ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

悲しすぎる結末!「自然消滅しやすいカップルの特徴」とは?

悲しすぎる結末!「自然消滅しやすいカップルの特徴」とは?

1.忙しい男女のカップル
2.共通の趣味がないカップル
3.遠距離恋愛のカップル
4.浮気していると誤解されている人
5.まとめ

別れを告げる事もなく、いつの間にか恋愛関係が消えてしまう・・。このような悲しい結末を「自然消滅」と呼びます。

これまでカップルになった経験がある人の中にも、自然消滅を経験した人がいるかもしれません。

自然消滅しやすいカップルや人には特徴があります。

そのため一度自然消滅を経験した人は、同じような経験を何度もするかもしれません。

「もう自然消滅は嫌だ」と思う人は、自然消滅しやすいカップルや人に共通する特徴をチェックして、自分の言動を振り返るようにしましょう。




1.忙しい男女のカップル

自然消滅をするカップルは、彼氏も彼女も「忙しい人」かもしれません。

仕事が忙しかったり、習い事や資格取得に忙しい男女が付き合っている場合は、自然消滅してしまう可能性が高いです。

例えば、しばらく連絡を取り合っていない場合、忙しくない彼氏や彼女なら、自分から連絡を取って、相手の様子を確かめる事ができます。しかし忙しい彼氏と彼女の場合は、忙しすぎて連絡を取る事ができません。

そもそも長期間連絡を取っていない事にすら気付けないかもしれません。仕事が忙しくていつの間にか一週間が過ぎ、一か月が過ぎてしまい、気が付けば相手と連絡が取れない状況になっているかもしれません。

お互いが同様の感覚なので、音信不通の時期が長くなり、「連絡しにくい」くらい時間が空いてしまう可能性が高いです。付き合ってから長いカップルなら問題ありませんが、付き合いたてのカップルの場合は、音信不通の期間が長い事は致命傷になりかねせん。

忙しくても、メールやSNSなどの短時間で連絡を取り合えるツールを使えば、自然消滅してしまうほど、関係を放置せずに済むかもしれません。しかし忙しすぎる彼氏や彼女は、ちょっとしたツールを使って連絡を取るような、「心の余裕」がないかもしれません。

仕事や習い事に夢中で、「もっと頻繁に連絡を取った方がいい」という事にすら気付けない可能性があります。このような忙しすぎる男女が付き合った場合は、自然消滅してしまう可能性が高いです。

また今後も、同じような恋愛を繰り返す可能性も高いです。それでも付き合ってしまうのは、お互いの感性が似ていて、「仕事を優先する」「何かに夢中になる」という琴線が同じだからかもしれません。

何度も自然消滅を繰り返し、そのむなしさに本気で気付いた場合は、行動をあらためて恋愛の優先順位を少し上げるようにしましょう。




2.共通の趣味がないカップル

共通の趣味がない彼氏と彼女が付き合った場合は、一緒にいる時間を「何となく」過ごしてしまう事になりやすいです。

特別に盛り上がる話題もなく、一緒に夢中になって何かをする事もなく、無為な時間を過ごしてしまいます。このような時間を繰り返しているうちに「何で一緒にいるんだろう」とか「付き合うメリットはあるのだろうか」などという疑問が生じてしまいます。

そして何となく会う機会が減り、いつの間にかどちらも連絡をしなくなり、自然消滅への道へと進んで行きます。

一方で「ゲームが好き」とか「映画が好き」など、分かりやすい共通の趣味がある場合は、一緒にいる時間が濃密になるため、自然消滅する事は少なくなります。楽しい時間を過ごす事ができれば、恋愛は楽しくなりますし、結婚に進んで行く事ができるかもしれません。

