わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

『好きなタイプは?』の質問に対する9つのベストな答え方!

『好きなタイプは?』の質問に対する9つのベストな答え方!

1.優しい人と言えば性格重視と思われる?
2.背が高い(低い)人…その理由は?
3.仕事熱心もほどほどがイイ。では何て答える?
4.顔の好みは人によって違う
5.しっかり者が好き発言で自分はどう思われる?
6.マニアックな答えは盛り上げ上手と認識される
7.○○系という表現には要注意!
8.答える時の表情や速度も重要です!
9.相手によって答え方を変えよう!

『好きなタイプは?』と聞かれることって、意外と何度もありませんか?

その度に、正直に答えるか・・。綺麗ごとで会話を合わせるか・・。悩む人も多いはずです。

『好きなタイプは?』と聞かれた時のベストな答え方を一緒に考えていきましょう!

1.優しい人と言えば性格重視と思われる?

好きなタイプを聞かれて「優しい人かな」と答える人は大勢います。

それは本心でもありますし、優しい人が好きと伝えることで性格重視だと思ってもらいたい思いもあるからでしょう。「私は人を見た目で判断しないできた人間です!」と言いたい本音もあるに決まっています。

では、優しい人がタイプだと言えば本当にそう思ってもらえるのでしょうか?

実は、真っ先にそれを言って強調する人は「狙っているな」とバレてしまったりします。「優しい」という表現がいかにも漠然としていて、深く考えていない印象すら受けるかもしれません。そもそも「優しい」とはどんな人をさすのか考えてみてください。時に厳しい意見を言ってくれる人も「優しい人」ではないでしょうか。

相手に甘えたいだけの人と思われる恐れもあるため、「優しい人」と伝えるくらいなら「思いやりがある人」などと伝えるべきです。そうすれば、単に甘いだけではなく人が言いにくいことも率先して言ってくれるような情に厚い人も含まれるようになります。




2.背が高い(低い)人…その理由は?

好きなタイプを聞かれて、女性なら「背が高い人」と答えたり、男性なら「自分より背が低い人」と答えたりします。それはそれでいいとして、大切なのはその理由ではないでしょうか。

女性が背の高い人を理想とする時、大抵の場合はスリムでモデルのようなかっこいいイケメンを連想するはずです。聞いた側も「この子はいかにもイケメンって感じの男が好きなんだな」と受け止めると思うので、そう思われたくないなら別の言い方を考えなくてはいけません。「背が高くて頼もしく見える人」という言い方が良さそうです。

自分より背が低い女性がタイプと言う男性はたくさんいます。

ただ、ロリコンなどと勘違いされては困りますから、「小柄で守ってあげたくなるような人」などと言うのが良さそうです。決して「小さくて子供みたいな人」なんて言わないようにしてください。

3.仕事熱心もほどほどがイイ。では何て答える?

「仕事熱心な人」というのも好きなタイプとしてよくあがりますが、実際にはほどほどくらいがイイはずです。

後になってわがままを受け入れてもらえなくなっても寂しいので、「仕事熱心なら何でも我慢します」と思われないように答え方を考えなくてはいけません。

具体的にはこんな風に答えるといいのではないでしょうか。

「仕事を頑張りながら恋愛も大切にする人」とか、「真剣な眼差しが素敵な人」などです。仕事に打ち込むのは良くてもやっぱり自分のことはちゃんと見てほしい…そんな気持ちを知ってもらわないと、恋愛のチャンスは遠のいてしまいそうな気もします。




4.顔の好みは人によって違う

顔の好みは人によって大きく違います。

好きなタイプを聞かれて「かっこいい人」とか「可愛い人」と言ったところで解釈はさまざまで、漠然としすぎていると思われるのではないでしょうか。

これを機に、どんな顔の人がタイプかはっきりさせておくべきです。

「目がくりっとしている」とか「笑顔が爽やか」なんて答え方もありますが、そのやりとりを楽しむには「メガネが似合う人」とか「えくぼがあって似合っている人」なんてちょっとマニアックな視点で答えてみてください。

自分のタイプがより具体的に伝わり、相手を喜ばせたりそんな人を紹介してもらえる機会が生まれるかもしれません。

5.しっかり者が好き発言で自分はどう思われる?

