ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

覚えておきたい!「苦手な人とうまく接する7つの方法」を教えます!

覚えておきたい!「苦手な人とうまく接する7つの方法」を詳しく教えます!

1.適度な距離を置きましょう
2.良い所に注目しましょう
3.共通の話題を探しましょう
4.「取材」だと考えましょう
5.「修行」だと思いましょう
6.苦手な理由を分析してみましょう
7.幸せ貯金をしていると思いましょう
8.まとめ

誰にだって学校や会社に、「苦手な人」が必ず一人か二人いるものです。

苦手な人と完全に距離を置く事もできますが、それでは世の中が狭くなってしまいます。

また会社に勤めている人は、苦手な人が同僚の場合は、完全に避ける事は不可能です。

苦手な人と上手く接するために、どのような行動を取るべきなのでしょうか?

「苦手な人とうまく接する7つの方法」をご紹介します!

1.適度な距離を置きましょう!

苦手な人と上手く接するようにしようと意気込むと、いきなり距離を縮めてしまい、大変なストレスを感じる事になる可能性があります。

苦手な人は、どこまで行っても苦手なままという可能性が高いので、あまり距離を縮めないようにしましょう。適度な距離を置き、「つかず離れず」の関係性を気付く事が大切です。

そのために「連絡先を交換しない」というのもひとつの方法です。

例えばLINEのIDを交換してしまえば、相手が空気を読めない人の場合、メッセージが連発で送られてくるかもしれません。そのようなストレスフルな状況を作らないために、連絡先を交換しないようにしましょう。

連絡先を交換する場合も、会社のメルアドなど、公共性が高いものを選ぶようにしましょう。プライベートで仲が良い感じを出さない事が大切です。お昼休みに一緒にランチを食べないようにするなど、「防衛ライン」を事前に決めておく事も大切です。

会話をしたり仕事を一緒にするけれど、ランチを一緒に食べるところまでは近づけないよう、覚悟を決めておけば、距離が近すぎて困る事は少なくなるはずです。

2.良い所に注目しましょう!

苦手な人の事を「存在自体が許せない」となると、一緒の空間にいるだけでイライラしてしまいます。ほとんどの人は良い所と悪い所が同居しているものですので、できるだけ良い所に注目するようにしましょう。

例えば性格は悪くても仕事ができる人なら、仕事ができる点にフォーカスするようにしましょう。苦手な人が近くに来て不快だと感じた時も「仕事ができるから許そう」と思えるかもしれません。

その人が職場にいるとイライラするけれど、仕事ができて、仕事をたくさんこなしてくれるので、自分のボーナスも少し上がるかもしれないと思えば、ストレスも少なくなるかもしれません。

また「親の面倒を見ている」という美点があれば、「お父さんやお母さんから見れば、いい子供なのだろう」と違った角度でその人を見る事ができるようになり、感情的に許せる部分も出てくるでしょう。

3.共通の話題を探しましょう!

苦手な人と一緒に会話をしなくてはならないシチュエーションがあるかもしれません。苦手な人は空気を読まない人かもしれませんので、変な話題を振られてしまっては困ります。

例えば恋愛の話など、苦手な人とは絶対にしたくない話題を振られないように注意する事が大切です。できれば共通の話題を探し、その話題についてだけ話すようにすると良いでしょう。

その話題はもちろん、無難で「どうでもよいもの」がベターです。

例えば苦手な人が鉄道オタクで、自分に旅行の趣味がある場合は、鉄道と旅行についての会話に終始するようにしましょう。旅行先で乗ると良い特急列車などの会話をしていると、比較的平和な時間を過ごす事ができます。

基本的に相手にしゃべらせて、相槌をうつような会話にすると楽でしょう。敵対関係にならないような話題が良いので、スポーツや政治などの話は避けた方が良いでしょう。

「好きな食べ物」の話などは、誰とでも話す事ができて、どちらかといえば「どうでもよい話」です。相手が自分とはまるで違う食事の趣味だとしても、特に腹が立つ事もないためおすすめです。

4.「取材」だと考えましょう!

