ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

女はなぜ恋人や友達に嫉妬するのでしょうか?7つの特徴を解説します!

女はなぜ恋人や友達に嫉妬するのでしょうか?女同士の嫉妬7つの特徴を解説します!

女はなぜ恋人や友達に嫉妬するのでしょうか?女同士の嫉妬7つの特徴と心理を解説します!

1.女の嫉妬は怖い
2.嫉妬深い女の特徴
3.職場や仕事上での女の嫉妬
4.女はなぜ恋人や友達に嫉妬するのか
5.妬みや嫉妬されやすい女の特徴
6.嫉妬をなくす方法
7.恋愛で嫉妬させる方法
8.まとめ

女性からの嫉妬って困りますよね?女性は、男性よりも嫉妬深いと言われており、時には周囲をドン引きさせるような行動をとることもあります。

仕事や恋愛、友人関係など、さまざまな場面で嫉妬がうまれるので切っても切り離すことができません。

そんな嫉妬深い女性の特徴や心理、対策方法などについてご紹介します!




1.女の嫉妬は怖い

女の嫉妬は怖いんです!

女性からの嫉妬はやっかいですよね?できれば関わりたくないものですが、恋愛や友人、職場など女性が存在するところには、必ずといっていいほど嫉妬が生まれます。



嫉妬深い彼女がデート中に、彼がその日知り合った女性と楽しそうに会話をしただけで、怒って帰ってしまったということもあるようです。ちょっと焼きもちをやく程度なら、彼もかわいいいと感じるかもしれませんが、度が過ぎてしまうと、二人の関係を危険にすることにもなりかねません。



彼女が彼に対して「男性のアドレスは全部削除した!」と、彼にも女性のアドレスを全部削除するように求めることだってあります。

無理を言って相手を困らせてしまっては、彼をドン引きさせてしまいますし、彼の人間関係を崩すことにもなるかもしれないので、嫉妬はほどほどにしたいものです。

さらに、彼が仕事などで電話に出られなかったりしただけで、彼女から着信が何十回もきていたりなど、執拗なまでに相手に求めてくることもあるようです。

彼の部屋にいったとき、見慣れない調味料があったり、部屋が異様にキレイだったり、彼のセンスではない服や雑貨などがあったり、長い髪の毛がおちていたりすると、浮気などを疑い、五感を研ぎすませて探偵並みの推理力を発揮することもあるようです。



このように女が嫉妬する時は、やっかいで思っている以上に手強いんです。




2.嫉妬深い女の特徴

嫉妬深い女の特徴とは?

【①嫌味をいってくる

女性は、自分よりも幸せそうにしているものを見ると嫉妬が芽生えます。例えば、「今度彼氏とフルコースを食べにいくの」とか話されると、「いいね、こっちは予定ないけどね」など同調しつつ、嫌味をこめてくるところがあります。嫉妬をかわないためには、幸せオーラはほどほどにすることがいいようです。

【②他の女性のことを悪くいう

彼氏が他の女性の話をしたり、可愛いとかきれいなど褒めたり、他の女性のことを見ていたり、嫉妬深い女性の前では、そんな発言や行動が嫉妬される対象になります。そんなとき、嫉妬する女性は「その人それほどキレイじゃないよ」とか、無理やり自分に向かせようとしたり、話題を変えようとしたり嫉妬心をあらわにしてきます。

【③しつこく詮索する

嫉妬する女性は、幸せそうな人や羨ましい人などの噂を聞くと、しつこく聞いて詮索してきます。相手のことを把握したがって、より一層一方的に嫉妬します。

【④女は全て敵

女性は、同性に対して特に嫉妬するようです。彼氏が他の女性と親しく話しているなどしたとき、急に無口になって拗ねたりします。彼氏をとられると、心のどこかで感じているんです。

【⑤自己中心的

嫉妬深い人は、自分を中心に世界が回っていると思いがちです。女王様のように振る舞い、みんなからちやほやされることを当たり前のように考えています。自分よりも注目されたり、優れている同性を見ると嫉妬して、なんとか自分の方に注目を集め相手よりも上の立場になろうとします。

