ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

[シャイ男子]草食系は恋愛に有利![短所]を活かした恋愛のススメ!

[シャイ男子]草食系は恋愛に有利![短所]を活かした恋愛のススメ!

他人と比べて感じる
シャイで草食系な自分。

これじゃダメだな…。

なんて思い込んでいませんか?

シャイ = 草食系です。

シャイで草食系とは、
主に恥ずかしがりやで引っ込み思案タイプ。
自分の気持ちを外部に対して
素直に表現することを得意としないため、
自分の内面ばかりが充実してしまう
物静かなタイプのことです。

相手に対して、

  • どう会話をすればよいか?]
  • どうキッカケをつくればよいか?
  • どんな話しをすればよいか?
  • どう振る舞えば良いか?
  • どうすれば嫌われないか?
  • 失礼になるかもしれない…
  • 迷惑に感じるかもしれない…
  • 他の人の方が優れているし…
自分ではダメだな…。

などなど、




行動を起こす前に深く考え込んでしまい
様々な想像をめぐらし、
慎重で思慮深いからこそ
行動出来なくなってしまうのです。

考えることは決して悪いことではありません。
むしろ良いことであると言えます。
しかし、一方で行動が遅くなり
判断が遅れるようであれば
バランスを考えなければいけません。

期限のない考えは甘えです。

どんなに物事を深く考えても
いつかは必ず行動しなければいけません。
ただしその行動をする時が
多発的なのか、自発的なのか。
深く考えるのであれば
深く考えるほど期限を設けて自発的な判断で
行動しなければなりません。

決められた時間内に
考え抜いた結論を自発的に出せない。

ということは、
それだけの深い考えが
すべてにおいて反映されることはなく
時間の使い方がとても勿体無いと言えます。
相手のためにも、自分のためにも
良くない選択であるということです。

客観的な草食系の特徴

シャイで草食系な人の特徴を挙げてみましょう。

  • 物事を相手中心に考えすぎる
  • 自意識過剰
  • 自分を崩せずプライドが高くなってしまう
  • 気になる相手を過度に特別視してしまう
  • 自分の性格が好きになれない
  • 人前で発言することが困難
  • 人前に出るとオドオドしてしまう
  • 決断力がない
  • 過ぎたことをいつまでもクヨクヨ考えてしまう

 

  • 何事にもすぐとまどってしまう
  • 引っ込み思案である
  • 自分の将来が暗く見えてしょうがない
  • 自分に期待が持てない
  • 何をやってもうまくいかない気がする
  • いつもみじめな思いをしている気がする
  • 目を合わせて真っ直ぐみられるのがつらい
  • いつも見られているんじゃないか?と感じる




などの内面的な共通点が見られます。
そうなんです、
ほとんどすべての考え方に共通しているのは

ネガティブ。

な考え方を持っていることです。

こういった価値観を持つ人は
自分の長所はどこか?
ということへの説明は難しいのに、
短所の説明は誰よりも上手かと思います。

短所こそ最大の特徴。
特徴を理解して短所を活かそう!

恋愛に対してシャイ。
そんな自分のままだと
自信が持てず異性ということを
意識し過ぎたり、緊張し過ぎてしまうために
思った通りの行動はもちろん
身動きがとれなくなってしまいます。

そうならないためにも、
自分の特徴を理解しましょう。
誰よりも良くわかっていて
考えも進んでいる短所を活かしたほうが
長所を伸ばすよりも
即効性のある効果が得られます。
笑われても良いと言うくらいの気持ちで
短所を活かしてみましょう。

自分で考えている範疇を超えるようなことを
することで意外な結果はうまれます。
意外な結果というのは
自分の想像を超えた結果が出た時に
感じることですから、
現状に満足できていないことに関しては
勇気を持って意外性に取り組んでみましょう。

仕事も大事だけど、
プライベートの充実感は大切。

仕事上では無難に何事もこなせるけど
プライベートは大の苦手…
自分はそういうタイプ。と考えている人は



 