「しっかり者が好き」と言ったりもしますが、それによって自分はどう思われるか想像してみてください。

「甘え上手な人」と言えば「頼りにしてくれてOK」と言ってくれているようですが、「しっかり者がいい」と言われるとその逆でちょっと頼りなく思えてしまいます。頼りにしたいからしっかり者を求めているなんて思われると印象を悪くするため、言い方にはちょっとした工夫をしましょう。

しっかり者がいいということを伝えるには、「計画性がある人」とか「時間を守る人」といった答え方がいいのではないでしょうか?

どれもしっかり者を思わせる特徴であり、なるほどと頷けます。また、しっかり者を具体的に伝えることで、こちらがどんなことを大切にしながら日々を過ごしているかも相手に伝えることができます。

単に「しっかり者」だけでは口うるさそうな気もしますし、そんな相手がいいのかと思われると自分まで口うるさい人間だと思われる可能性もあるので気をつけてください。




6.マニアックな答えは盛り上げ上手と認識される

好きなタイプを聞かれて、ありがちな答えを並べるのは退屈です。

相手も変わったタイプを聞きたくて期待しているかもしれないので、ここはちょっとマニアックな答えも含めてみましょう。それに気づいた相手は「この子は話を盛り上げようとしてくれているな!」と気づき、気の利く子だと思ってもらえるはずです。

マニアックな答えとは、例えば「筋トレが好きな人」とか「必ずおかわりするくらいよく食べる人」などいろいろと種類はあります。「え?何それ~」と言って笑ってもらえるようなタイプをひとつ言ってみてください。ユーモアセンスも立派な魅力のひとつです。

7.○○系という表現には要注意!

好きなタイプを聞かれて「癒し系」とか「オラオラ系」なんて答え方をする人もいます。しかし、人のタイプを系統に分けてしまえばみな同じというわけでもありません。○○系という表現をしたいなら、手を抜いて大雑把に答えたような印象を与えないように注意してください。

ただ、○○系と言ってもらえるとタイプがイメージしやすいのは事実です。

○○系だけではなく、「○○系でひょうきんな人」というように、ジャンルの中でもさらにどんな性格や考えの人なのかが想像できる答え方を意識してみてください。




8.答える時の表情や速度も重要です!

好きなタイプを聞かれた時にどう答えるか、それは内容だけではなく表情や話す速度も需要ではないでしょうか。

さらっと答えてしまうといつも言い慣れている適当な返事だと見なされます。かといって、ウダウダと悩みながら一人でテンションが上がっているのも取り残された気分になりますし、面倒な相手と思わせてしまうことになります。

答える時は毎回真摯に答えているのが伝わるように、適度に悩みながら要点をまとめて伝えるようにしましょう。また、クールすぎる表情は相手にドキドキを与えることができません。

恥ずかしそうに振舞ったり、軽くはぐらかしたりしながら「動揺している?」「もしかして、こっちのこと好きだったりして?」とワクワクドキドキしてもらってください。その方がやりとりにも刺激が生まれて楽しめます。

9.好きなタイプは聞いてきた相手によって答え方を変えよう!

好きなタイプは聞いてきた相手によって答え方を変えましょう。

それが実際に好きな相手からの質問だったなら、相手にタイプがはまるように当てはまらない部分は伝えてはいけません。「君だよ」と言わなくても気づいてもらえるように、具体的に答えて上手くアプローチしていきましょう。

好きな人じゃなくむしろ距離を置いてほしい相手なら、わざとその人とはかけ離れたタイプを伝えるという方法もあります。聞いてきた相手が友達が多い人なら、わりと広く当てはまりそうなタイプを伝えて出会いの機会を設けてもらいましょう。

答え方を少し変えるだけで、こうやって相手に好意があることやないことを伝えることができ、お節介な友達からの恋愛の手助けをゲットできます。