ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

付き合いたてなのに自分から連絡しない!彼氏と彼女「10の心理」とは?

付き合いたてなのに自分から連絡しない!彼氏と彼女「10の心理」とは?

1.そもそも連絡をマメにしない人
2.返事が来ないことが怖い人
3.単純に忙しい人
4.恋愛経験が少ない人
5.自分から連絡するのが恥ずかしい人
6.相手に迷惑かもしれないと思う人
7.それほど好かれていないと感じている人
8.相手から連絡がないと不安になる人
9.好き過ぎる気持ちを隠している人
10.相手をコントロールしたい人
11.まとめ

付き合ったばかりの頃、ラブラブなのでお互いが良く連絡を取り合う時期ですね!

こんな素敵な時期に相手から連絡がないと、不安になるかもしれません。

自分から連絡をしてこない彼氏や彼女は、どのような理由で連絡をしないのでしょうか?

その時の彼氏や彼女の心理状態を知っておきましょう!

1.そもそも連絡をマメにしない人

元来の性格が「めんどくさがり」で、付き合いたてのラブラブ期でも自分から連絡をしない人がいます。

もし「何で連絡をしてくれないの?」と聞いたら「めんどくさいから」と身もふたもない返事をするかもしれません。または「待っていれば連絡をくれるかなと思って」と答えるかもしれません。

どうせ連絡を取る事ができるなら、相手に連絡をしてもらいたい…このように考える性格の男女は少なくありません。特別な理由もなく、生まれ持った性格が原因なので、きっと今後も自分から積極的に連絡をしてくる事はないでしょう。

しかしマメでない性格、めんどくさがりの性格の男女は、「浮気をしない」という特徴があります。浮気はマメでないとできない事だからです。

「浮気の心配がないだけましだ」と思って、相手の性格を尊重して付き合うのがベターかもしれません。




2.返事が来ないことが怖い人

自分が「10」連絡をした時に「10」返事がないと怖くなる人がいます。

「9」や「8」だと、自分が愛されていない証拠だと思ってしまうからです。

自分に自信がない男女や、自尊心が低い男女に多いタイプです。相手の心理状態を理解すれば、「自分から連絡をしてあげよう」と思えるようになるかもしれません。

積極的に自分から連絡を取り、相手を安心させてあげましょう。

3.単純に忙しい人

仕事の締め切りが迫っている男性や、資格取得のための試験が近づいている女性は、単純に忙しすぎて、連絡をしてこない可能性があります。

「仕事が忙しい」「試験が近いから」と言ってくれれば分かりやすくて良いですが、忙しい事をアピールするのが苦手な人もいます。単純に忙しい時期が過ぎれば、きっと相手からも連絡が来るようになるでしょう。

忙しい時はお互い様だと思い、相手から連絡がなくても怒ったり、理由を聞いたりしないようにしましょう。




4.恋愛経験が少ない人

恋愛経験が少ない人や、初めて付き合う事になった男性は、付き合ってからどのような態度を取ればいいか分からないかもしれません。

そのため、相手から連絡が来るのを待って、自分から連絡を取ってこない可能性があります。

このタイプの男女は、連絡をすると、すぐに返事が返ってくる可能性が高いです。相手を好きな気持ちは強く、恋愛に対しての熱は強いためです。ただどう恋愛していいのか、まだ分からないだけです。

自分から連絡をしても問題ないと分かれば、向こうから連絡をしてくるようになるでしょう。初々しい可愛い彼女や彼氏だと思って、付き合い始めの時期を楽しむようにしましょう。

5.自分から連絡するのが恥ずかしい人

付き合ったからといって、自分から積極的に連絡をするのが恥ずかしいと感じる人がいます。モテる男性や女性に多いタイプです。

それまでの恋愛で、いつも相手から積極的にアプローチしてもらうような受け身の恋愛をしてきている男女は、自分から連絡を取る事に慣れていません。

「自分の気持ちがこれまでと違い前のめり」という事に気付き、恥ずかしがっている可能性もあります。自分から連絡をする事に慣れてもらうまで、根気強く待つ必要があるかもしれません。

