ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

[合鍵同棲]をしたい!絶対に成功させるためのテクニックとは?

[合鍵同棲]を成功させる!

合鍵同棲とは?

合鍵をくれないけど、何か隠しているのかな?

恋人に部屋の合鍵を渡すことで
恋人が自分の家に
自由に出入りできる状態にあること。

合鍵を持った恋人が
片方の家に通いつめている状態のこと。
ある程度の日常生活を共にしている場合に
使われる言葉です。

すでに合鍵同棲を経験していれば
考えることもないのですが
未経験の場合、
付き合いもそれなりに続いてくると
合鍵同棲は気になります。
初めて合鍵を受け取る時、手渡す時の
シチュエーションを考えてみましょう。

合鍵というのは
通い同棲の受け取る側が
合鍵をくださいと言うか
家主側が使っていいよと渡すか
受け取るまでには
シチュエーションの違いはあっても
最終的には家主が判断することです。

シャイな人が家主に対して
『合鍵をください』
ということはとても難しいでしょう。
それでは、受け取る側が
部屋の鍵を持っているような状況を
考えてみましょう。

二人で家にいる時に、
ひとりで外に買い物に出掛ける
相手は仕事、自分は休日の前日などに
宿泊して自分が後に部屋を出る状況
後片付け、掃除などを
相手がいない時間に済ませておくという時

相手がいない時にその家宛ての
郵便小包が届く時に代わりに受け取る
などなど

家主が相手に対して

ぼくの合鍵もっていて。

と、言いやすい状況をつくることが
大切です。




お互いが距離を縮めたいと考えていても
それほど脈絡もなく家主から、

合鍵持っていてよ。

とはなかなか言い出しづらいものです。
あずげたいと思っていても
受け取る側にも責任が発生するので
渡す側だっていろいろ考えているかもしれません。

狙って合鍵をGETしようなんて…
ちょっと戦略めいていて、
後ろめたい気持ちや複雑な気分…
という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、

相手の伝えたいことを伝えやすくする。

ということは大切です。

欲しいものを欲しいと言えず
渡したいものを渡したいと言えず
謙虚さや控えめな感じは
とても美しく、
日本での美徳とされていますが
恋愛はどうしても2人きりで
進めていく部分がほとんどなので
どちらかが進めていかなければなりません。

そこは、運命に任せる。

そういう考え方もあるかもしれません。

とはいえ、
せっかくの人生あっての恋愛ですから
自分の努力で自分の欲しいものを求めて
さなには、相手への優しさも表現して…
とても素敵なことではないでしょうか?

お互いの時間がともに進んだ時
あの頃は、とか。あの時は、とか。
のちの思い出話しになるし、
お互いに無理の出来る
心の余裕がある時
言い出しづらいことを言える瞬間などに
伝えにくいことを伝えるのも
大きな意味で優しさと言えます。

運命に任せる。
[なにもしないこと]
これはとても簡単なことのようですが
なにかするよりもずっと難しいことです。
いつでも自然体でいられるのなら
それほど幸せなことだってないわけですから

合鍵同棲で知っておきたいこと

とても仲の良い。楽しい時間は
ずっと続くかもしれませんし、
終わりを迎えることだってあるかもしれません。
真剣な交際として
結婚を考える以前の段階では
合鍵同棲といえど
内縁関係・事実婚と受け取られることもあり
同棲とはどういうことなのか
正しく理解することが大切です。

内縁・事実婚というのは、
世間一般では3年の同棲期間を経過して
主に認められると考えられています。
しかし、これは適用されない事例もあります。

客観的な事実婚の認定には、

婚姻の意思が認められること。

これが原則として必要となります。

わかりやすい事例をあげると
・婚約していること
・認知した子供が存在していること
・日常生活として同居していること
・同一家計を持っていること
などが、内縁・事実婚に該当します。

しかし、
これらの条件を満たしていたとしても
いずれは結婚するという
2人の共通した認識・約束がなければ
事実婚として認められない場合もあります。

どんなに愛し合っていても
自分の身は自分で守らなければいけません。
相手が助けてくれなかった場合
不慮に相手がいなくなってしまった場合
対処が出来なくなってしまいます。

どんな出会いや恋愛でも
必ず始まりと終わりがあります。
だからこそ2人の関係が終わりをむかえる時、
笑顔になれるくらい悔いを残さないことが
大切ではないでしょうか
相手のためにも自分のためにもなります。

これ使っていいよ。

とか、

合鍵いる?
鍵預かっていいのかな?

なんて、
恋愛をしようとするのであれば
これくらいはハッキリと言えるくらいに
しておいたほうが
自分のためにも相手のためにも
良いかもしれませんね!