  • 会話が苦手だけど話したい
  • 落ち着きたいのに緊張して声がうわずる
  • つい、そっけない態度をとってしまう
  • 相手を見たいのに、目を合わせられない
  • 親身になりたいのによそよそしい素ぶりをする

などなど…
本心と考えた上での自分の心が
ぐちゃぐちゃに混ざってしまい
理解に苦しむような行動を起こしてしまいます。

さらには、そういう自分に嫌気を感じたり
相談できずに悩み、孤独にもなっているのです。

自分だけで解決できないことは
自分だけで考えてはいけません。
知識と経験を参考に自分を理解して
解決方法を探していきましょう。

すぐに解決できる方法のひとつとしては

かんがえないこと。

わかっていれば、できています…
であれば、

考える要素を減らすこと。

これがポイントです。

たとえば、

会話が苦手だけど話したい。

という人の場合は相手との会話の前に

会話が苦手だけど話したいです。

と一言を添えるだけで、

自分は相手に苦手と宣言したので。と思えるし
相手にもそういう先入観を与えるので
考え事も少しずつ減っていきます。

それでも自分では、
まだ、それでも、と感じるかもしれませんが
相手にとっては段々と会話が
うまくなっていくのを感じたりするので
その行動はプラスにも働きます。
どんな特徴だって使い方次第!
それが、自分だけの個性です。

競争原理がある限り、

恋愛はやっぱり競争。

限りある時間の中では
個性を抑えて行動するよりも、
個性を活かすべきといえます。

それでも、
出したくない個性を使わなければ
競争に負けてしまうとわかった時、
個性を使うか、使わないか、という選択です。
シャイ系・草食系と呼ばれる方々は、
それでも個性を抑える。
という選択肢もあるかと思いますが
それほどまでに、
競争してでも掴み取りたいほどの恋愛に
まだ出会っていないだけかもしれません。

いざという時の備えはしておかないと
たった一度のチャンス。
逃してしまうかもしれません。
それだけはどうしても避けたいですよね!

▼関連記事
関東のドライブデートを徹底特集!夜でも・雨でも最高のデートスポット40選!
今週末デート?それでしたら、こちらをご覧ください!雨の日、夜などシチュエーションごとのデート情報が満載です!たまには車で関東で人気のドライブスポットに出かけたくなる・・・。そんな時、ありますよね♪女性とのデートに、一人での気分転換に、知らない場所へ出かけることはいつだって刺激的です。最高の場所を探してみましょう!
【神奈川ドライブ特集】おすすめスポット38選!デートでも一人でも楽しめる!
横浜在住の筆者が神奈川のドライブにおすすめのスポットをご紹介します!デートでも一人でも、神奈川をドライブするなら訪れたいスポット、特に美しい夜景がみれるスポット、ドライブで美味しいランチが楽しめる場所。神奈川のドライブを盛り上げてくれるスポットをそれぞれご紹介します♪
雨の日デートは室内で楽しい!おすすめデートスポット45選のご紹介!
雨の日でもデートって楽しめるんですよ!デートの日なのに天気予報では雨なんていうときこそ、ちょっと趣向を変えて雨の日だからこそ楽しいデートを楽しんじゃいましょう!今までにない、新鮮なデートが出来て彼女との親密度もアップするかも!



短所の活かし方を考える!
① 上手な会話術の考え方

人に合うことも苦手、会話も苦手。
それでも、コミュニケーション能力が高い。
こういった人は

抑揚のつけ方が上手。

ではないかと思います。

ここでいう、抑揚をつけるということは。
得意なこと、不得意なことを
上手く会話や行動に散りばめられること。

これが出来るようになる為には、
自分自身でよく自分の得意、不得意なことを
理解する必要がありますが、
どんな人でも、ほとんどの場合
自分の長所より、短所のほうが理解できています
シャイで草食系。
と呼ばれたり、自覚がある人には
特に自分の短所がよく見えているはずです。

ここが大切なポイントで、
長所を活かそうとするよりも
短所を積極的に活かしていきましょう!
自分の弱点と思えるところを
セールスポイントにすることが重要です。

短所を活かせ。

理解してこれが出来るということは、
自分に素直になれているともいえます。
短所を活かすということは、
相手に対しても自分に対しても
嘘を付くことが少なくなるわけですから

