ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

失恋したときの立ち直り方!確実に笑顔を取り戻す16の方法とは?

失恋したときの立ち直り方!確実に笑顔を取り戻す16の方法とは?

失恋したときの立ち直り方?笑顔を取り戻す方法をご紹介します!

失恋は誰にだって辛くて悲しい瞬間です。別れた相手のことが好きなほど、忘れられないほど、立ち直るまでに時間がかかります。

しかし、大切な人生の時間をずっと悲しんでるなんて、もったいないことです。

少しでも早く心から笑えるように、頑張って前を向きましょう。いつまでも泣いてるわけにはいきません!




1.失恋したときの辛さから立ち直るにはどうする?

早く失恋から立ち直るためのポイントは?

失恋」と言葉で言うのは簡単です。

大切な恋を失うということは、まるで心がえぐり取られるような、とても痛くて苦しいものです。

今までに作った沢山の思い出が色あせていく、自分も一緒にこのまま消えてなくなってしまいたい、生きていることさえも嫌になる・・。



しかし、誰もがわかっているはずなんです。冷静になれないだけなんです。

この辛い日々がいつまでも続くわけではありません。時間はかかるかもしれませんが、少しずつでも前を向いて進めば、必ず明るい未来はやってきます。

ここでは、失恋した辛さを少しでも忘れられるような方法をご紹介します。

▼【心理学の本を読んで失恋から立ち直る

どうしても辛い時は心理学の本を読んでみましょう。恋愛や仕事に役立つものから、人の心を操れるなんていうちょっと危険なものまで様々な種類の心理学専門書があります。

心理学の考え方では、少しでも早く失恋から立ち直るために何をすれば良いとされているのでしょうか?

たくさんある方法の中で、心理学的効果が高いと言われているものを見ていきましょう。




▼【自分のことを責めない

失恋すると自分の何がいけなかったのかを考えて、自分を責めてしまうことが多くなると思います。

それは同じ失敗を繰り返さないために大切なことかもしれませんが、反省して考え込むことで自分の将来に活かそうとすることは、一旦やめておくようにしましょう。

自分のことを強く責めている間は、相手への執着から逃れられることが出来ません。

失恋直後の辛い時期に自分を責めるのは、ただの自分イジメにしかなりませんよ!それよりも今だからこそ勇気を出して前向きなことを考えるようにしましょう。

▼【現実から目をそむけないこと

自分は失恋したこと、現実として受け入れることが出来ていますか?

自然消滅で完全に別れたとは言えない状況であったり、失恋したことは分かっているのに認められずに、どうしても受け入れられないという状況であったり・・

「この恋はもう終わっているんだな」と頭では理解しているのに、別れるという事実が怖くて受け入れられない状況など様々なあります。

しかし、このように中途半端な状態を続けていると前を向いて新しい恋愛に進めません。それどころか、明るい日常生活を迎えることだって難しくなってしまいます。

辛い失恋を受け入れることはとても勇気が必要になることですが、自分にしか出来ない大事な一歩でも進みだすために、まずは自分は失恋したのだと受け入れることから始めましょう。




▼【全ての感情を吐き出してみること

失恋したことを現実として受け止める必要はありますが、頭ではわかっていてもそう簡単にはいきません。

失恋したことに対する悲しみや苦しみ、思い通りにならないことに対する怒りなど、様々な感情が心の中に渦巻いてしまい、自分の感情をコントロールができない状態に陥ることは少なくありません。

そういった感情を無理やりにでも自分の心の中に押し込めてしまうと、耐える自分に対してエネルギーを使い過ぎてしまい、その場に立ち止まったまま前に進むことが難しくなってしまいます。


ネガティブな
感情は自分の中に押しこめるのではなく、出来る限り全ての感情を自分の外に吐き出してしまいましょう。

1人で思いっきり泣いたり、怒ったり、叫んだり、我慢せずになにもかも吐き出すことでネガティブな気持ちを発散させましょう。

そうして全て吐き出すことができたら、きっと一歩ずつでも前に進む力がわいてくるはずです。

▼【なんとかして未練を断ち切ること

すでに終ってしまった恋愛、別れた相手に対して現在どんな執着を持っているのでしょうか?

