出会う前の前兆「②・環境の変化があったとき」

運命の人との出会いは新しい環境で起こりやすくなります。

例えば進学した、就職した、転勤した、新しい街に住み始めたといった具合です。新しい環境になった時は少し周りを気にしてみると運命の出会いを見落とさなくなります。

これは自分自身が変わらなくても周りが勝手に変わっていくというケースもあります。

3.同性からのお誘いが多くなる

運命の人に出会う前の前兆「③・同性からのお誘いが多くなるとき」

運命の出会いの前には、なぜかしら同性からのお誘いも多くなる傾向があります。

運命の出会いというのは非常に魅力的な星回りの元で引き起こされるので、同性の友人も知らず知らずのうちにあなたの魅力に引き込まれて、ついついお誘いをかけてしまってるのかもしれません。

同性に人気のある人は異性にも魅力的に映るということもあります。




4.人の気持ちが良く分かるようになっている

運命の人に出会う前の前兆「④・人の気持ちが良く分かるようになっているとき」

運命の出会いをする時は感性が高くなっていなければ見落としてしまいます。

学校や職場で人と話をしていても相手の建前と本心が見分けられたり、何を考えているのかがいつも以上に察知できるようになっています。

運命の出会いはそういったシュチュエーションの中で感じられる事が多いです。

5.大切にしてきた人との関係が壊れる

運命の人に出会う前の前兆「⑤・これまで大切にしてきた人との関係が壊れるとき」

新しい運命を受け入れるにあたり、古い関係があると受け入れないという事があります。

人が受け入れられる大切な人のキャパシティーには上限があるからです。運命の人との出会いはとっても強いパワーが働いているので、新しく入り込むに当たって古い関係を押しのけてしまう事があります。

もしあなたが今大切にしている人との関係が壊れてしまった場合、新しい出会いの予兆かもしれません。

6.休息を欲する

運命の人に出会う前の前兆「⑥・休息を欲するとき」

運命の出会いは活発な日常の中で起こる事が多いです。

しかしそのパワーゆえになぜだかわからない疲労を感じて、少しゆっくりしたくなるという傾向が出ます。しかしそこでダラダラしてしますのは良くありません。

必要な休息はしっかり取りつつ、日常生活はしっかりとこなしていって下さい。そうすれば、運命の出会いを感じることになるかもしれません。




7.毎日が綺麗に感じるようになる

運命の人に出会う前の前兆「⑦・毎日が綺麗に感じるようになる」

見慣れている毎日の通勤通学路を通っても、樹木や雲の色かたちなどの変化がとっても目につく時があります。

ただの心境の変化の場合もありますが、こういった事は運命の出会いの前に起こりやすくなります。

運命の出会いが近づくと、心はそれを見逃さないように無意識にレーダーを張り巡らせるので、日常の中の自然の変化も目につくようになるのです。

人の心の中は自分がコントロールすることの出来ない部分が実に多いのです。

8.大切に使っていたものを壊したり紛失

運命の人に出会う前の前兆「⑧・大切に使っていたものが壊れたり紛失したとき」

人との出会いにキャパシティーがあるのと同様に、物への愛着にもキャパシティーがあります。

運命の人と出会う前にはその人を受け入れられる心のスペースを作る必要があるので、そのスペース作りのために大切にしていたものを失ってしまうという事があります。

9.運命の出会いの感じ方

人は生まれてから結婚適齢期に至るまで学校、習い事、スポーツ、仕事場、趣味といった場所でたくさんの異性と出会います。

出会った人の中には好意を抱く相手もいれば、逆に好かれるということもあります。嫌悪感を抱く相手もいれば全く関心を持てない相手もいます。

しかし中にはなぜだかわからないけど合った瞬間に何か特別なことを感じる相手という人がいます。

そして相手もそう感じて、お互いに好意を持って、お付き合いを経てゴールまでたどり着けば、その相手は運命に人だったと言えます。

運命の出会いの感じ方は人それぞれです。あった瞬間に感じる人もいれば、徐々に徐々に感じる人もいます。また相手からのアプローチを受けてこの人ならという具合に感じる人もいます。

しかし共通していることとしては、運命の人とは一緒にいるととても自然体で居られるということです。

当然のことですが本当の運命の人であるならば何かハプニングが無い限り一生を添い遂げることになります。当然の事ながら相手から刺激を受けつつも基本的にはリラックス出来る相手でないと続かないからです。

もし運命の人だと感じてお付き合いをしてみて、相手の前で素の自分をさらけ出せるのであればその人は運命の人であったと言えます。

誰しも運命の人はいますので、出会った時に見逃さないようにしてください。そして自分の心には素直でいてください。