ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

見習いたい!?長続きするカップルに共通する11の特徴!

見習いたい!?長続きするカップルに共通する11の特徴!

1.ロマンチックなイベントを用意している
2.楽しいイベントを定期開催している
3.何でも話し合う
4.浮気をしない
5.距離感を大切にしている
6.意外とケンカもするふたり
7.好きな気持ちを伝え合っている
8.楽しい時間を過ごそうとしている
9.「結婚」しない選択肢を持っている
10.自立したふたりが付き合っている
11.食事の趣味が合うふたり
12.まとめ

付き合ってすぐに別れてしまうカップルもいれば、いつまでも長続きするカップルもいます。

長続きするような理想のカップルは、他のカップルに比べてどのような違いがあるのでしょうか?

「長続きするカップルに共通する11の特徴」をご紹介します!

1.ロマンチックなイベントを用意している

長続きするカップルは、恋人気分が薄れないカップルです。・・とはいっても、付き合い始めてから長くなれば、付き合ったばかりのようなラブラブな気持ちは薄れてしまいがちです。

長続きするカップルは気持ちが薄れてしまわないような、ちょっとした事を日常的に行っています。

例えば「ロマンチックなイベント」がそうです。

夜景の見える美しい景色のレストランで食事をしたり、ディナークルーズに乗って食事やお酒を楽しむような、ラブラブなカップルしかしないようなロマンチックなイベントを、自然と楽しんでいます。

ロマンチックなイベントに参加すると、周囲のラブラブなカップルの影響を受けて、付き合い始めのような気持ちを取り戻す事ができるでしょう。




2.楽しいイベントを定期開催している

カップルになって時間が経つと、デートをするのも面倒になり、お互いの家に入りびたりになりがちです。

テレビを見たり、それぞれが好きな本を読んだりゲームをしたりと、空気のような存在になりがちです。「何で付き合っているんだろう」と疑問を持つのはこのようなタイミングです。

長続きするカップルは、「楽しいイベント」を定期的に開催しています。

夏になれば登山にでかけたり、行った事ない海外の国に出掛けたり、人気のある飲食店の行列に並んでみたり、お祭りに参加をしたりと、楽しいイベントを開催したり、参加したりします。

野外フェスや催し物などは、調べてみると毎週末のように開催されていますし、まだしていない面白そうなイベントは思ったよりもたくさんあるものです。

3.何でも話し合う

長続きするカップルは、気持ちのすれ違いが少ないカップルです。そのために「何でも話し合う」ように心掛けています。

ランチで何を食べるかについて熱く話し合いをしたり、好きなテレビ番組や好きなアイドルなどの話も、包み隠さず話すようにします。

毎日のように好きな物や気になる物を話し合う事で、お互いの気持のずれが少なくなり、別れる原因になるような気持ちのすれ違いが起こる事もなくなります。

「くだらないかも」とか「言うのが恥ずかしい」などと思って、言いたい事を言わなくなる事が、長期的に見ると別れの原因になりかねません。長続きするカップルのように、ちょっと恥ずかしいような事でも、何でも話し合うようにしましょう。




4.浮気をしない

長続きするカップルは、決定的な別れる原因を作らないふたりが付き合っています。

例えば「浮気」は別れる原因になりやすい決定的な出来事です。長続きするカップルは、彼氏も彼女も浮気をしませんし、浮気を疑う事もありません。

同様に男性が女性に暴力を振るったり、女性が男性の致命的な欠点を指摘するような、決定的な別れの原因は自然と避けています。「これをしたら別れる原因になりそうだ」という事は、絶対にしないようにしましょう。

5.距離感を大切にしている

彼氏が彼女を好き過ぎて、束縛してしまったり、彼女が彼氏を好き過ぎて、数分ごとに連絡を取ろうとしてしまうケースがあります。

カップルのどちらかが、距離感を間違えてしまうと、それが別れの原因になってしまいます。長続きするカップルは、彼氏と彼女が快適に暮らせる距離感を知っていて、その距離感を大切にしています。