やっぱり会いたい、少しでもいいから嘘でもいいから愛されたい、どうしても声が聞きたいなど人によって様々です。

この執着心という気持ちが少しでも残っていると、失恋から立ち直るのを難しくします。

失恋から立ち直るためには、この人間が本能として持っている執着心から抜け出すことがとても重要なポイントになってきます。




2.執着する気持ちを抑える。未練をなくす方法は?

気持ちを整理するためのポイント。

▼【愛して欲しいという気持ちを整理する

相手との出会いを振り返ったり、一緒に撮った写真を眺めたり、思い出に浸るのもいいでしょう。しかし、人生はまだまだ続いて行きます。

過去の恋愛を振り返るということは、一見ネガティブな行動のように見えますが、終ってしまった恋愛を振り返ることは感情を解放し、失恋で傷ついた心を癒す効果があると言われています。


ただし、ただ過ぎ去ってしまった過去の恋愛を振り返るだけではなく、その経験を活かすような振り返り方をすること。それが出来なくともそういった気持ちを持つことを忘れないようにしましょう。

▼【叶わない恋があることを認めよう


どんなに頑張っても恋愛は1人でできるものではありません。叶わない恋があること、恋が終わってしまったことを認めましょう。悔しいですが、人生には理不尽なことや仕方のないこと、どうしようもできないことがあるものです。

相手の気持ちを無視しして、自分の感情を押し付けるのは愛情ではありません。とても辛いことですが「もう何をしても駄目なんだ」と認めることが大切です。

考え方として、「人生の大事な時間を少しでも共有出来たことに感謝する」といった考え方を持つことで、後悔したり、妬んだり、恨んだりすることよりも、相手への感謝を強く感じられるようになります。

▼【
離れるべくして離れるということ

お互いが離れることで、自分も相手も幸せになれるということを考えられるようにしましょう。

別れた恋人が自分への未練が強くて悲しんでいたり、恨んでいたり、苦しんでいる場合、自分も相手への罪悪感や自己嫌悪などで辛い思いをすることになります。誰だって過去の恋愛となった好きではない、むしろ嫌悪感を感じるような相手にしつこく言い寄られたら迷惑ですよね。


何よりも未練がずっと残っているということは自分自身が辛い思いをします。どんなに苦しくても、自分のことを大切に思って相手のためを思うなら、お互いの幸せのために、別れるという選択をするべき時もあるのではないでしょうか?




3.失恋したときの辛さをこれからの人生に活かす考え方

失恋をこれからの人生に活かすためのポイントは?

▼【何事にも心の中で感謝すること

相手がしてくれて嬉しかったこと、幸せだったことを思い出して心の中で感謝の気持ちを伝えましょう。相手が原因で失恋した時は、相手に対して怒りや否定的な感情などを抱いてしまいがちですが、相手を責める気持ちがあるうちは、自分もなかなか前に進めません。

相手の良いところを思い出して、感謝すればするほど自分の気持ちが軽くなっていくのを感じるはずです。

「ありがとう。だからこそさようなら!」と考えられるようになるまで、相手のためだけでなく自分のためにも沢山の感謝をするようにしましょう。

▼【それでも恋は続きます。失恋を次の恋に活かす

少しずつでも失恋の辛さから立ち直り、前に進み出すことが出来た時に考えて欲しいことがあります。

それは失恋で学んだことを次の恋に活かすとしたら、どんな相手とどんな恋愛をしたいのか?自分はどう変わりたいのか?ということです。



冷静に物事を考えられるように感じた時がチャンスです。ここで今後について、いつも以上に真剣に考えてみましょう。それは決して自分の悪いところを責めるのではなく、自分が悪かったと思うところを反省して、次の恋愛には活かそうということです。


今回の失恋は、この先にあるもっと幸せな恋愛をするためにとても価値のあるものだったのです。

たくさんの事を学んだことに感謝して、もっと素敵な恋愛があるはずだと前向きに考えられるようにしましょう。

▼【楽しいと思えることに集中すること

自分のやりたいことや、やってみたいこと、興味のあることを探し出してとにかく挑戦すること!何でもやってみてください。

どんなものでも熱中できるような趣味などに出会えたら最高だと言えます。

旅行やスポーツ、習い事、前から行ってみたいと思っていたレストランなど行くなど、本当に何でもいいんです。



大切なのは今を楽しむということです。終わった恋愛への執着心が残っていたとしても、何か楽しいと思えるような他のことに集中することで、気持ちは切り替わりやすくなります。

どんなことでも、経験から得たものは必ず自分の魅力&自信につながっていくはずです。




4.科学の観点を持って失恋から立ち直る

脳科学を知って失恋から立ち直ろう!

