わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

人生を失敗した時にやり直す方法は?14パターンでチェック♪

人生失敗したと思うこと!失敗した時にやり直す方法は?

1.人生失敗したと思う時
2.人生失敗したと思うこと【1〜5】
3.人生失敗したと思うこと【6〜10】
4.やり直す6つの方法
5.新たな人生を再スタートさせましょう!

人生失敗したと思う理由は人によって異なり、その失敗と思う事柄の大きさも違ってきます。

それでは、人が人生失敗したと思う理由とはどんなものがあるのでしょうか。

また、失敗だと思えることでもじつは自分にとって成長が出来る良い経験である場合もあります。

人が人生失敗したと思う理由や、そう思ってしまった時の対処法を調べてみました。

1.人生失敗したと思う時

人生に失敗はつきものです。

人が人生を失敗した、と思う時はどんな時なのでしょうか?

人生において大きな変化となってしまったことや、他の人から見れば小さな出来事までさまざまなものがあると思います。

人間誰しも過去を振り返れば、あの時違う道を選んでおけばよかった、など後悔したことがあるはずです。



また、人生に失敗なんてない!というような考え方もあり、人の数だけ人生の失敗について、考え方があると言っても良いでしょう。

そんな人生失敗だと思う時について、どんなことがあるのかを調べてみました。次から世間一般の人が思う「人生失敗した」と思うことを紹介していきます。




2.人生失敗したと思うこと1〜5選

時間を大切にしなかった

学生時代の友達と過ごす時間や、家族との時間を大切にしてこなかったと後悔する人も少なくないようです。



例えば、学生時代、バイトばかりであまり友人と遊ばなかったことや、恋愛をしなかったこと、自分自身が尖っていたせいであまり人間関係を作ってこなかったなど、友達との時間の貴重さにはあとから気付くことも多いですよね。

特にこの頃の人間関係はその後に続いていくことも多く、大人になってから友達を作っておくべきだったと思っている人も少なくないのではないでしょうか?



また、家族との時間も子供がいたりすると、あっという間に大きくなってしまった子供を見て気づくことが多く、子供が小さいうちの貴重な時間をもっと一緒に過ごせばよかったと後悔することも。

もちろん仕事などに一生懸命だった、家族を支えたという事実もありますが、そういった時間は二度と戻ってこないので、仕事よりも家族との時間を選ぶべきだったと感じるようです。

旅行に行くべきだった

海外経験を積まなかったことが、人生の失敗だったと思う人はたくさんいるようです。

これも若いうちに遊ばなかったことが人生の失敗だった、と思うことと若干共通する部分があります。

しかし、海外経験は確かに自分の人生においてとても大きな影響を与えるものでもあるので、たくさん経験した方が良いのは言うまでもないでしょう。



自国以外で過ごすということは、他の国の文化に触れることができたり、人種の違う友人ができたりなどデメリットよりもメリットの方がはるかに多いからです。

そして、他の国に行くことにより自分の国に対する見方が変わったり、他の国の人が自国をどう思っているかなどを感じることができ、自分の中でも新しい感覚がたくさん生まれることがあります。



このような経験は、やはり海外である一定の期間を過ごさない限りなかなか感じることができないため、海外経験を積むことはとても大切なことだと言えるでしょう。

年を取ってからでもいくらでも海外に行くことはできるので、もう遅いなどと思わずに興味がある場合にはいろいろな場所へ行ってみることをおすすめします。




転職先、就職先を間違えたこと

やはり、人生の中でも大きな決断の一つでもある就職先選びを間違えたことが、人生失敗だと思う人が多いようです。

また、転職先の選択も同様、その先の人生も左右するものであり、ターニングポイントでもあることから、この選択を間違えば自分の人生も大きく変わってしまうということもあります。



仕事は人生においてもっとも長い時間を共にするであろうものなので、自分が何をしたいのかをきちんと掘り下げて考えなくてはいけないものなのですが、残念ながら今の日本での教育はやりたい仕事を追求できるような環境にはなっていません。



そのことから、やりたい仕事がわかっていなかったために就職先を間違えてしまったり、やりたい仕事自体もわからないまま年だけ重ねてしまうといった状態の人が多くいるのも現実です。



また収入や条件だけに重点を置いて選んでしまうと、就職の際に間違ってしまった過ちを再度繰り返してしまうことにもなりかねません。

人生失敗したと思わないためにも、大切にしたいことは、自分が本当にやりたいことかどうかや、早いうちから人生設計を考えておくことということにあるかもしれません。

アドバイスに耳を貸さなかった

自分の意思を貫くあまり、周りの指摘やアドバイスに耳を貸さずに突き進んだ結果、後から「あの時のあの人の言うことは聞いておくべきだった。」失敗に嘆く人も多いはず。

特に自分がやりたいと思っていることなどは、いくら周りが止めても聞くことができないといった部分がありますが、実は第三者のほうが冷静に状況を判断できているということもありますよね。