【⑥プライドが高い

プライドが高い人は自信があるように見えますが、内心ではコンプレックスをもっていることが多く、自信がないことの裏返しから嫉妬することが多いようです。

【⑦ネガティブであることが多い

嫉妬する女性はいつも自分と他人を比較して、自分に劣等感を感じやく、ネガティブな考えをするところがあります。

人から見れば、大差のないようなことやネガティブになるようなことではなくても、マイナスに捉えてしまう癖がついてしまっているようです。




3.職場や仕事上での女の嫉妬

意外と多い?職場や仕事上での女の嫉妬。

嫉妬は、仕事にはつきものだと言えます。特に女性が多い職場などでは、その分嫉妬も増えます。

根拠のない噂を流したり、派閥があったり、仲間外れがあったり、お局様的な女性がいることもあり、ストレスを抱えないことはありません。



女性は、横のつながりを大切にします。周りの女性たちが、自分と同じような立場や待遇であれば、一緒に頑張ろう。というように連帯感が生まれますが、ひとたび上下関係が生まれると嫉妬がうまれ、関係がうまくいかなくなってしまうこともあるようです。



同じような立場にいる人が、上司や先輩などから可愛がられて特別扱いされていると嫉妬心を抱きます。同僚や同じ年頃、社内で自分と同じような立場にいる人に対しては、ライバル心が芽生え、相手に少しでも先を越されたように感じると嫉妬心を抱くようです。



その一方で、自分よりも飛び抜けて優れていると感じる人などに対しては、嫉妬心よりも憧れの気持ちを抱きます。

たとえば、おしゃれなモデルやきれいな女優さんなどに対しては、ファッションの参考にしたり、美容方法を真似たり、謙虚に自分の手本にすることもあるようです。



また、あの人のようにはなりたくない、と思うような自分にとってありえない存在の人は、嫉妬を抱く以前に対象から外れます。自分からかけ離れた存在の人よりも近い存在の人に嫉妬を抱くことが多いようですね。

対処方法は?

嫉妬した相手から、面倒な仕事を押し付けられたり、無視をされたり、ストレスで悩むこともあるかもしれません。

そんなときの対処法の一つとして、放っておくことがといいようです。人は全員から好かれることはできないですし、相手を自分の思い通りにすることはできない、と割り切ることがストレスを軽減することにつながるでしょう。



また、仕事に打ち込むというのも一つの方法です。仕事では、どうしても苦手な相手とやりとりすることもあると思います。あからさまに避けていては、相手に余計な警戒心をもたれるので仕事がやりづらくなるかもしれません。

そんなときは、あえてメールや内線ではなく、顔と顔を合わせて会話するというのもいいかもしれませんね。



職場は、1日の大半を過ごす場所なので、なるべくストレスを軽減していきたいですね。



【an・an掲載】彼を誘惑して、衝動を駆り立てる!『ベッド専用香水』

4.女はなぜ恋人や友達に嫉妬するのか

女はなぜ恋人や友達に嫉妬するのでしょうか?

女の嫉妬の心理

女性は、本能的にいい子孫を残そうとして、より優れた男性に気に入られようとします。そのため、他の女性よりも自分の方を選んでもらおうとするようです。



男性は女性を選ぶだけでいいかもしれませんが、女性は約1年間妊娠して命をかけて子供を産み、その後も子供を育てていかなければいけません。そのため、男性に子供と自分を守って欲しいという願望があります。

女性は、男性が他の女性に気が変わらないように、他の女性に対して嫉妬を抱くようです。女性が男性とペアのものを持ちたがる傾向があるのは、男性には自分という存在がいることを他の女性にアピールするためのようです。



男性にしてみれば、別にという感じかもしれませんが、女性にとっては、男性は自分のものである大切な証のようです。ペアの持ち物があれば、他の女性に、男性を取られないと感じる効果があるのかもしれません。



このように、女性は、他の女性と自分を比較しやすく、相手の方が優れていると嫉妬する行動に出るのは、本能が理由の一つのようです。




5.妬みや嫉妬されやすい女の特徴

妬みや嫉妬されやすい女の特徴とは?

男受けのいい女

妬みや嫉妬を受けやすい女性には特徴があるようです。

例えば、美人で胸が大きい、甘え上手、かわいがられ上手などの男性受けがいい女性は、他のそうでない女性達から嫉妬を受けやすい傾向があります。

職場の独身のお局様が、男性社員から好意を寄せられている若い女性社員に嫉妬し、根拠のない若い女性社員の噂をSNSで世間に流し、上司たちにも悪い噂を流して女性社員が解雇されるように促したという怖い話もあるようです。嫉妬深い女ほど、醜いものはないですね。

人が羨む夫を持つ女

ママ同士の中では、大手企業に勤める夫や年収が高い夫をもつママは、そういう夫をもっていないママから嫉妬されるようです。夫は、アクセサリーの一つのように思っている人もいます。年収が低くても、夫婦で毎日を楽しんでいる人もいますし、自分は自分。他人は他人と割り切りたいですね。