自分から連絡をする事は、別に恥ずかしい事ではないと気付いたら、普通に連絡をしてくるようになるでしょう。

6.相手に迷惑かもしれないと思う人

相手の事情を考えすぎてしまうタイプの人は、自分から連絡をすると相手に迷惑がかかると考えてしまいます。

「今連絡をしたら、仕事の邪魔をしてしまうかもしれない」、「お風呂に入っているかもしれない」、「ドラマを観る邪魔になるかもしれない」など、いろいろと考えてしまう優しくて真面目なタイプの男女です。

このようなタイプの人に、自分から連絡をしてもらうようになるためには「連絡をしてもらう事は全然迷惑じゃない」と伝える事が大切です。

仕事中でもお風呂に入っている途中でも、連絡をしてもらいたいという気持ちを伝えると、それほど躊躇をせずに連絡をしてくれるようになるはずです。




7.それほど好かれていないと感じている人

付き合っているけれど、相手にそれほど好かれていないと感じている人も、自分から連絡がとりにくい感じになります。

「無理やり付き合ってもらった」とか「本当はそれほど好きじゃないのに、可哀そうだから付き合ってくれた」などと考えてしまっている人は、自分からは積極的に連絡を取る事ができないでしょう。

「本当に好きだ」という気持ちを伝える事で、相手が安心して、普通の恋人のように接する事ができるようになるかもしれません。

相手に告白されて付き合った人は、相手の片想いのような状態になったまま恋愛関係になっている可能性があります。

場合によっては、自分から告白し直してあげるような気配りが必要になるかもしれません。

8.相手から連絡がないと不安になる人

自分が連絡をするのではなく、相手から連絡がないと不安になるタイプの人もいます。やはり自尊心が低い、自分に自信がないタイプの人です。

自分から連絡を取ると、相手から連絡が来る機会が減り、安心できる機会も減ってしまいます。そのため自分から連絡する事を避けて、とにかく相手からの連絡を待つ可能性があります。

9.好き過ぎる気持ちを隠している人

相手の事が好き過ぎる事に気付いている男女は、自分から連絡を取る事を避けるケースがあります。自分の好き過ぎる気持ちを何とかセーブしようと努力している可能性があります。

自分の気持ちをセーブせずに、好き過ぎる気持ちのままぶつかって欲しいと思う人もいるでしょう。そのような人は、気持ちを素直に伝えてみましょう。

また好き過ぎる気持ちをストレートに表現し過ぎて、前の彼氏や彼女の負担になった経験がある人かもしれません。同じ失敗をしないように、気持ちと行動をセーブしようと努力している可能性があります。

「自分は前の彼氏や彼女とは違う」という事をアピールして、気持ちをそのまま受け止めてあげる事ができれば、相手からどんどん連絡が入るようになりそうです。




10.相手をコントロールしたい人

あえて自分からの連絡を少なくする事で、自分を優位な立場にしたいというタイプの彼氏や彼女もいます。

恋愛中でも自分がふたりの関係をコントロールしたいと思うタイプの人です。このようなコントロールしたい性格を見抜いて、あえてコントロールされているふりをしてみてはいかがでしょうか?

相手は自分をコントロールしているつもりでいるけれど、それを見抜いていれば上手に立つ事ができます。突然、自分から連絡を取るのを止めてみるなど、ゆさぶりをかける事も可能です。

恋愛ゲームが好きなタイプの人なら、このような相手と付き合うのは刺激的で楽しい日々になる可能性が高いです。

11.まとめ

付き合いたてなのに、相手から連絡がないと、いろいろな事を考えて不安になってしまいがちですよね!

しかしほとんどの場合は取り越し苦労で、相手は自分の事をきちんと好きでいてくれます。

連絡が来ないのにはそれなりの理由があり、隠された心理状態があると理解すれば、怖がる必要もなくなります。