そこで、
しゃべることが苦手、会話が苦手。
と言った場合について少し深く考えてみましょう。
アイコンタクトやボディランゲージだって
活用できます。

人の目をみて話すことが苦手です。。
顔がこわばっているように見えますが
緊張するとどうしてもこうなるみたいで…。

などなど…。

いま目の前にしている
その相手だからこそ緊張している。
という内容を相手に伝えると、
悪い印象を与えるよりも
その相手が特別だということを
さりげなく表現できるので
とても自分に有利なことです。
自分の短所を自分だけにある個性と
感じられるようにしましょう!

誘って断わられたら怖い。
女性の前に出ると、どうしても顔が赤くなってしまう。
女性に声を掛けられない。

これらに思い当たるところがある場合でも、
それはシャイで恥ずかしがり屋な
あなた以外には持てない
大切な個性なのです。

デートのお誘いを断わられるのが怖いのならば、
その怖さを最大限に感じたまま
その気持ちを相手に伝えてみましょう。
たとえ顔が赤くなっても、
その時の心境を相手に伝えても構いません。

結果がというよりも、
きっとその不安と勇気の抑揚は相手に伝わり
それだけ真剣であるということにつながるため
印象が悪くなることはありません。

ただし、相手に好かれたいということは
相手に見合う努力をする、しています。
これからも努力を続けます。
ということなので、
意を決した時には心構えを持つことを大切に。
相手へ何の準備や努力もなく
目的は叶うものではありません。
誘うということは、
一方的に相手に干渉するということなので
自分の我儘を受け止めてもらいたいということです。
それには、勿論のこと
入念な事前準備がとても大切です。

恋愛は一日にして成らず。

相手からあらかじめ
好印象を持たれている場合には
問題のないことかもしれませんが
すべてがそうであるとは限りません。

自分を知って相手を知るとは
本当に大切なことです。
相手のことがわからなくても
自分の短所を見つめていた人なら
人のことをよく知る方法には優れているはず
必ずわかるはずです。
そんな自分が相手に何かを伝えようとする時
どんな事前準備をするでしょうか。



相手のことを最大限に尊重しないでしょうか
だからこそ気軽に誘えない。
そうではないでしょうか?

相手にとって迷惑では?

と考えないでしょうか。

そういった心境、内容さえも
手短に相手に伝えることが出来れば
それは必ず良い印象を与えます。
言葉ではなかなか短くすることが出来ない時には、
相手のペースで感じ取ってもらえるように
メールや手紙にすればよいのです。

どんなことでも必ず有利に働くことはあるし
諦めることなんて何もありません。
もっと個性に自信を持って行動しましょう!

② 人前で顔が赤くなって話せない。

女性と男性を
過度に違う性別として意識しすぎていたり
性に関わる内容は神聖なものだからと
考えすぎていたり
または、いかがわしいものであるとか…
あまり口にしてはいけないものであるとか…

性について学んだ内容から、
偏った知識で考えてしまう場合
このような悩みを持つことも多くなります。

性についてしっかり向き合わないと、女性はもっと考えています。

家庭環境による
異性とのコミュニケーション不足や
同姓のみで長く暮らした経験があったり
家族とのスキンシップを
上手にとれていなかった場合などからも、
性についての考え方が成熟していない場合が多く
慣れていないこと、
性に対する経験の薄さを恥じたうがために
顔が赤くなったりします。

これを解決するには、
自分の性に対する考え方を
素直に見直すことが大切なので
性別への理解を深めてみましょう。

アジェンダー、ニュートラル、LGBT
いまでは聞き慣れてきた言葉になっています。
自分は男であるけれども、
女性的な一面を持っている。
自分の行動や振る舞いの中に、
女性っぽいところもある。

性別ってもっと身近なものであり、
性別を強く意識して他人に触れ合うのは
現代では間違っているんじゃないか?
男性に近い女性もいるし
とても女性っぽい男性もいる。
外見だけで、男子や女性といった性を
意識しないようにしてみようか?
こうやって性への意識を変化させるだけでも
異性に対する照れなどの解決につながっていきます。