お金持ちの女

大きい家や新しくてきれいな家、高級マンションなど自分よりも立派な住居に住んでいるなどお金持ちの人は、そうでないママから嫉妬されやすくなるようです。それだけで、ご近所に良くない噂を流されたり、仲間はずれにされたり、家族と外出しただけで悪口を言われることもあるようです。

落ち着くはずの住居が、嫉妬の対象になり、嫉妬している人から四六時中見張られて、嫌がらせをされては、家にいるのも息が詰まってしまいますね。



このように女の嫉妬は、相手が一方的に抱く身勝手な感情で、嫉妬される方にとっては実に迷惑ですよね。



【an・an掲載】彼を誘惑して、衝動を駆り立てる!『ベッド専用香水』

6.嫉妬をなくす方法

嫉妬をなくす方法について!

【①自分にないものを認める

自分と人を比べて、自分よりも優れた人間を妬んで嫉妬しまうことは誰にでもあると思います。嫉妬は醜い感情だと思いながらも、嫉妬してしまい、そんな自分を自分で責めてしまうこともあるかもしれません。

嫉妬にとらわれすぎると自分を見失って、思い詰めてしまうと、心が病んでしまうこともあります。そんな嫉妬を軽減するには、自分に無いものを認めてあげるといいようです。



自分で自分を否定してばかりでは、虚しくなる一方です。自分に無いものを認めてあげることで、完璧ではなくてもいい、と自分を肯定してあげるといいのではないでしょうか?

自分にないものが何なのかをはっきりしたら、後はないものを手に入れられるように努力するだけです。嫉妬というマイナスイメージの感情が、いままで自分になかったものを手に入れる原動力になってくれます。そうすれば、きっとポジティブになれるのではないでしょうか。



自分にないものから目を背けていては、嫉妬からなかなか抜け出せなくなってしまうので、見て見ぬフリはしないほうがいいようです。マイナスをプラスに変えていけたら、いいですね。

【②会わないようにする

嫉妬する対象の人とは、なるべく会わないようにすることも一つの方法です。よほど必要なことがなければ、会う必要性もありませんし、会わなければきっと穏やかな気持ちでいられるでしょう。

【③相手に求めない

彼氏に対して、疑い深くなっているときや嫉妬するときなどは、願望や要求などをあまり押し付けないほうがいいかもしれません。もし自分が疑われたら?と考えたらやっぱりいい気持ちはしませんし、度が過ぎる嫉妬は二人の仲をこじらせてしまうことにもなりかねません。



可愛いと思えるくらいの嫉妬なら、彼氏にも喜ばれて二人の関係もうまくいくかもしれませんね。



【an・an掲載】彼を誘惑して、衝動を駆り立てる!『ベッド専用香水』

7.恋愛で嫉妬させる方法

恋愛で嫉妬させる方法とは?

どうしても長く付き合っていると、恋愛がマンネリ化してくるときもありますよね。そんなとき、相手に嫉妬心を芽生えさせるとちょっとしたスパイスになっていいようです。男性は、女性を自分の持ち物のように考えている人もおり、慣れてくると女性を軽く扱う人もいます。

そんなときは、いなくなることもあるかもしれない、という不安を与えるといいようです。



他の男性に食事に誘われたとか、他の男性の話をしたり、褒めてみたりなどしてみると、少し不安を与えることができるかもしれません。

あえて過去の恋愛話をしてみるというもの効果があるようです。

いつも一緒にいてばかりでマンネリを感じてきた時は、誘いを断ってみるというのもいいかもしれません。いつもはどんな誘いでも大体OKなのに、突然断られると彼は不安を感じるようです。



彼氏を褒めてばかり、甘やかしてばかりいるようであれば、そんなときには、ときにはちょっと冷たくして、アメとムチを使い分けるといいでしょう。嫉妬は度を越えてしまうと二人の関係を危うくすることもあるので、ちょっとやっかいな感情ですが、うまく彼氏に嫉妬させることができれば恋愛のスパイスになります。

8.まとめ

女同士の嫉妬は怖いんです!

いかがでしたか?嫉妬したり、されたりする女性には、いろいろなタイプの人がいることがおかわりいただけたでしょうか。

自分に無いものと向き合って、無いものを手に入れる努力をすれば、マイナスをプラスに変えることもできます。



仕事場での嫉妬には、割り切って対処することでストレスを乗り越えられるかもしれません。恋愛で、適度に彼氏に嫉妬させることは、二人の関係を蘇らせることになり、スパイスにもなります。



嫉妬にとらわれすぎると自分を見失うこともあり、自分を責めて心を病んだりすることもあります。嫉妬と上手に付き合って毎日の生活を楽しくしたいですね!