ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

人の目を気にしない方法は?人の評価を期待しないことがコツ?

人の目を気にしない方法は?人の評価を期待しないことがコツ?

1.一人になる事を恐れない
2.人の評価を気にしすぎない
3.出来ない事は出来ないと割り切る
4.物事に優先順位を付ける
5.頑張れば必ず認められるとは限らない事を知る
6.まとめ

誰でも人からの評価は気になるものですよね?

人から高評価を得るために、自分をひたすら押し殺すことが、自分にとって本当に幸せな事なのでしょうか?

1.一人になる事を恐れない

新しいコミュニティーに属すようになると、自分と意見の近そうな人とグループを作りたくなりますよね!

そのきっかけはたまたま席が近かっただけというときもあれば、学校で部活が一緒だから、同じ学校出身だからなど様々です。

会社や学校などのコミュニティーに属していると、とかく人はこうしたグループに属したがるのですが、自分の属したグループの人がみな自分と同じ考えや価値観だとは限りません。

表面上、上手くいかせるためには波風が立たないように周りの人に合わせる事をいつの間にかしてしまうのです。いつも周りにたくさんの人がいて友人も多く、人間関係が豊かで華やかな生活を送っているように見える人でも、実はその関係を維持するために自分を押し殺していることもあります。

グループに属していると、なにかと便利で楽なことも多いので、なんとかそのグループの中で仲間外れにならないように自分を取り繕うようになります。でも、そんな風に人の顔色ばかり見ながら暮らすことに疑問を感じるなら、むしろどこにも属さず一人になるのを恐れない事も必要です。




2.人の評価を気にしすぎない

人は他人からの評価が気になります。頑張って仕上げた仕事を人から褒められればうれしいのは確かだし、次へのやる気を奮起する原動力になるものです。

人の評価はそれだけ自分のモチベーションに大きな影響を与えるものなのだとしても、それに振り回されるあまり自分を見失うようでは意味がありません。

人から良く思われたいというのは誰もが心の中に持っている欲求の一つで、誰だって人に嫌われたり悪く言われたりするのは嫌なものです。でも、冷静に考えてみれば、人の評価というのは必ずしも公正なものではない事が多いものです。

例えば、自分はそんなつもりは全くないのに、自分が発した言葉だけがひどく歪曲されて独り歩きし、相手に最悪の形で伝わってしまった経験はきっと誰にでもある事でしょう。

どうして自分の意図したこととは違う形で相手に伝わってしまうか、それは受け取った側の主観に評価がゆだねられているからにほかなりません。

つまり自分の発した言葉を受け取った側に多少の悪意がある場合、言葉をどんなふうにでも悪く言い換える事は簡単なことで、残念ながら悪意のある解釈をするのが得意な人というのも存在します。

そんな風にどう受け取られるかわからないようなものに神経をとがらせても時間の無駄でしかありません。だからこそそんな風にして受ける人からの評価を気にしすぎる必要はないのです。




3.出来ない事は出来ないと割り切る

仕事を任されれば、責任感を感じるとともにやる気が起きるものです。お給料をもらって働いている以上、結果を出して上司に褒められるような仕事をすることに喜びを感じるのは当然のことです。

仕事を任され、努力して仕事を成し遂げ、褒めてもらえて初めて人は成長するものだというのも確かです。

でも、例えば仕事の配分がどう考えても実現不可能なものだとしたら、一旦上司から命令されたものであっても、いくら冷静に判断しても時間が足りない事が判明したら早い段階でできない事を告げる必要があります。

これは努力もせずにできないと断る事とは全く意味が違います。仕事の配分を考えた時、できもしないものを抱え込んで結局締め切りに間に合わず、直前になって投げ出した方がはるかに職場が受けるダメージは大きいためです。

良い評価を受けたいあまりに、自分のできる範囲をはるかに超えた仕事を与えられてもそのこと自体に気づくのが遅れればかえって傷が深くなることを早めに理解しなければならないと言う事です。

上司の命令で仕事を任された場合、まずは自分が抱えている現在の仕事とどのように折り合いをつけて進めていくことができるのかを冷静に考えます。そして、どこの部分に無理があって期限までに仕事をすることが難しいのかを冷静に分析します。

そして上司に告げる際は「できません」ではなく「今現在この仕事がここまでできており、新しく任される仕事はここまでならできるけれど、ここから先はこうすれば間に合うがこのままでは遂行が難しい」といった具合に、相手が納得する形で説明する必要があります。

もしかすると人によっては部下から仕事を断られたことで逆上するケースもあるかもしれません。でも、「冷静に分析して今のままではできないけれど、こうすればできる可能性がある」という説明をする勇気を持つことの方が、結果的には会社にとってもずっとメリットがあるはずです。

だからこそ一時的な評価を気にせず、できない事は出来ないという勇気を持つことはとても大切です。




4.物事に優先順位を付ける

仕事の手順が悪い人というのはどこにでもいます。多くの場合手順の悪い人というのは、優先順位の付け方がうまくないために必要以上に時間がかかってしまうものです。

仕事が忙しいのは誰でも同じですが、いつもバタバタと何かに追い掛け回されて忙しそうにしているのに人よりも仕事をこなせずにいる人は、優先順位の付け方が下手なことが多いようです。

どんな小さな事にも全力投球するというのは一見すると人から高評価を得られるように感じられますが、優先順位をつけて効率よく仕事をこなさない限り、単なるイメージの良さだけで終わってしまう事が考えられます。

次から次へと様々な仕事が舞い込んでくれば、優先順位を上手につけられない人はいずれパンクしてしまう事でしょう。手を抜くというととても悪い事のように考えてしまいがちですが、そんなに時間を割いて丁寧にしなくても良いものと、慎重に時間をかけて行わなければならない事は必ずあるものです。

そしてすぐに取り組まなければならない事と、少し後に回しても済む事を見分ける目を持つことで、順序立てて仕事が進めやすくなります。

相手に気を使いすぎて優先順位をつけにくくしているのは自分自身に他なりません。まずは気を使う事よりも物事の優先順位を上手につけられるようにすることが大切です。




5.頑張れば必ず認められるとは限らない事を知る

子供の頃、たとえうまくいかなくても頑張ったことを褒めてもらった経験は誰にでもある事でしょう。幼い子供はそうやって成功体験を積むことで頑張る力を培っていくのかもしれません。

大人になれば頑張ったことが必ず報われるとは限りません。頑張ったけれど結果がきちんと出せなかったことはそのまま評価されてしまいます。でも、それは当たり前なのだと理解することです。人の評価は確かに気になるし、誰だって仕事で結果を出してよい評価を受けたいものです。

でも、だからと言って頑張れば必ず認めてもらえるとは限りません。認めてもらえない事で必要以上に落ち込んだ時間を過ごしているよりも、そういう事もあるのが当然だと割り切るのを覚える事が必要です。

6.まとめ

人の目を気にしないで生きるというと、図太くふてぶてしく生きろとすすめる人もいます。確かにその通りなのかもしれませんが、それだけではやはりだめです。

人の目を気にしないというのは必要以上に人の評価に期待しないという言い方もできます。

頑張って努力してもダメだったら、「そんなこともあるさ」と受け流す心のゆとりを持つことこそ、人の目を気にしないで生きるためのポイントではないでしょうか。