ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

迫力顔はイヤ!二重あごになる原因や改善方法は?予防策もご紹介します!

迫力顔はイヤ!二重あごになる原因や改善方法は?予防策もご紹介します!

1.二重あごになる原因①「太りすぎ」
2.二重あごになる原因②「加齢」
3.二重あごになる原因③「姿勢の悪さ」
4.二重あごの改善方法①「ダイエットをする」
5.二重あごの改善方法②「表情筋を鍛える」
6.二重あごの改善方法③「姿勢を改善する」
7.二重あごの予防策①「紫外線をカット」
8.二重あごの予防策②「食生活を改善する」
9.まとめ

二重あごって嫌ですよね・・。どんなに可愛いくても、二重あごが出来てしまった途端、迫力ある顔へと変貌してしまいますから・・。

ここでは、そんな二重あごの原因と改善方法。予防策をご紹介します!

1.二重あごになる原因①「太りすぎ」

二重あごになりやすいのは、断トツで太っている人です。

太っていると、ぜい肉がたくさん体中についているので当然といえば、当然な話なのですが・・。太っている人の顔を見ると、分かりますが、太っている人は顔に肉がつき、パンパンに膨れ上がっている人が多いです。

そのため、目が肉につぶされて細くなってしまったり、ほっぺたの肉で鼻の方が高いんだか、それともほっぺたの方が高いんだか、よく分からない状態の人も存在しています。

これくらい、太っていると、顔がパンパンにむくんだ状態になるので、二重あごができない訳がありません。

若い人の場合、余分な脂肪が原因で二重あごができる場合がほとんどなので、改善したいのであれば、まずは気持ちから!ダイエットをすることをおすすめします。




2.二重あごになる原因②「加齢」

「そんなに太っていないのにちょっとした体勢で二重あごになる」

「今まで二重あごなんてなったことがないのに二重あごができている」といった場合、加齢による二重あごかもしれません。

今までと何ら変わらぬ体型を維持している人であるのなら、加齢による二重あごである可能性が非常に高いです。

加齢による二重あごは、皮膚が伸びることで起きます。長年、蓄積された紫外線で肌がダメージを受けたり、もしくは皮膚をこすり洗いしていることで、皮膚がたるんでくるのです。

二重あごの原因となる加齢によるたるみは、頭皮のたるみから徐々に下に下にと落ちてって、最終的に二重あごという形になっています。

このタイプの二重あごは、顔全体の皮膚のたるみによるものだと受け取りましょう。しかし、改善策はあります。後に紹介するので参考にしてみてください。

3.二重あごになる原因③「姿勢の悪さ」

姿勢が悪いと、どうしても二重あごになりやすくなってしまいます。そこまで太っていないのに二重あごになる人、あるいはまだ若いのに二重あごになる人は姿勢の悪さが引き起こしているものかもしれません。

最近では、スマホ顔と呼ばれる顔がありますが、まさにこのスマホ顔がもたらした二重あごである可能性が高いです。

スマホ顔とは、常にスマホをいじり、長時間、顔を下に向けていることで、顔にたるみができる現象です。若くても口元にほうれい線ができている人は要注意です。今度はそれが下に下がり、二重あごを引き起こすことになるでしょう。

口元のほうれい線は、顔の皮膚のたるみからくるものなので、口元にほうれい線がある場合は、すでにたるみの現象が始まっている合図です。二重あごになる危機感を抱いた方がよいでしょう。




4.二重あごの改善方法①「ダイエットをする」

二重あごの改善方法として、まずはダイエットをしてみましょう!