ですので、その人の意見を取り入れるかどうかはまた別として、いろんな人の意見やアドバイスをとりあえず聞いておくということはとても大切なことかもしれません。

いろんな人の意見を聞くことでまた新しいアイデアが浮かぶこともあったり、考え方が変わって成功へ導いてくれるといったこともあるかもしれませんね。

お金を大切にするべきだった

こちらも「人生失敗した」と思う人が多い項目で、お金の大切さに年を取ってから気付いた人に多いと言われています。さらに、現代は社会保障も不透明なために、今後は個人の資産が必要不可欠となってきます。



このようなことから、貯金をすることは大切である、ということは大体の人はわかってはいるものの、人間は誘惑に弱い生き物であるため、つい娯楽などに散財してしまう傾向があります。

今後このような社会で生きていくためには貯金はある程度は必要なので、今できていない人も自分なりに工夫をして財産を築いていくようにしましょう。




3.人生失敗したと思うこと6〜10選

失敗は失敗として受け止め、そこからは前向きに!

周りの目線に縛られ過ぎたこと。

何をするにあたっても、親や友達などといった周りの目線を気にし過ぎて、自分の本当の意思で何も選択してこなかったことが失敗だったと感じている人も。



失敗や批判を恐れて本当にやりたいことを選ばずに、周りと同じように流れに逆らわないように過ごしてきた人も少なくありません。

ですが後に、一度しかない人生で本当にやりたいことに挑戦するべきだったと気が付くころには、そこから新たに挑戦することも状況や年齢的に難しいことの方が多く、諦めるしかないといった状況に。



また、挑戦しなかった理由が周りの目を気にし過ぎたところにあることが、なおさらもどかしさを感じさせます。

ですので、時には思い切った行動も周りに流されずに挑戦していくことが後悔を生まないことの秘訣かもしれません。

学生時代の進路の選択

学生の時に選んだ進路が間違っていたことが、人生失敗だったと思う人が多いようです。

進路選びも次のステップに進むためにも確かに重要な選択肢であると言えます。

これについても、前述したように人生設計をしてこなっかったために、どの道を選ぶべきかがわからずとりあえずの選択をしてしまい、失敗だったと思ってしまう人が多いようです。



また、このような選択においては若いうちであればいくらでも変更は可能なので、そこまで人生失敗だと思う必要はないでしょう。

人生経験をしてみないと何事もわからないので、その時はその進路が最善であると自分で判断し選んでいるので、人生失敗したと考えるほどのことではないかもしれません。




学生時代に勉強を怠ったこと

英語は必須科目となってはいるものの、それだけではやはりきちんとした英語はなかなか身につかないものです。

社会人となり、ある程度仕事の経験を積むと英語の必要性がとてもよくわかってくるため、英語を身につけられなかったことを、人生失敗だと思う人が多くいるようです。



確かに若いうちに身につけた方が、年を取ってから学ぶよりも簡単に身につけることができるかもしれません。

しかし、人間とは必要に迫られないと行動を起こせない生き物であるため、よほどきちんと人生について考えていた人や、留学経験がある人、英語が好きだった人以外は、おそらく身につけられていない人の方が多いのではないでしょうか。



それでも、仕事などで必要となった際には、人間はいくつになっても自分の強い意志があれば学び身に付けることはできるので、諦めずに努力をするべきでしょう。

遊べるのは若いうちだけだった

これも大人になってから後悔することが多いようで、若いうちに遊ばなかったことを人生失敗したと思う人も多くいるようです。

これは賛否両論で、確かに若いうちにしかできない遊びもたくさんあり、そのような時間は二度と帰ってこないので、経験しておいて良かったと思えることもあるでしょう。



また、いろいろな遊びを経験することにより、話題作りの一環になる場合もあるので、仕事に役立つということもあります。

そして、遊びを通して知り合った人が生涯を通して大切な友人となる場合などもあるので、遊びからも得られるものはたくさんあります。



しかし、みんなが遊んでいる時に我慢して勉強に励んでいた人は、その分後になってやっておいてよかった!と思う時が必ずきます。

このようなことから、若いうちに遊んでおけばよかった、というのはどちらとも言えない部分があると言われています。

結婚相手を間違えてしまった

結婚も人生を大きく変えるきっかけとなる出来事の一つでもあるので、人生失敗したと思う人がたくさんいるようです。

結婚は二人だけの問題ではなくなってくる場合も多いので、それもまた複雑にしている要因の一つだと言われています。



単純に結婚相手が間違っていた、と思う場合もあるでしょうし、相手の家族とうまくいかないといった場合や、親族同士がうまくいかないなどの場合もあり、関わってくる人が多ければ多いほどより複雑な問題であるとも言えます。



また、結婚した相手が人生失敗したと思うようなくらいであれば、今はいくらでもやり直しがきく時代なので、思い切ってそれぞれ違う道を進むという選択もあります。

結婚相手とは、この先の長い人生を共に歩んでいくパートナーでもあるので、人生失敗したなと思うようなことがないようにしたいものです。




4.人生失敗したと思ったときにやり直す6つの方法

人生失敗したと思ったときを紹介してきましたが、この他にも人それぞれたくさんの人生失敗したと思うようなことがあるでしょう。このような人生失敗したと思った時にどうしたらよいのか、立ち直る方法も調べてみました。次からその方法を紹介していきます。

