ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

こんなに違う!女性と男性の「可愛い」がすれ違う8つの理由とは?

こんなに違う!女性と男性の「可愛い」がすれ違う8つの理由とは?

1.女性と男性で「可愛い」が違うのはどうして?
2.女性はどんな所を見て「可愛い」と判断する?
3.女性のかわいいは挨拶感覚
4.男性はどんな所を見てかわいいと思うものなの?
5.美人より可愛い女の子
6.個性的すぎるのは男性は敬遠する
7.女性が言う可愛い女の子はオススメできる?
8.男性が可愛いと思う女性は嫌われる?
9.まとめ

女性が可愛いと言う女性を実際に見て、思っていたような可愛い女性とはちょっと違うかな?と感じることがあると思います。

女性と男性では、どうしてこんな「可愛い」のすれ違いが起こるのでしょうか?

1.女性と男性で「可愛い」が違うのはどうして?

女性が女性のことを「可愛い」という時と、男性が女性のことを「可愛い」という時にはズレがあります。

どうして性別が違うと、感覚がそんなにも違ってくるのでしょうか?

女性と男性では、可愛いかどうかを判断する時に見ている場所が違います。そのためどうしても違いが出てきてしまうのです。

紹介してもらった女の子に会ってからびっくりするというのは、残念ながらこの感覚のズレのせいです。




2.女性はどんな所を見て「可愛い」と判断する?

女性が可愛いと思う時というのは、その女性の顔やスタイルなどを以外も含めています。

同性ということもあり、同じ女性同士見習う部分があるかどうかも判断材料になります。

服装や髪型などがオシャレかどうか、愛想が良くていつもニコニコしていてほがらか、内面の美しさなども判断材料です。どちらかというと、顔やスタイルを可愛いかどうかの判断に取り入れるということに抵抗を感じています。知り合った頃よりも付き合いが長くなるうちに、女友達の評価はどんどん上昇していきます。

自分がもし外見だけの可愛いさで判断されたら嫌だな、と思う気持ちもあります。また大して可愛いくない女性のことを「可愛い女の子だよ」と言ってのける、自分の心の広さもアピールしたい気持ちがある場合もあるのです。

「あんまり見た目は良くないけれど、いい子だよ」と紹介すれば、正直すぎて嫌われてしまいます。

もしそんなことが本人の耳にでも入ったら大変です。どれだけ自分のことをかわいいと思っているんだ、と反感を持つ人もいるかも知れません。防衛的に悪意なく可愛いと言っていることもよくあることなのです。

3.女性のかわいいは挨拶感覚

女性にとっての「可愛い」というのは、挨拶代わりでもあります。まずその日に会ったら相手の可愛い部分を何かしら褒めます。

その日のファッションなどを見て可愛いと言い、自分も同じように褒めてもらうことを期待してしまいます。女性同士は親しいほどに褒めあって、お互いに気分を向上させようとするものです。その可愛いにはそれほど意味はないとも言えます。

男性が女性のことを可愛いなんて挨拶代わりに言ったら、かなり警戒されるでしょうし、軽い男と思われてしまいます。だからといって服装やファッションだけを褒めても、「じゃあ見た目は褒めないの?」と余計に反感を買う可能性は高いですね。

男性から見て可愛いと口にするようなことがあれば、それは女性として意識している、好みの女性だと言っているのと一緒です。だから心で思っていても、そう簡単に口にすることはしないほうが良いのです。




4.男性はどんな所を見てかわいいと思うものなの?