余程のたるみがある人でない限り、大抵の人はこの方法で、あまり気にならない程度まで二重あごを改善することができるでしょう。

しっかりと運動し、ある程度の食事制限を設け、体重を減らしていきましょう。5キロ体重を減らすことができれば、顔つきがだいぶ変わってきます。

ダイエットする前に写真を撮っておいて、それと見比べてみてください。きっと素晴らしい改善が目に見えるはずです。

これがさらに10キロ減となると、もっと顔立ちが違ってきます。顔のたるみが解消され、ひきしまった印象をもたらすため、老け顔とはさよならすることができるでしょう。ただし、頬がこけるほど痩せてはいけません。自分の適性体重を知って、健康的に痩せるようにしましょう。

また、ダイエットで誤解をしやすいのが部分痩せという言葉です。二重あごなどのたるみが気になる部分だけ、集中的に痩せたいという人もいるかもしれませんが、実際に部分痩せをすることは不可能だと言われています。

エステなどで、一時的に痩せることもできるかもしれませんが、その効果は一時的なものであり、継続はしません。継続的に二重あごを防止したいのなら、しっかりとダイエットをして、全体的に徐々に体の肉を落とすようにしていきましょう。

5.二重あごの改善方法②「表情筋を鍛える」

表情筋を鍛えると二重あごが改善します。特に加齢に伴う二重あごの人には効果的です。

加齢による二重あごは、肌のたるみによって引き起こされるものであり、皮膚が伸び切った状態であると言えます。つまり、このたるんだ皮膚をなんとかするには、顔の筋肉を鍛え、筋肉を隆起させて皮膚のたるみを抑えればよいのです。

この顔の筋肉となるのが表情筋です。気になる人は、毎朝、モデルさんたちが実践するように表情筋のトレーニングを日課にするのもよいでしょうが、そこまでしなくてもよいというのなら、常に笑顔でいることを心がけるだけでも良いでしょう。

毎日欠かさず継続していれば、きっと二重あごが改善していくはずです。




6.二重あごの改善方法③「姿勢を改善する」

二重あごを改善したいのなら、姿勢を良くしてみましょう。

スマホ顔の原因は、姿勢の悪さからくるものです。スマホをいじる時は、スマホを下に置くのではなく、顔の目の前に持っていくようにするだけでも違います。毎日、意識して行ってみましょう。

また、うつむくことが多い人も要注意です。重力があるので、下に肉が行くように仕向けてはいけません。顔にたるみを発生させないように気を付けたいものです。

7.二重あごの予防策①「紫外線をカット」

「二重あごになんてなりたくない!」「これ以上、ひどい二重あごになりたくない!」という人は、二重あごにならないようにしっかりと防止対策を行いましょう。

まず、挙げられるのは紫外線対策です。紫外線をしっかりとカットすることで、肌の老化を防ぐことができます。

肌の老化とは、糖化と酸化によって引き起こされますが、この二つは紫外線による影響で引き起こされる影響だと言われています。

そのため、肌のたるみを引き起こす紫外線さえカットすれば、たるみのないキレイで若々しい肌の状態をキープすることができます。二重あごに悩まされずに過ごしたいのなら、紫外線はしっかりとカットしましょう。




8.二重あごの予防策②「食生活を改善する」

二重あごを改善したいのなら、食生活も見直すべきです。普段から柔らかいものばかり食べてはいませんか?

しっかりと噛む力を養わないと、エラの筋肉が弱まり、加齢が進むと、一気に二重あごへと転落します。

エラが張っている人はなりにくいのですが、エラがなく、いわゆる小顔と言われる人はエラの筋肉が落ちやすいので注意が必要です。適度に固いものを選んで、エラの筋肉を鍛えましょう。

また、甘党の人や揚げ物が大好きな人も要注意!甘いものや揚げ物は老化のスピードを促進させる食べ物です。老化の原因となるたるみを引き起こす食べ物なので、食べ過ぎには注意しましょう。

・・といはいっても、全く揚げ物を食べない生活なんて、生きている限りできる訳がありません。唐揚げだって食べたいし、美味しいアイスクリームだって食べたいときがあります。そのような人は、ぜひ抗酸化力をもつ食べ物をとるようにしてみましょう。

抗酸化力のある食べ物には、肌の老化を遅らせる働きがあり、老化の原因となる酸化や糖化を防いでくれます。抗酸化力のある食べ物でおすすめなのは、アーモンドなどのナッツ類です。良質なオメガ9やビタミンEが肌の老化を防ぎます。

9.まとめ

二重あごに悩んでいるのなら、すぐに実践することが大切です!

美は一日にしてならずなので、ぜひ継続して実践してみましょう。1年後、2年後と年数が経つごとに、その成果がはっきりと顔に映し出されるはずですよ!