彼氏が一人でいたい時は、彼女は声を掛けずにそっとしてあげたり、彼女が寂しそうにしている時は、彼氏が積極的に近づいて楽しい気持ちにしてあげたりします。

長続きするカップルになるためには、付き合い始めてから早い段階で、ふたりにとって最適な距離感をみつける事が大切です。見つける事ができたら、その距離感をキープできるように相手を気遣ってあげましょう。

6.意外とケンカもするふたり

何年も付き合い続けられるようなカップルは、全然ケンカをしないかといえば、そんな事はありません。

小さなケンカは意外と多くする代わりに、大きなケンカをせずに済んでいるカップルが多いです。小さなケンカは、お互いの意見を素直に話し合っている結果で、深刻な問題にはなりません。

何でも話し合い、小さなケンカを繰り返すことで、ふたりにとっての最適値をみつける事ができます。全然ケンカをせずにいるカップルは、どちらかがワガママを言っていて、どちらかが我慢している可能性が高いです。

我慢できなくなってしまえば、別れに発展してしまう可能性が高いでしょう。




7.好きな気持ちを伝え合っている

「好きだよ」とか「愛してる」などという、少し照れくさい言葉は、付き合って何年も経つと恥ずかしくて言えなくなるかもしれません。

しかし長続きするカップルは、自然と相手に好きな気持ちを伝える事ができます。ちょっと冗談ぽく伝えたり、カードや手紙で好きな気持ちを伝えたり、プレゼントを贈る事で、好きな気持ちを伝えたりしています。

8.楽しい時間を過ごそうとしている

長続きするカップルは、ふたりでいる時間は基本的に「楽しい時間にしよう」と努力しています。

ほんの小さな努力かもしれませんが、「相手がどう思っても構わない」と思っているカップルよりも、「楽しく過ごそう」としているカップルのほうが、長続きするのは言うまでもありません。

楽しくもないのに、カップルでいる必要はないと考えた方が自然です。せっかくカップルでいるのなら、できるだけ楽しい時間にするようにしましょう。

9.「結婚」しない選択肢を持っている

付き合って何年も経つのに、結婚をしないカップルがいます。それでも二人は仲よく、幸せそうです。

このようなカップルは「結婚がゴールでない恋愛」という選択肢を持っています。恋愛そのものを楽しみたい、一緒にいる時間そのものを大切にしたいと思って、付き合っています。

どちらかが結婚をしたいと強く思えば、この関係は消えてしまうかもしれません。しかしお互いが独身主義の場合や、結婚にこだわりがない場合は、長続きしやすい関係です。




10.自立したふたりが付き合っている

彼氏も彼女も、相手に依存していない、自立したふたりが付き合っている場合は、しあわせな関係が長続きしやすいです。

彼氏がいなければダメだと感じる彼女や、彼女がいないなら死んだ方がマシだと思うような彼氏を持った時に、相手がどのように感じるかを思えば理由はすぐに分かります。

自分がいなければ相手がダメになってしまうような関係性は「重い」です。一時的には良くても、いずれ重さに耐えられなくなり、別れる事になるでしょう。ふたりとも自立していれば、重さを感じる事がありません。

11.食事の趣味が合うふたり

共通の趣味がなくても、食事の趣味が合うカップルは長続きするといわれています。

食事は1日に2回から3回程度あり、その時間を楽しい時間にできれば、十分に幸せだからです。一緒に美味しいお店に食事に行く事ができたり、自炊する事を楽しむ事ができるカップルは長続きしやすいです。

12.まとめ

長続きするカップルに共通する特徴をチェックしました!

ちょっと大人で、相手の事を気遣えるふたりが付き合うと、関係性が長続きする事が分かります。

自分の事だけでなく、相手の事を考えて、一緒にいる時はできるだけ楽しい時間を過ごせるように心掛けるだけで、長続きするカップルの仲間入りができますよ!