また趣味が同じ場合は、ちょっとしたディティールの違いでケンカになる事も多くなります。このようなカップルも「喧嘩別れ」をするため、自然消滅にはなりません。

熱くて濃密な時間を過ごす事ができるため、別れた後で「あの時は楽しかった」と、良い思い出にする事ができるかもしれません。共通の趣味といっても、お互いが鉄道オタクだったり、韓流好きだったり、アイドル好きだったりと、濃すぎる趣味を持つ必要はありません。

例えば「食べる事が好き」などというちょっとした共通の趣味でも、カップルが楽しく過ごすための材料になります。「次はどこで食事をしよう」と次のデートを楽しみにできるため、自然消滅をする可能性はかなり低くなります。

共通の趣味がなく、自然消滅しそうだと感じているカップルは、何か共通して好きな事はないかどうか探してみてはいかがでしょうか?

小さな共通点でもみつかれば、そこが楽しいカップルになれる糸口になるかもしれません。




3.遠距離恋愛のカップル

離れた場所で暮らしているカップルは、やはり自然消滅しやすいです。近くにいれば、会いたい時に会いに行く事も容易ですが、遠くにいる場合は大変です。

好きな気持ちが強く高まっている時は、無理をしてでも相手のところに行く事ができます。しかしちょっと恋愛の熱が下がってしまえば、遠くまで行く気持ちが弱くなります。そして会わない時間が長くなると、お互いがお互いの事を彼氏や彼女だと思う気持ちが希薄になっていきます。

「付き合っている」という事を実感できなくなってしまい、連絡を取る事も止めてしまう可能性が高いです。遠距離恋愛中のカップルは、できるだけ楽にお互いの距離を縮める方法を考える必要があるかもしれません。

例えばSNSを使って「実際に会っているような気持ち」になる事も大切かもしれません。またお互いの生活している場所の中間地点で会うなど、片方の負担が大きすぎないよう、気遣う必要があるかもしれません。

また思い切って結婚をしたり、転職して近くで生活するなど、恋愛を優先する選択をする事が必要になるかもしれません。

4.浮気していると誤解されている人

カップルだと思っていたのに、気付いたら全然連絡が来ず、連絡をしても音信不通になり、自然消滅している事があります。

このようなケースでは、どちらかが「浮気を疑われている」可能性があります。仮に本当に浮気をしている場合は、積極的に連絡を取って謝罪をして関係を続けようとするかもしれません。

しかし浮気が誤解で、浮気を疑われているという自覚がない人は、自分から積極的に連絡を取らない可能性が高いです。音信不通になっても「忙しいのかな」と考えて、放置してしまうかもしれません。自然消滅をした後になって、相手から「浮気してたでしょ」と言われて、驚いてしまう人もいるでしょう。

このケースでは、浮気をされたと思い込んで、決めつけてしまう彼氏や彼女に問題があるかもしれません。浮気を本当にされてしまった場合は、相手から謝罪をされるまで、連絡を取らないというのも一つの選択肢だと思います。

しかし相手が浮気をしていない場合は、怒っている気持ちが相手に伝わりません。相手からの謝罪も当然ないため、自然消滅への道へと進んでしまう可能性が高いです。

浮気をされたと思ったら、相手に問いただすようにしましょう。意外と浮気などされていない可能性が高いはずです。浮気相手だと思っていた人は、会社や学校の同僚や友達、または兄弟かもしれません。

事情が分かれば笑い話で済むような事で、別れてしまうのは悲しすぎます。




5.まとめ

カップルが自然消滅してしまう…このような悲しい結末を繰り返す人は、自分の恋愛に対する態度に問題があるかもしれません。

「恋愛の優先順位」が低すぎる可能性があります。仕事や習い事に忙しい場合でも、ちょっとした工夫で相手と連絡を取り、関係を育む事ができるはずです。

彼氏や彼女の事を思い、「手放したくない相手」だと思った場合は、自然消滅をしないようにしっかりと努力をしましょう。

手放してから「手放すべきでない相手だった」と思っても、後の祭りだからです。