わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

既読スルーと未読スルーの違いは?脈なし男女の特徴を教えます!

 2018年11月10日
更新日:

既読スルーと未読スルーの違いは?脈なし男女の特徴を教えます!

既読スルーと未読スルーの違いは?脈なしな男女の特徴をご紹介します!

1.既読スルーってなに?
2.既読スルーと未読スルーはどっちの方が傷つくの?
3.脈なし男は未読スルーが得意
4.脈なし女はブロックしてしまう?
5.まとめ

1.既読スルーってなに?

既読スルーに含まれている意味。ご存知ですか?

未読スルーという言葉に対して既読スルーというものもあるのはご存知でしょうか?

既読スルーはLINEを開いてメッセージを読むこと相手に既読のマークがつくようになります。この「メッセージを読みました」というマークがあるのにも関わらずいつまで経っても返信が来ない状態の事を言うのです。



このような場合には、完全にメッセージを読んでいるという事がわかるので、一目で「この人に無視をされている」と感じることが出来るようになります。また、既読スルーは読んだのに返信をしないという事で相手を不快にさせるだけではなく、怒りの感情が芽生えるようになってしまう事もあるので要注意しなければいけませんね。



既読スルーをしたことで学生の間ではいじめの対象になってしまったりなど、さまざまな事件のきっかけになっているという事も頭の中に入れておくと良いかもしれません。




2.既読スルーと未読スルーはどっちの方が傷つくの?

既読スルーと未読スルーを比べてみると何がわかる?

既読スルーも未読スルーも返信をせずに無視をするという事には変わりありませんよね。しかし、多くの人は既読スルーをされる方が落ち込むと考えているようです。未読スルーの場合には「LINEに気が付いていない」「忙しい」など、メッセージをチェックすることが出来ない理由をある程度想定することが出来ますよね。



しかし、既読スルーをされるようになってしまう事で「読んでいるのに何故返信をしない」と思われるようになってしまうのです。このようなことから同じ無視をする場合でも未読スルーの方が、相手を傷つけてしまう可能性が低いと考えられています。



しかし、中には既読をせずにそのままLINEを消してしまう人もいるようです。頻繁に未読スルーをされている場合には、忙しいのではなく敢えて無視をしていると考えてもいいかもしれませんね。




3.脈なし男は未読スルーが得意

脈なし男の未読スルーは要注意です!

好意を寄せている男性とLINEで頻繁にやり取りをしたいと思う人もいますよね。お互いが好意を寄せている場合には楽しくやり取りが出来るかと思います。しかし、始めのうちは比較的早く返信をしてくれていたのに、最近は未読スルーされるようになってしまったという場合もあります。



このような場合には、自分に好意を寄せていない可能性が高いと考えることが出来るでしょう。女性に比べて男性はLINEに依存していないようです。そのため必要以上にLINEをすることが面倒くさいと思うようになってしまうのです。



また好意を寄せていない為、自分とのLINEを重要視していないという場合も多いのです。このようなことから脈なし男である場合には頻繁に未読スルーをされるようになると考えられています。

4.脈なし女はブロックしてしまう?

脈なし女の未読スルーはブロックの可能性が高い?

自分が好意を寄せている女性が脈なし女だった場合には、最悪の場合「ブロック」をされるようになってしまう可能性もあります。これは頻繁にLINEが来るようになることで「しつこい」と思うようになってしまう事が原因だと考えられています。



始めのうちは既読スルーだけだったのに、いつの間にかブロックまでされるようになってしまったという場合、必要以上にLINEを送って女性を困らせてしまっているのかしれませんね。ブロックをすることで相手にメッセージが届かなくなるため未読スルーだと思うようになってしまうのです。



比較的LINEに依存している女性は、嫌いな人からLINEが来ることに過剰反応するようになってしまうようです。このようなことから脈なしである場合には、未読スルーをされる、ブロックをされるというような状況になる可能性が高いと言えます。




5.まとめ

既読スルーと未読スルーの心理の違いを感じ取ることで、有利な恋愛ができる!

既読スルーと未読スルーの違い、男女心理はお分りいただけましたか?

相手の心理を理解することで、今よりきっと恋愛上手になるはずです。

恋は駆け引き。どうしても相手との駆け引きになってしまうのなら、自分が傷つかないようにしたいですね!

そしてちょっと有利に恋愛できたら、やった!って感じですよね。