性別に対して柔軟な考えが持てれば解決も目前。
[おねえ言葉]が
コミュニケーションにすごい効果を発揮するのは
こういった心理作用が働いているからといえます。



たとえば、

いつも顔が赤くなってすみません
緊張するとすぐ顔に出てしまうので。。

なんて、
軽く言えるぐらいに構えてみるのも
よいのではないでしょうか?
自分の気持ちや身体の変化というのは
抑えようとするほど、
意識してしまい、より自分の理想とは
違う方向の反応が出てしまうものです。

そういう状況に陥った時こそ、
堂々とした態度。
会話をこなせる人のほうが努力の人。
といった感じにも見えて
相手からは魅力的に映るものではないしょうか?

大切なのは、

いかにして、相手と上手く意思を通わせるか?

です。

顔が赤くなるということで、
マイナスになる要素は
それを過度に恥じたり、強く意識することを
キッカケとして、
本来のコミュニケーション能力に支障をきたす。
といったところに問題があるわけです。
努力する場所を間違えずに
努力を続ければ、
必ずそれが自信となって改善に向かいます。

③ 会話で声がふるえてしまう。

異性と会話をするとき、緊張して声がふるえてしまう。。

こんな時はどうすればよいでしょう?

やはり気になる相手と会話をするとなったら、
全身が相手を意識するため
緊張はするし、汗は出るし、
場合によっては声も震えてくるのではないでしょうか?

意識しなければ良い。

なんて簡単には言えないものです。

これは自律神経に変化がある時、
特に交感神経が不全作用している状態です。

解決しよう、落ち着こうと
思えばおもうほど自分の意識は
交感神経に支配されてしまうため
コントロールを失っていきます。

このようなときは
腹式呼吸などで気持ちを落ち着けて、
まずはリラックス。
副交感神経に意識を集中させることができれば
多少は落ち着くはずなのですが
簡単にそれができるのであれば
悩むことではありません。

どうやって落ち着こう?

緊張して声が震えてしまう場合、
その震えの波長に合わせて会話してみましょう。
意識して自分の動揺に合わせるように
会話してみましょう。

[自分から意図的に声を震わせて会話をする]

なんだかとても難しい感じですが、
そんなに難しいことではありません。
自分の周波数の波形に合わせるように
抑揚を持って会話をするという
意識を持つことです。

自分からその震えに同調しようとすることで
どうして震えているか?どのくらい震えているか?
ということがわかりやすくなるので、
その波に合わせようとすることで
失われたコントロールを
取り戻せるようになっていきます。



緊張している人に向かって
もっと緊張してみてください!といっても
緊張が高まることはほとんどありません。
ドキドキするなよ!
と言ったところでそれは出来ないのですから
そのドキドキを何とか楽しみましょう。
そんなこと言っても…
それはなかなか出来そうに無い…

そう思った時は、
そのドキドキにまずは身を任せましょう。
無理に抑えようとするのではなく、
自分で自分を乗りこなすということです。
自分を知って自分をコントロールしましょう!

④ どうしても目をそらしてしまう。

相手の眼差しが眩しくて、
愛しすぎて見ていられない…

顔がとても好みで
じっと見続けてしまいそうで
まっすぐに見られない…

自分が心の奥底で何を考えているか
すべて見透かされてしまいそうで…

理由はたくさんあるかもしれませんが、

目線をそらしてしまう。

そんな伏し目がちになってしまう
クセがどうしても変えられない。
ということを自覚している方も多いかと思います。
実際、まじまじと相手の目を見続けていたら
ちょっと複雑な感情を
相手に抱かせてしまいそうですが…

こういった時には、
相手に自分の性格や特徴などを
先に話してから行動しましょう。
『メタコミュニケーション』
を有利に働かせることが重要です。

メタコミュニケーション?