男性が女性を可愛いと判断する時は、まず外見が第一です。どれだけメイクやファッションが好みだったとしても、ぱっと見に顔が好みではないのなら可愛いとは判断できません。

また例え可愛いくても、スタイルが好みではないのなら減点対象になります。可愛いけどちょっと残念、など女性からしたら失礼な評価をする時もあります。

つまり男性は出会いの最初に減点方式で女性を判断してしまいます。女性から「可愛い女の子だよ」と最初に紹介されると、その時点でかなり期待値が上昇しています。自分の中での理想に近い可愛い女性をイメージしてしまうからです。

ですから実際に会ってみて、自分の好みではない部分を見つけては減点していってしまうのです。

男性からすると女性の言う「可愛い」とは、全く信用のできないものなのです。男性の前では気軽に女友達を可愛いとは紹介しないほうが無難ですね。

5.美人より可愛い女の子

男性が可愛いと思う時、一般的な感覚ではそれはモデルさんのようなスタイルに端正な顔立ちをした美人をイメージします。好みかどうかというよりも、ごく一般的な美人なら男性は可愛いと思うでしょう。

ですがそれは女性から言わせたら「美人」であって可愛い女の子ではありません。

女性が可愛いと思う時は、美人ではなく可愛い女の子をイメージしています。

一緒にいて安心できる可愛いさ、自分と比べても特別可愛いすぎないということも重要です。同じクラスにいて友達になりたいと思えるタイプの女性です。目がクリッとして人懐こい雰囲気、ほっぺにえくぼができるような女性、誰にでも優しいような良い子という印象があります。

男性はクラスに1人いるかいないかくらいの美人ではないと、可愛いとは断定することはありません。反対に女性からしたら自分の女友達のほとんどが可愛い子なのです。何かしらの可愛い点を見つけて褒めることが出来るのはある意味、女性特有の長所とも言えますね。

女性が外見を褒めるときには可愛いではなく、美人と例えるのが一般的です。ですが美人というのはただ外見を褒めただけなので、女性としての評価はそれほど高くないとも言えるでしょう。




6.個性的すぎるのは男性は敬遠する

女性は同じ女性として自分が見習いたい、自分も目指してみたいという憧れを持つ相手を可愛いと思うものです。

つまり個性的なファッションや発言、メイクなども全て女性からしたら「可愛い」を構成する要素なのです。芸能人で男性から見れば全然可愛いくない女性のことを、やたらと「可愛い、可愛い」と褒めるのはこの典型的なパターンでしょう。

個性は個性であって、その人を可愛いくするわけではないというのが男性です。個性的すぎるほどに男性は、敬遠してしまいます。ファッションでも女性ウケするものと男性ウケするものが違う理由はここにあります。

7.女性が言う可愛い女の子はオススメできる?

女性が外見だけではなく、その女性の色んな部分を加点して可愛いかどうかを判断しているということは、女性が「可愛い女の子だから」と紹介してくれる場合、良い相手なのでしょうか。

女性はどこかしらその女性の長所を見つけ出して褒めています。ですから本当に良い子もいるでしょうが、ただ自分が嫌な女と思われたくなくて褒めている場合もあります。

つまり本当に内面美人かどうかは分かりません。本当にオススメな可愛い女性に出会いたいのなら、女性ではなく男性に紹介してもらうほうが良いのです。




8.男性が可愛いと思う女性は、嫌われることがある?

男性に可愛いと言われるような女性は、女友達が少ないことがあります。本人にその気があるのかは分かりませんが、男性ウケの良い行動を取る、男性ウケを狙ったファッションなどは女性は敏感に感じ取ります。

そのため美人は女友達が少ないということもあるのです。ただ美人でも女友達が多い人もいますし、必ずしも嫌われるということはありません。男性に媚びるような女性は、どれだけ見た目が良くても女性が褒めたりはしません。

ただしやたら男性が特定の女性のことを褒めていると、どうしても周囲の女性には僻まれて嫌われることがあります。男性はただ褒めているつもりなだけでも、女性からしたら「ブリッ子している」と嫌な女に認定されてしまいます。

実際に男性と女性の前で180度態度が違うような女性もいますし、そういう女性は男性からは好印象ということは良くあることです。男性が全く知らないところで、意外と美人は女性に嫌われていることがあるのです。

9.まとめ

女性と男性では「可愛い」が随分違うものなのです。

出来れば、外見だけではなく内面なども含めて判断して欲しい、という女心の表れでもあるんですね!