人生がやり直せないなんてことはありません!。

失敗で得たもの失ったものを考える

人生失敗したと思った瞬間、まず多くの人がその出来事に対して費やした時間の損失について考えるのではないでしょうか。

失敗した、失敗するようなことにこれだけの時間を費やした、時間は戻ってこない、もったいないことをしたな。と、失敗したと思うからこそ、そう感じてしまうのではないでしょうか。



失敗したと考えていると、落ち込むあまりに周りや自分の状況が見えなくなってしまうということもありますが、少し冷静になって客観的にその出来事を見つめなおしてみてください。

時間以外にも失ってしまったものや、反対に得たものも見つけることができるかもしれません。



そして、それらの事実を次に生かすべく行動をとれるように考えを進めていくことが大切です。

失ってしまったものは、時間のように二度と戻ってこないものも多く、ですからその失った事実そのものを、得た経験として変換し、次のステップを見据えていければ、また新たなスタートへとつなげていくことができるかもしれません。

出来事を振り返り繰り返さない

人生失敗したと思うようなことに直面した際に、なぜそのようなことが起きてしまったのかを考えることがとても大切だと言われています。

なぜ、わざわざつらいことを考えなければいけないかと言うと、それは同じこと二度と繰り返さないようにするためです。



どうして人生失敗したと思うほどのことが起きたのか、その原因を考えることにより次に似たようなことが起こりそうになっても、同じことが起きないように防ぐことができるからです。

人生失敗と思うようなことの原因を考えるのはとてもつらいことですが、同じつらさを二度と味わうことがないようにするためにも、必要な作業であると言われています。




一度立ち止まりリフレッシュする

人生失敗したと思う時には、心が疲れていることが多いはずです。行動する気力すら起こらない時もあるでしょう。

そのような時には、無理をしてまで何かをするのではなく、一度立ち止まってゆっくりと休む時間を作ることが大切だと言われています。



心も体もしっかりと休めることにより疲れがだんだんと取れ、次に何かをしようと思う気力が出てくるからです。

時間が経てば嫌な記憶なども薄れてくるので、より前に進みやすい状態へと整ってくるはずです。

また、体が疲れているのであれば栄養のある食事などを摂るようにして、まずは体を回復させるようにしましょう。

自分を見つめなおす

物事の原因や対処法を考えることももちろんとても大切ですが、その目を一度自分に向けてみるのも何かに気がつくことができるきっかけを与えてくれるかもしれません。

自分の体調から心理状態、物事の考え方や自分の性格、特徴、好きなものや嫌いなもの、生活の仕方、などなど自分に関することを一度じっくり考え見つめなおす時間を作ってみましょう。



そしてそれを行うときは、頭の中だけで考えるのではなくできるだけ紙などにリストアップするように書き出してみましょう。

目で見れるようにすることで、冷静にかつ客観的に考えることができ頭の中を整理することもできるので、この方法はおすすめです。

次のステップを見据える

人生失敗したと思った時に、その原因が何であったか、その損失は何であったかを確認することができた場合は、次に進むべき方向を計画してみましょう。



人生失敗したと思う時には、人生において大きな変化があった時や、ターニングポイントでもあるはずなので、次に進むべき方向がわからなくなっている場合があります。

そのような場合には、この人生失敗したと思う経験をもとに、次はどのような方向に進むべきかきちんと計画を立てるようにすると、次に自分がやるべきことがわかるようになります。

成功をイメージする

一度失敗したと感じたら、次こそは成功したい、次の選択は間違いではなかったと思えるようなものにしたいと思うはずです。

いろいろな出来事を振り返り、自分自身をリフレッシュさせリセットする準備が整ったら、最後に、次の選択の行きつく先や、その先にある成功体験をしっかりイメージするようにしましょう。



不思議なもので、イメージというのはその人を自然とそのイメージの方向へ引き寄せる力があるとよく言われますよね。

なので、逆に失敗を恐れそういったイメージばかりしてしまうとその失敗するイメージに引き寄せられてしまうことも。

少し強引なくらいでも、しっかりとした成功イメージを持つことが大切です。



次は絶対に大丈夫、成功する、と自分に強く言い聞かせ、自信をもって次へと進んでいきましょう。




5.新たな人生を再スタートさせましょう!

いくらでも人生の再スタートは可能です!

いかがでしたでしょうか。
人生失敗したと思う時は人それぞれでいろいろなことがあるでしょう。

しかし、人生に失敗はつきものであり、その失敗を乗り越えることにより人間は成長をしていくものです。



もし、人生失敗したと思うようなことが起きた場合でも、その経験を次に活かせるようきちんと見つめ直し、次に同じことを繰り返さないためにも分析をすることが大切です。

また、人生失敗したことにより気力や体力を失っている場合には、まずは体を休めるようにし行動ができるような気力がわくまではきちんとした休息を取るようにしましょう。

恋愛用語全集へ