ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

「誰かに嫌われているかも」と感じる時の6つの対処法とは?

「誰かに嫌われているかも」と感じる時の6つの対処法とは?

1.嫌われるのは当たり前だと割り切る
2.意見をハッキリ言えている自分を誇る
3.自分を好きな人を探す
4.なぜ嫌われたのか理由を考えてみる
5.自分から悪口を言わない
6.自分を高める方向で努力をする
7.まとめ

「誰かに嫌われているかも」と感じる瞬間があるかと思います。

それが自分にとって大切な人だった場合、ショックを受けるかもしれません。

誰かに嫌われているかもしれないと気付いた時に、どのような態度を取るべきでしょうか?

どのような考え方をすれば、無駄に傷ついたりせずに済むのでしょうか?

「誰かに嫌われているかも」と感じる時の6つの対処法をご紹介します。

1.嫌われるのは当たり前だと割り切る

自分が誰かに嫌われていると気が付いた時は、深く傷つくかもしれません。

嫌われてしまう自分の性格に問題があると考える人もいるかもしれません。

しかしこのような考え方は、世の中を渡っていく上で、適切な考え方とはいえないかもしれません。嫌われた事に気が付いて、傷ついてしまう人は「人は嫌われるべきではない」と考えている人です。

また「人は基本的に嫌われない」と考えている人です。しかし現実的に考えれば、「人は嫌われて当たり前」です。世の中には性格が合わない人や、利害関係が一致しない人はたくさんいるのですから、嫌われる事もあります。

一人や二人の人から嫌われたからといって、その人に問題があるとは限りません。

例えばあなたの事を好きな男性がいて、その男性の事を好きな女性がいる場合は、男性が好きなあまりに、あなたの事を嫌ってしまうかもしれません。この場合は、あなたが魅力的なだけであって、性格的に問題があるわけではありません。

人はいつの間にか、相手の勝手な考えで、嫌われてしまう存在です。だとすれば、嫌われたからといって、その度に傷つく必要はありません。

生きていれば嫌われるのは当然だと割り切る事ができれば、生きるのがもっと楽になるはずです。




2.意見をハッキリ言えている自分を誇る

人に嫌われやすい人は、誰に対してもハッキリとした意見を主張できる人かもしれません。

意見を主張すれば、その意見を良く思わない人も出てきます。意見をハッキリと言える人は、他の人から嫌われやすい人といえるでしょう。

この場合は、「自分がハッキリと意見を言える」という事にフォーカスして、嫌われている事は忘れてしまいましょう。意見を言える自分の事を、誇りに思うようにしましょう。

これから社会で活躍するためには、例え嫌われてしまったとしても、ハッキリと意見を言い続ける必要があります。意見を言う事ができなければ、他の声が大きな人の意見に従って生きて行くしかなくなってしまいます。

それでは本当の人生を送ったとはいえないかもしれません。

日本人としては珍しいタイプになるかもしれませんが、欧米などに行けば意見を言うのは当たり前です。将来的に世界を舞台にして活躍するためには、ハッキリと意見を言える事は強い武器になります。

嫌われてしまった事にだけフォーカスせずに、自分のストロングポイントだと認識しましょう。

3.自分を好きな人を探す

誰かに嫌われて、落ち込んでしまいそうになった時は、自分の事を好きな人を探してみましょう。

自分を嫌う人と同じくらい好きな人がいれば、その人にはまったく問題がない事になります。彼氏や彼女はもちろん、友達でも、家族でもいいので、自分の事を好きだと思っている人の顔を思い浮かべてみましょう。そうすると嫌われた事で落ち込んだ気持ちが晴れていくでしょう。

現在ではなく、過去に自分の事を好きになってくれた人を思い出すだけでも気持ちが違います。小さな頃や学生時代の懐かしい友達や親戚の顔などを思い浮かべれば、きっと自分が愛されるべき存在だと気が付くはずです。

