わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

結婚したい女性と結婚したくない女性の条件は?

 2018年8月11日

結婚したい女性と結婚したくない女性の条件

1.結婚したくない女性の条件は?
2.運動習慣がある女性
3.家事ができる女性
4.就業経験がある女性
5.まとめ

1.結婚したくない女性の条件は?

まずはじめに、結婚したくない女性の条件を考えてみましょう!

・運動習慣がある
・家事ができる
・就業経験がある

これらの条件に当てはまらない女性とは、正直遊びでも付き合いたくありません。結婚などもっての外です。

まず、運動習慣がない、これは、女性として美しくあろうとする努力を怠っています。週に数回程度の運動で、体の美しさは十分に保てます。その程度の努力ができない人は、後の人生でも努力をせず、なんらかの不利益を生み出す可能性が高くなります。

次に、家事ができない。実家に住んでいて、家事も洗濯もできないとあれば最悪です。いくら女性の社会進出が進んで、給与の格差がなくなり、家庭的な男性が増えている時代といえども、女性の家事の負担が減っただけで、家事そのものがなくなるわけではありません。

男女で分担して家事をする時代になったに過ぎません。そこを履き違えてイクメンだとか、主夫といった言葉だけ取り上げて、自分は家事をしないというのはナンセンスです。お互いに助け合う思考がない女性とは結婚したくありませんね。

最後の就業経験がないについてですが、正社員でも派遣でもなんでもいいので、お金を稼いだ経験がない女性は、これからの時代において通用しないでしょう。これまでの時代ならば、男性に依存して自分は働かないという事もできたでしょう。

いまはインターネット環境さえあればどこでも仕事ができる時代です。とはいえ、就業経験がないとお金を稼ぐ構造が見えにくいというのが現状でしょう。ネットで仕事をしつつ主婦をするにしても、いちどくらいは就業経験があったほうがいいでしょう。




2.運動習慣がある女性

運動習慣がある女性は、化粧できれいに見せるだけでなく、体の美しさを保つことにも余念がありません。なので、そのような女性はほとんどの場合、習慣的に運動をしていることでしょう。

運動の習慣があることのメリットとして、第一にボディラインが美しくなることが挙げられます。第二に、運動習慣と栄養管理は表裏一体です。運動の効果を最大にするのは、食事管理が不可欠です。

運動を習慣にすることによって、自然と栄養学にも詳しくなり、食生活までも健康になります。また、運動を習慣にすることによって、規則正しい生活と、それによってストレスが溜まりにくい生活が手に入ります。

筋トレにしろ、ジョギングやヨガにしろ、運動をしたあとには十分な急速が不可欠です。健康な肉体と健全な精神は日々の習慣によって作られます。お互いに運動習慣がある夫婦は、心身ともに健康でいられる可能性が高いでしょう。

このように運動は、美容面、健康面、精神面にいい影響があります。運動習慣のある女性をパートナーにすることによって、お互いの人生が豊かになることは明らかです。




3.家事ができる女性

先に断っておくと、家事は女性がやらなければならないという話ではありません。古い時代の考え方はさておき、男性も家事ができたほうが、これからの時代に適しているといえます。

男性も家事ができる人は増えています。主夫やイクメンといった言葉も耳に新しい言葉ではなくなったのではないでしょうか。

このように男性の家庭進出が進んだ現在ですが、日本においては依然として、男性の方が仕事時間が長く、給与面でも高い金額がもらえるという傾向があります。

もっと時代が進めば、この限りではないでしょうが、いましばらくは女性のほうが家事に専念しやすい時代が続くでしょう。これは日本の職業システムに問題があるせいだと考えられます、あと数年は改善がみられないと考えたほうがいいでしょう。

加えて、オリンピック事情で、今後数年は建設業界の需要が高まり、男性の労働力が必要とされることが予想されます。

建設業はご存知の通り、上流に行けば行くほど、長時間労働の傾向が強いです。加えて、体力勝負なところがあるので、家に帰ってきて家事をする余裕などあるわけがありません。

建築業界を例に上げましたが、どの業界であっても、過渡期においては仕事量も増え、必ずしも家事をする余裕が確保できるとは言い切れません。これは男女どちらにも言えることです。あと数年は男性の方が仕事に追われる可能性が高いというだけです。

今後、AIの普及によって、間違いなく人間の仕事は減っていきます。それにより、家庭の時間を大事にすることが優先される時代になっていくでしょう。

ですが、生きていれば病気をすることもあれば、怪我をすることもあるでしょう。常に同じような時がすぎる、凪のような人生を送るのは不可能でしょう。

いつ何がおきるかわからないからこそ、男性も女性も家事ができたほうが、お互いの負担を分担して、より豊かに暮らせるでしょう。




4.就業経験がある女性

就業経験と書きましたが、働く形態は何でも構いません。正社員であっても派遣社員であっても、アルバイトでも、「お金を稼ぐ」という経験がある女性ではないと、結婚相手にすると苦労するでしょう。

これからの時代は、AIの台頭によって、大きく働き方が変わることが予想されます。昔のように、毎朝何時に会社に出勤して、定時になったら帰る、もしくは残業をするといった働き方が当たり前ではなくなる時代が来るでしょう。

場所にも時間にもとらわれず、お金を稼ぐことが可能になります。すでにそのような働き方をしている人もいるでしょう。ですが、まだまだ少数です。

会社に縛られない時代の到来は、正直いつになるかわかりません。ですが、確実に訪れる未来の話です。そのような時代が訪れたときに、就業経験があったほうが、スムーズに適応できるでしょう。

何故かと言うと、どんな就業形態であっても、働くことによって、お金を稼ぐ構造を知ることができるからです。お金を稼ぐことに構造があることを知っているのと知らないのでは、大きく差があります。

いま現在のネットを使った働き方は、特にフリーランスで働いている人は、自分でビジネスの構造を理解、あるいは構築して稼いでいます。

営業であれば、営業成績に応じてインセンティブ(成果報酬)がもらえます。アルバイトであれば、時間に対する対価として給料をもらえます。自分で作品を作っている人は、売れた数だけお金をもらえます。

会社に所属するにしろ、自営業にしろ、「どうやってお金を稼ぐのか」を理解する事が重要なのです。会社に所属して働くことは、もっとも簡単に、この構造を理解することができます。

お金を稼ぐ構造を理解してさえいれば、社会や環境の変化があっても、場所や時間にとらわれずに、主婦をやりながらであっても関係なく稼ぐことができます。現在すでに、会社に属さずともお金を稼ぐことは可能ですが、一番手っ取り早くお金儲けを学ぶには、会社で働いてみることでしょう。

5.まとめ

一言で言うと自立した女性と結婚したいということです。

テクノロジーの発達に伴い、これまで以上に男女平等は進むでしょう。古い時代は、男性の方が経済的に優位でしたが、これからは男性のアドバンテージもなくなるでしょう。

これからの時代にパートナーとして女性に求められることは、時代の変化に適応できる女性である。ということになります。

体力、経済力、生活力をもつことで、男性も女性も、真にお互いを尊重できる時代になると思っています。