脳科学の世界では大きな失恋を経験した人ほど、「素敵な恋に巡りあえるチャンス」が多くなると言われています。

これは、実社会において大きな失敗を乗り越えた人は強い気持ちを得やすく、能力が高くなりやすいということに似ています。

心にポッカリと穴が開いてしまうような喪失感が大きければ大きいほど、人間の脳は失った気持ちを取り戻そうとして、一生懸命に次の幸せを探すために脳が働くとされています。脳科学の世界では失恋から立ち直るために、どんな方法が効果的とされているのかを知りましょう。

▼【新しい思考回路を作る

基本的に脳の中に既存している思考回路を消去するということは非常に難しく、意識して意図的に今までの思考回路を使わないようにすると、かえってその思考回路を強くしてしまうことに繋がって逆効果になるそうです。

そのため「物事を忘れる」には、その思考回路を消そうとするのではなく、生きていく上での重要度(プライオリティ)を低くしていく必要があります。

そこでとても効果的と言える方法が新しく別の回路を作り、失恋で生まれた悲しみを感じる回路を使わなくするという方法です。これは男性と女性の思考回路の違い、上書き保存か書き換え保存かということにも似ています。



どんなことでも良いので、自分が楽しいと思えることや夢中になれることを新しく始めて、どんどん良い刺激を受けるような環境を作りましょう!




5.相手を嫌いになる方法を考える

相手の欠点となる部分を見つめてみよう。

相手を忘れるために新しい思考回路を作りたいと思っても、失恋の悲しみが他のことを考える気力が起きないという人がほとんどでしょう。

そんな時は簡単に忘れようとするのではなく、相手の事をとことん思い出して、相手の欠点を列挙してみることなども効果的です。どんなに素敵な人でも、欠点はありますよね。



忘れられない時は、考えて考えて考え抜いて思い出しすぎるほど考えてみると、その反動で忘却の気持ちが働くことがあるとされています。

どうしても相手の欠点が見つからない場合は「あの人は完璧すぎて、一緒にいると疲れる」といった考え方でもいいのです。

そうやって考えることで、冷静に思考することができるようになり「その相手が自分にとって本当に必要なのか?」ということを、客観的に分析できるようになります。




6.前向きになれるような対処法を考えてみる

その他の対処法についても考えてみよう!

実際に失恋した人が試してみて、有効だったとされている方法がたくさんあります。

これらの方法を知ってみましょう。色々な方法を試して、その中から自分に合ったものを見つけて行きましょう。

▼【失恋した相手に関するものは全て手放してみる

失恋すると生活のあらゆる場面で、相手や付き合っていた頃のことを思い出して悲しくなる瞬間があるかと思います。

思い出のアイテムを捨てる。思い切った断捨離をすることは勇気のいることですが、思い出のアイテムや手紙は思い切って処分して、メールアドレスや電話番号、SNSからLINEまでも消してしまいましょう。



それは、もう自分には必要のないものなんです。

もったいないと思うような物もあるかもしれませんが、自分にとってマイナスに働くものを持っていても仕方がないですし、何よりそれを見る度に思い出していては忘れられるものも忘れられません。

思い出を捨てるということはさみしいかもしれませんが、思い切って処分することで気持ちの整理もつけやすくなるでしょう。それは息継ぎのように、吐き出さなければ新しい空気が吸えません。

新しい恋愛だって、自分に入る隙がなければ入り込むことが出来ません。出会いが一期一会です。チャンスを逃さないようにいつでも少しの隙間を持っていられるようにしましょう。

▼【失恋が新しい出会いに繋がると考える

心理学や脳科学の考え方でも、失恋した時に何か楽しいと思えることを始めるということが立ち直るためにとても効果的です。


失恋したばかりの瞬間は何もやる気にならないかもしれませんが、行動することによって少しずつでも意識が変わっていけば良いのです。その行動により、今まで以上に色々な人に出会って様々な経験をすることができます。