苦手な人と接している時に強いストレスを感じている人は、「今は嫌な人の取材をしている」と考えてみましょう。

例えば自分が小説家なら、様々な人と接する事は大切な取材の場になります。将来、小説を書くつもりで、苦手な人を冷静に、客観的に見るようにしてみましょう。

空気が読めない人なら、「空気が読めないキャラクターの取材」だと思うと、不思議と腹が立たなくなります。「この空気の読めなさは、リアルでいい」などと、前向きに捉える事ができるようになるかもしれません。

性格が悪い人と接している人は「悪役の取材」だと思うようにします。将来書く小説の悪役の取材だと思えば、「もっと性格が悪そうな事を言ってくれ」と思えるようになるかもしれません。

仲の良い友達に話すネタ作りだと思ったり、日記に悪口を書くための取材だと思えば、苦手な人と接する時間も、ある意味「有意義」になるでしょう。

5.「修行」だと思いましょう!

あまりにも苦手な人といるのが嫌な場合は、「修行」だと思うようにしましょう。

若い頃には苦労を買ってでもしろと言いますが、それはある意味本当の事です。若い頃に性格が悪い人とたくさん付き合った人は、その後に出会う性格が悪い人との接し方を学ぶ事ができるからです。

ストレス耐性も高くなっているので、多少性格が悪い人と出会ったくらいでは、腹も立たなくなるはずです。

学校や職場で、苦手な人と一緒に行動しなくてはならなくなった時は、人生で一度は体験しなければいけない修行の時が来たと思い、耐える訓練をしたり、慣れる訓練をしましょう。

辛い体験は、きっと将来の辛い時期の役に立ちます。苦手な人と一緒にいる時間も、将来的に無駄になる事はありません。

6.苦手な理由を分析してみましょう!

苦手な人と一緒にいる時に、「苦手な理由」を分析しながら接すると、意外とストレスを感じなくなる事があります。

それは「理由もわからず苦手」な状況が、実はいちばんストレスがあり、理由さえ分かってしまえば、その苦手な部分を避けて接する事ができるようになるからです。

顔が苦手な理由だと感じたら、あまり顔を水に、ピントをぼやかしながら会話をする事ができます。人の悪口を言う所が苦手な場合は、悪口を言わない方向に会話をコントロールするといいかもしれません。

また「なぜ苦手なんだろう」と分析モードに入るだけで、感情的な自分から離れて、冷静な自分になる事ができます。

冷静に客観的に接すると、苦手な人の嫌な部分が分かったとしても、感情的になって怒ってしまったり、ストレスに感じる事が少なくなるはずです。

7.幸せ貯金をしていると思いましょう!

苦手な人と一緒にいなくてはならないのは、理不尽だと感じる人もいるかもしれません。なぜ?自分ばかり苦手な人といなければいけないのかと嘆くよりも、前向きな気持ちで今の状況を受け止めましょう。

例えば苦手な人と接している時間は、「幸せ貯金」をしていると考えてみましょう。世の中の正と負のバランスがあるとするならば、苦手な人といる時間は負の時間です。

世界がバランスを取ってくれるならば、その分の正の時間、つまり幸せが自分に降りかかってくるかもしれません。苦手な人と接する事で将来の幸せが増すならば、我慢をする事ができるかもしれません。

8.まとめ

苦手な人とうまく接するためには、距離感を大切にする事が基本になります。

距離を近づけすぎないように、「これ以上は近くに来させない」というラインをハッキリ決めておきましょう。

その上で、苦手な人の良い部分にフォーカスしたり、取材だと思ったり、修行だと思ったりして、感情的にならずに冷静に接する事が大切です。

適度な距離さえ取っておけば、苦手な人はいずれ自分の近くから去りますので、その時を待つようにしましょう。