プラトニックな恋愛『わんちゃん!』

焦燥感とは?焦燥感に襲われてしまった時に必要な4つの対策。

焦燥感とは?焦燥感に襲われてしまった時に必要な4つの対策。

焦燥感に襲われてしまった時の4つの対処法をご紹介します。

1.まずは深呼吸をする!
2.目の前のことに集中する
3.瞑想をする
4.ストレスのない生活を送る
5.まとめ

なんとも言えない「焦燥感」に襲われてしまったことはあるでしょうか?

焦燥感とは不安の感情のひとつです。具体的には「イライラする」「そわそわする」「じっとしていられない」ような心理状態に陥ります。

つまり、「心が落ち着かない状態」のことを指します。今回は焦燥感に襲われた時の対処法を紹介します。




1.まずは深呼吸をする!

心の状態が不安定な時は、まず深呼吸からはじめてみましょう。

焦燥感に襲われたら、すぐに行いたいのが「深呼吸」です。不安が強くなったり、心が落ち着かなくなった時は呼吸が浅くなっています。いつでも深呼吸をすることで、状態が改善されていくでしょう。

まずは息を吐ききって、その流れで空気を吸い込みます。ゆっくり息を吸って、ゆっくりと吐く、または素早く息を吸って、ゆっくりと吐くようにしましょう。

深呼吸をして不安が軽くならないということはほとんどありません。急な焦燥感の対処法としてもおすすめです。




2.目の前のことに集中する

何かに集中している瞬間って、何事も忘れていることがありませんか?

焦燥感に襲われた時は、目の前のことに集中するようにします。単純作業をすると、心が落ち着きますので、できるだけ目の前の単純な作業を探して行います。

例えばパソコンのキーボードをきれいにしてみてはいかがでしょうか?作業に集中していくうちに、徐々に焦燥感から解放されていくのを感じることができるでしょう。

その他にもお皿洗い、部屋掃除などの単純作業に集中することをおすすめします。

3.瞑想をする

ジッと静かに目を閉じる。心を鎮めるために取る行動の定番です。

「瞑想」は不安な感情への対処法として注目を集めています。イスや床に座り、姿勢を良くして目を閉じます。5分先にアラームが鳴るようにセットして、心を落ち着かせましょう。

呼吸に集中して、フー、ハーと心の声を出します。余計な考えが浮かんできても、それを受け流すようにします。余計な考えが浮かんだことを認識し、また呼吸に集中し直しましょう。

瞑想を5分、毎日続けるだけで、不安感は大幅に少なくなるでしょう。




4.ストレスのない生活を送る

わかってはいるけれど・・・。何か一つだけでもストレスを軽減することで、荒れた心も静まるはずです。根気よく小さな積み重ねをしていきましょう。

焦燥感は不安の感情のひとつで、心が落ち着かない状態です。その根本的な原因に「ストレスが多い生活」を送っているということがあります。

ストレスフルな毎日で、徐々に心が落ち着かなくなると、不安を感じやすくなってしまいます。普段からストレスが感じにくい生活を送るようにしましょう。

まずは「規則正しい生活」を送るようにしてみましょう。人間は朝、日が昇ると同時に目をさまし、暗くなったら眠りにつくのが基本で、それが心身に最も負荷が少ない生き方です。

ストレスが多い人は、このような生活を送れていない可能性が高いです。仕事をしている人は、定時に仕事を終わらせて、ゆっくりと夜を過ごし、早めに就寝するようにしましょう。朝になったら外に出て日光を体に浴びましょう。

これだけで体内時計がリセットされて、不安が少なくなりストレスが消えて行くはずです。

5.まとめ

焦燥感をおさめるというよりは、心の状態が悪くならないように。自分をコントロールすることが大事です。

焦燥感が強くなってしまったら、生活習慣を見直すべき時がきたと感じるべきです。

規則正しい生活と、睡眠時間をきちんととる事を心掛けましょう。深呼吸や瞑想なども試してみてください。

焦燥感が強すぎて日常生活が送りにくいと感じたら、メンタル系の医師を訪ねてみることをおすすめします。