ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

ナンパの成功方法10パターン!女性が教えるこんなナンパならついて行く!

ナンパの成功方法10パターン!女性が教えるこんなナンパならついて行く!

1.2対2なら安心!相談もしやすくてgood!
2.チャラいだけで警戒されるから好青年を派遣
3.「おごるよ」も露骨だと気が引ける
4.可愛く「お願いします!」に弱い女性も多い
5.すぐに誘わない!仲良くなってからの流れが大切
6.誘った場所から近いお店を選ぶこと
7.元気のない女性に優しく声をかけてみて!
8.テンションの高いグループには同じ雰囲気で!
9.とにかく褒める!気を良くさせてご招待
10.ナンパは人目も上手く利用して!

ナンパって、強く押しまくっても成功するわけではないんですよね!

そこで!女性目線からナンパの成功方法を伝授します!

相手を誘う時の話術、正しい状況判断を知って実践してみてください♪

1.2対2なら安心!相談もしやすくてgood!

ナンパをするなら、大勢よりも2対2くらいがいいかもしれません。

・・なぜなら、団体対団体だとどうしてもナンパを毛嫌いするメンバーが含まれてしまうからです。

誘ってきた側にイヤイヤ感マックスな人がいると気がのらなくなりますし、こちら側にも「ナンパなんて」と受け付けない真面目っ子やモテたことのない免疫ゼロ女子がいるとナンパにのっかることができません。

その点2対2なら安心です。2人が合意の上でナンパしたきたとわかりますし、こちらも「どうする?」とすぐにもう一人に相談できます。

団体だとタイプの違う子が含まれていることもありますが、2対2という少数なら価値感の合う仲良し同士でいることがほとんどなので意見も合わせやすいのではないでしょうか。




2.チャラいだけで警戒されるから好青年を派遣しよう

見た目がチャラいだけで警戒されることもあるため、女性グループに声をかける時は好青年を派遣しましょう。

グループ内で見た目が爽やかな人、物腰がやわらかい人を選んでみてください。その方が女性陣も安心して話を聞くことができます。

その後でチャラいメンバーがいると知るとドン引きされるかもしれませんが、その好青年があらかじめ「見た目がチャラい人もいるけど気にしないで!見た目だけで中身はいい人だから!」と伝えておいてください。好青年が保証するならと女性もほっとします。

3.「おごるよ」も露骨だと気が引ける

ナンパの手法として「おごるから」と声をかける人もいますが、「おごってもらえるからついて行くみたいで何だか嫌だわ…」と感じる女性もいます。ですから、「おごるよ」も露骨だとマイナス効果が働くと覚えておいてください。

ナンパをするならおごることは当然覚悟の上で、まずは「一緒に食事でも」と誘うことに専念してください。

その後で、さりげなく「おごるからそっちの心配もなく」とついでのように伝えるくらいがちょうどいいんです。

女性は流すように聞きながらもしっかりと条件をチェックしています。「おごってくれる」という発言に露骨にくいついたりはしないものの、そこがOKの基準になることは間違いありません。




4.可愛く「お願いします!」に弱い女性も多い

しつこいと拒絶されてしまうことも多いですが、可愛く「お願いします!」と頭を下げられるとたまらない女性だってたくさんいます。

それが成功するには甘いマスクであった方が確実ですが、顔に自信がなくても生理的に嫌われることのない清潔感があればうまくいくかもしれません。下心のかたまりのようなチャラいファッションはやめて、多くの女性が受け入れてくれそうな爽やかファッションと明るい笑顔で挑みましょう。

「お願いします!」と攻める時は、あえて人目を利用して女性の心を掴みます。

人が見ていると恥ずかしくなり、勢いでOKしてしまう女性もいます。また、多くの人が見ている前で自分が求められているなんて優越感でたまらなくなる女性もいるかもしれません。「いいけど…」と上から目線でOKされてもここは我慢をし、「ありがとう!」と無邪気に喜んで見せてください。