メタコミュニケーションとは
ここでは、
[相手とのコミュニケーションにある前提条件]
を指します。

たとえば、
自分の性格、特徴などを先に相手に伝えることで
前提条件を変えてしまうことです。

自分から相手に対して伝えたい内容が、
伝わる、伝わらない。
というよりも、相手に対して自分のことを伝えた。
という事実が、
相手に気づいてもらえたかな?と
考えられるようになっていくので、
自分の気持ちを伏せながら話すという
心理状態にはなりにくく、
気持ちを安定させられるというわけです。

それでも目を伏せてしまう場合などは
伏し目がちにしたままであっても
言葉は堂々と会話するようにしましょう。

自分が見ている側ではなく、
自分が見られている側であることを意識する。

これが重要です。



どんなに伏し目がちな人でも
最初は相手の目を見るはずです。
その後で、
先に目線を外す人のほうが相手の深層心理を
先に覗こうとしてしまっている
といっても過言ではないのです。

先に目線を外す人は相手を覗きたくない。
もしくは、
覗こうとしたからこそ
見えてしまうからこそ
目線は外したくなるのではないでしょうか?
そうであれば、
目線を外すということを
最大限に活用しましょう。

それには、
あなたを意識しているからこそ
目がそちらに向けられない。
といった内容のメッセージを言葉ではなく、
その目線と表情で表現すればよいのです。

『目は口ほどにものをいう』
ということわざがありますが、
相手との会話というのは
お互いの距離を近づけるものですから
当然、相手の顔色や表情
目の動きなどもよく見えると思います。
見られているのですから
その目線と表情からメッセージを出せばよいのです。

考え方によっては、自分から見られる側へと
相手を誘導しているわけです。
誘導出来るということは
行動に対しての先回りが可能だということですから
相手が自分の表情、目線などへ意識が来る前に
メッセージを込めて待っていれば良いのです。

そういった一連の行動は
相手を騙そうとしているわけではなく、
自分の気持ちがわかってもらえるならば
わかろうと思ってもらえているならば
強いメッセージを伝えたい。
ということです。



言葉に出さず、誰にでもわかるわけでもなく
目の前の相手だけに伝えたいことを
しっかりと確実に伝える。
素敵なことじゃないでしょうか?
異性と話す時に目線をそらしてしまう。
このことは短所であって、
短所ではないのです。

素直な自分を表現できるということです。
素直な気持ちでの表現は
取り繕った言葉よりも相手の心に必ず響きます。
そんな、
素敵な短所をもっと活かしていきましょう。

⑤ 無関心を装ってしまう。

自分の気持ちを悟られまいとして
本心とは裏腹に無関心を装ってしまった…。

こんな経験はないでしょうか?
ここでは、上手なひとことが言えれば
すんなり問題を解決できます。

好意があることを悟られるのが恥ずかしくて、そっけなくなってしまう。

これを上手に伝えればよいので、
そういった内容を上手に説明しましょう。

その気持ちを伝えることも
簡単ではないと思いますので、
ここでは自己表現方法を覚えましょう。

信頼できる友達に助けてもらう!
なども良い方法ですが、
ここでは1対1の状況を考えてみましょう。

前提として…
相手に強い好意を持っている場合。
大抵の場合、
相手にはすでに感づかれています。

自分の行動を振り返ってみてください
目の動き、声のトーン、会話の内容…
歩き方、他の人との接し方…
強い好意を持っている相手の前では
自分でもわかるような変化がないでしょうか?

これは、
ほとんどの場合で隠し通せていない。
と考えて問題ありません。
だからこそ

恥ずかしい。

と感じているわけです。

ということは…大抵の場合、
すでに相手に対して好意は伝わっているという
前提条件は出来上がっています。

それが確かなものか?
それとも勘違いなのか?
それについては相手も悩んでいます。

前提条件として
すでに伝わっている内容に関しては
こちらから解答を匂わせるようなことを
見せるだけで真意が伝わります。

その相手に対しての伝えたい内容が、
言葉など直接的に表現するわけではなく
伝えたい相手に対して、
相手の内面から確信として感じることになるので
大切な想いの伝え方としては
非常に効果的です。

何事でも他人から教わるよりも
自分から学んだことの方が確信を持ちますし、
忘れないものです。

これらのテクニックを効果的に使いたいですね!