わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

不安や焦燥感に駆られ続けるケースに要注意!セルフケアの大切さとは?

不安や焦燥感に駆られ続けるケースには要注意!セルフケアの大切さとは?

1.焦燥感とは?

焦燥感という感じから意味を読み取っておこう!

焦燥感と言う言葉は難しそうな言葉ですが、その意味はあせってイライラすると言う意味です。

『焦』はあせる、いらだつと言う意味を持ち、『燥』は落ち着かない事を意味します。

焦燥感にかられると言った表現や、焦燥感を抑える事が出来ないと言った表現で使われる事が多いものです。




2.漠然とした不安感や焦燥感を持つ人

強い焦燥感を感じ続けることは、身体に対して良いことではないんです。

試験前や仕事の期限が迫っているのに、中々上手く進まず、その事に対して焦ってイライラする事は誰にでもある事で、こうした状況で焦燥感を抱く事は特別問題な状態ではありません。

しかし、こうした差し迫る課題に直面していないにもかかわらず、何を行う場合にも漠然とした焦燥感や不安感に駆られると言う状況に陥る人も少なくありません。

こうした状況に陥りやすい人にはタイプがあります。そのタイプは、ストレスに弱い性格の人や、何事にもNOと断り切れない人や、感情の処理や切り替えが上手くできない人や、人の評価を気にしすぎるタイプの人などです。

こうしたタイプの人は、普通の人が不安や焦燥感を抱く事がない状況下でも、焦燥感に駆られる事があるのです。これ自体は、病気的なものとは言えませんが、それが高じる事で病気に繋がる可能性があるのです。




3.不安感や焦燥感と病気との関連

長い期間焦燥感を感じる場合、他の原因も考えられます。専門家の意見を仰ぐことも視野に入れておきましょう。

不安感や焦燥感に駆られ続ける傾向が続く場合には、その背景に病気が関連している事もあり、注意が必要な状況と言えます。

疑われる病気としては、自律神経失調症や気分障害等が考えられます。自律神経失調症は、精神的なストレスや、不規則な生活リズムや、環境変化や、更年期の女性ホルモンの分泌異常等が原因で生じるものです。

また気分障害は大変嫌で辛い思いをし、その落ち込んだ気分から回復できない状況を指すもので、本人が精神的にも肉体的に辛いと自覚する場合や、日常生活や社会生活に影響をもたらす様な状況の時に、診断される病名です。

こうした症状が、精神的な側面のみではなく、肉体的な側面でも様々な症状を引き起こす事もあり、うつ病に近い状況に進行する危険性をはらんでいます。

4.強い焦燥感を和らげるためのセルフケア

強い焦燥感がある場合、自身で改善していくためのセルフケアを忘れないように。

漠然とした不安感や焦燥感に駆られる場合には、まずその解消に向けて、セルフケアを試みると良いでしょう。

その方法としては、自分なりのストレス解消法を見出す、生活習慣を見直し生活のリズムを良くする、アロマや音楽で気分のリラックス効果を得る、さらにホルモンバランスが崩れている女性なら大豆製品を多く摂る事でそのバランスを改善する等が挙げられます。

こうしたセルフケアを行っても改善しないようなら、専門医の診断を受けた方が良いケースもあります。

漠然とした不安感や焦燥感に駆られる状態が長く続く場合には、黄色信号だと考えて、適切な対処を行う事が重要と言えます。




5.まとめ

強い焦燥感を感じる場合、身体的な健康にリスクが増えないように。自己管理をしましょう。

強い焦燥感が長く続く場合、
自分だけで解決しようとするのではなく
友人に相談する。

しかし、
ネガティブな感覚とも取れる
『自身が焦燥感を感じる原因』について

親身に聞いてくれる友人は
どんなに仲が良い友人であっても
多少は辛い思いをすることになるでしょう。

自分が感じている負の感覚を
共有することに近いわけですから・・・

自身で精一杯セルフケアをしても
改善が見られないと感じた場合は
すぐに専門医の診断を仰ぐことを忘れないように。
困った時にこそ、
専門機関に相談することを
忘れないようにしましょう。