必ず素敵な出会いや経験は、かけがえのない自分の財産になります。

そして何年か経って振り返った時、あの時の失恋のおかげで自分の人生はこんなに豊かなものになった。と考えることが出来るようになるはずです。

▼【別れた理由をいつまでも考えないこと

人によって別れた原因は様々です。別れた理由をいつまでも「何がダメだったのか?」「どうして、こうなってしまったのか?」と考えていても何も始まりません。

原因は何であっても恋がもう終わってしまったのが現実なのです。

終わったことをくよくよ考えずに、別れた事実を受け入れるようにしましょう。

自分を責めるのではなく、「しょうがない。また次があるしね!」というくらい楽観的な捉え方ができるようにしましょう。こういった考え方は心の中で考えるだけでもいいのですが、口に出して言ってみるとより効果が期待出来るようですよ。




7.ポジティブな未来を想像する

自分の未来をポジティブに思い描いてみる。

10年前の事を思い出してみましょう。

鮮明に覚えているという人もいるかもしれませんが、ほとんどの人はどんなに楽しかった思い出であっても、辛かった思い出であっても、淡い思い出になってその記憶は忘れかかったものになっているはずです。

遠い過去に辛い失恋の経験がある人はもっと分かりやすいのですが、その失恋の苦しみは今でも続いていまでしょうか?



きっと、ほとんどの人は「忘れている部分が多い」と答えることでしょう。

ここからわかることは、今はどんなに失恋が辛くても時間が経てば、そんなことでも淡い思い出になるということです。

人は自分の将来を想像する時、良いことだけをイメージする傾向があるので、あまり暗い未来は想像しないものです。10年後の自分をポジティブに思い描いてみてください!

▼【悲しみも、辛さも1人で抱え込まないこと

辛い時は1人で抱え込まず、心を許せる人に話を聞いてもらいましょう。

誰かに話したからと言って何かが解決するわけではありませんが、話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなったり、優しい励ましの言葉に傷ついた心が癒されたり、心配してくれる人が側にいてくれるだけで孤独で寂しい気持ちが和らぐものです。

自分とは違う考え方や異なる意見を聞くことで、フッと何かに目覚める瞬間があるかもしれません。




8.失恋したときの辛さを紛らわせる方法

簡単に辛さを紛らわせる行動をとってみよう。

▼【おすすめの映画を観てみよう!

きみに読む物語』



この映画は、ある老人が認知症を患ってしまった老女の記憶を取り戻すために、若き日に狂おしいほど愛し合った2人の物語を読み聞かせていくという、とても美しいストーリーです。



失恋の痛みとは違いますが、どんな苦しみや悲しみにも終わりがあり、いつかは心穏やかに過ごせる日がきっとくると思える作品です。感動と切なさで涙が止まらなくなってしまう事でしょう。

▼【おすすめの本を読んでみよう!

恋愛中毒』山本文緒



恋愛小説の最高傑作とも呼ばれているこの作品は、人を愛し過ぎて自分をコントロールできなくなってしまう主人公がもがき苦しみながら異常な愛に堕ちていく、恐ろしくも悲しさが残る作品です。



失恋すると、自分がどれだけ相手に依存していたかがわかります。恋人と別れ、苦しくて仕方がない状況なら少なからずこの主人公の異常な愛し方に共感してしまうところもあるのではないでしょうか。

▼【おすすめの曲

キミノ言葉デ』C&K



あえて失恋ソングではない曲を選びました。好きな人の言葉とはどうしてこんなにも自分の心に響くのでしょうか。たとえ2度と戻ることは出来なくても、今までもらった沢山の言葉を思い出し感謝で涙が溢れてくるような、素敵な1曲です。

男性とは思えないくらい美しく力強い歌声に、胸が熱く揺さぶられるような感覚を覚えるでしょう。

9.まとめ

失恋したときの立ち直り方でのポイントは?

恋愛をする以上、必ず失恋の不安がつきまとうものです。大切な恋愛が壊れてしまうということは何度経験しても、やはり辛いものです。

失恋の悲しみが大きいということは、その分だけ幸せな時間がそこにあったということです。

恋愛での経験は、どんな結末であっても必ず人を成長させてくれます。失恋は決して無駄ではありません。焦らずにゆっくりと素敵な笑顔を取り戻してください!