5.すぐに誘わない!仲良くなってからの流れが大切

ナンパを成功させたいならすぐに誘わないことです。

それだけが目的だと思われると、ナンパに慣れていない女子には話も聞いてもらえず早々に断られてしまうことになります。

まずはさりげない会話から始め、仲良くなっていきましょう。

道や時間を聞いてみるのが話しかけやすいですが、目的が達成されてしまうと途端に会話が続きません。「待ち合わせですか?」「ここってちょっとわかりにくい場所ですよね」というようなところから会話を始め、話が続けやすいように持っていってみてください。

ノリノリとまではいかなくても、何とかでも相手をしてもらえればOKです。「急に話しかけちゃって…」とさらに根気強く会話を進めましょう。




6.誘った場所から近いお店を選ぶこと

ナンパをする時は、誘った場所から近いお店を選んで「一緒にどうですか?」と言ってみてください。

いくらいい人だと思っても、移動距離が長かったりすると女性も億劫に感じます。それに、交通の便が悪いお店だと帰りの電車が気になったりもして気軽にはついて行けません。「すぐそこだし、行ってみるか」とついでくらいのノリが受け入れやすいんです。

ただ、人によっては客引きと勘違いされてしまう場合もあります。

ぱっと見渡すフリをして、「そういえば、あそこのお店美味しいんですよ」と思い出した感じで選んで見せましょう。すると、仕込ではないと女性も気づいてくれるのではないでしょうか。外観から店内の様子がわかるような、ガラス張りのお店や1階のお店を選ぶとなおさらイメージしやすくなります。

7.元気のない女性に優しく声をかけてみて!

ナンパをする時は元気のない女性に声をかけてみるというのも使える手です。「どうしましたか?」と体調を気遣いつつ、心を徐々に開かせましょう。

女性が元気なくひとりで歩いている時、待ち合わせをドタキャンされたとか何かのトラブルに巻き込まれた可能性があります。その空いた時間や心のざわつきをどうにかしてあげるべく、救いの手を差し伸べるような雰囲気で優しく誘ってみてください。

女性があまりにも落ち込んでいるなら、無視したり睨まれたりすることもあります。

しかし、誘うと決めたらそれにも怯まず、「ごめんなさい。どうしても気になってしまって」と静かにアタックしましょう。「良かったら少しだけ話しませんか?」と足を止めさせればその後も期待できます。

8.テンションの高いグループには同じ雰囲気で挑む!

グループ対グループの時は、相手のテンションに合わせて誘うべきです。

相手のグループがすでに酔っていたりしてハイテンションであるなら、こちらも「ハイテンションでいこう!」と声をかけてまずは仲間を盛り上げましょう。それから元気良く相手グループに声をかけるのです。

声をかける時は、ぱっと見リーダーっぽい人に声をかけると話がすぐに通ります。

リーダーは仲間が受け入れそうな同じノリのグループじゃないと門前払いなはずなので、どさくさに紛れて同じノリで仲間入りできるようなノリで向かいます。相手が酔っているならこちらもちょっとほろ酔いの演技をし、楽しい雰囲気を演出してください。




9.とにかく褒める!気を良くさせてご招待

ナンパを成功させるにはとにかく褒めることです。

個人同士なら相手の可愛さやスタイルの良さを褒めてもいいですが、グループなら「みんな可愛いね」とまとめて褒めてしまったり、「雰囲気がいいね」と全体的に褒めるのもいいでしょう。褒められて気分の悪い人なんていません。調子のいいヤツと思われても、ただ誘うよりはずっとマシです。

そのままあしらわれつつも、相手がクスッと笑ったり嬉しそうにした時こそチャンスです。

気を良くさせてから美味しいお店にご招待してください。愛想のいい相手なら「気に入ったからナンパしました」と潔く認めてしまった方が話が早いですし、裏表のない性格だと思って安心してもらうこともできます。褒めつつそんなリアクションを見ながらさらにたたみかけましょう。

10.ナンパは人目も上手く利用して!

ナンパはこそこそとやると相手を警戒させてしまうことがあります。恥ずかしくても、むしろ人目を上手く利用するくらいがいいかもしれません。

人前で褒められたり、ナンパされることに優越感を抱く人も多いんです。

その心理を利用して「ぜひ!」と懇願してみてもいいですし、周りが羨むような優しいトーンで会話を進めるのも成功へのポイントです。