人は嫌われてしまう事もありますが、同じくらい誰かに必要とされる素敵な存在です。自分が誰かに愛されていて、必要されていると知れば、たとえ誰かに嫌われたとしても落ち込む理由にはなりません。




4.なぜ嫌われたのか理由を考えてみる

仲の良い友達や、彼氏や彼女などに嫌われてしまった場合は、「嫌われても仕方ない」と割り切る事ができないかもしれません。

自分のどの部分が相手を怒らせてしまったのか、嫌悪感を抱かせてしまったのか、一度立ち止まって考えてみてもいいかもしれません。冷静に客観的に、自分の行動や言動を振り返ってみましょう。

最近、友達や彼氏や彼女に対して、失礼な発言をしていないか考えてみましょう。また何度も誘いを断ったり、嫌がるような行動を取ってしまっていないか考えてみましょう。

もし心当たりがある場合は、言動を改めるようにしましょう。人は忙しすぎると、周囲の人に気を使えなくなってしまう事があります。また調子に乗っている時は、仲の良い人に失礼な行動を取ってしまう事があります。

友達や彼氏や彼女が「嫌い」というサインを出したのは、「言動を改めなさい」という合図かもしれません。

そのまま突き進んでいたら孤立してしまいそうなあなたを、心配して知らせるためのサインかもしれません。

5.自分から悪口を言わない

誰かに嫌われた時に、嫌った人の悪口を言い始める人がいます。

相手の「嫌い」というサインを、自分への攻撃だとみなして、防衛的な意味合いで、相手を攻撃するタイプの人です。「自分も嫌い」と悪口を言って思い込む事で、心が傷つくのを防ぐ意味もあるでしょう。

ただし、相手に対して倍返しのように悪口を言ってしまうと、お互いの関係が修復する可能性が消えてしまいます。あなたを嫌った人は、あなたの最近の行動に対して嫌いというサインを送ったのかもしれません。

つまり「あなたという存在」を、嫌ったわけではない可能性があります。あなたが少し態度を改めた途端に、元通りの仲の良い関係に戻れるかもしれません。

相手が自分の事を嫌っていると気付いた瞬間に、反射的に悪口を言ってしまうと、人間関係を修復するチャンスを逃してしまう事になります。誰かに嫌われたとしても、悪口を言わないようにしてみましょう。

相手に対して、それまでと変わらないように接しているうちに、自然と人間関係が修復して行くかもしれません。誰でもちょっとした誤解や、思い込みが激しいために、意味もなく相手を嫌ってしまう事があります。

自分の事を嫌っていると感じている人と、今後も仲良くしたいと思った時は、自分から悪口を言うのは避けましょう。




6.自分を高める方向で努力をする

誰かに嫌われたと感じた時は、嫌われないように努力しようとするかもしれません。

しかし、嫌われないように努力しようとすると、ハッキリと意見を言えなくなったり、のびのびと行動ができなくなるなど、ネガティブな方向に変化してしまう可能性もあります。

誰かに嫌われてしまった時は、嫌われないように努力しようとするのではなく、「もっと自分を高めよう」という方向に努力をするようにしましょう。

短所を消すのではなく、長所を伸ばすような方向性で努力をしましょう。

長所をもっと伸ばして、さらに魅力的になれば、あなたの事を好きになってくれる人が増えていきます。数人の人に嫌われた事など、意識する事ができないくらい、魅力的な人になる事を目指しましょう。

前向きな努力をして、自分を高める事ができれば、あなたの事を嫌っていた人も、好きになるかもしれません。

7.まとめ

誰かから嫌われたと感じた時は、必要以上に落ち込まず、それまでの自分を手放さない事が大切です。

「嫌われるのは当たり前」と呪文のようにつぶやいて、前向きな努力を続けましょう。

嫌われるのは人気者の宿命だと考えられるほど、嫌われる事を割り切れるようになれば、人の目を気にせずに行動する事ができるようになるはずです。