ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

恋人がいる相手を好きになった。「略奪愛」を選ぶ6つの理由とは?

恋人がいる相手を好きになった。「略奪愛」を選ぶ6つの理由とは?

恋人がいる相手を好きになったとき。「略奪愛」を選ぶ6つの基準とはどんなものでしょうか?

1.彼氏とうまく行っていない
2.彼氏に問題がある
3.遠距離恋愛をしている彼女
4.彼女が好みの「ど真ん中」
5.他の事が手に付かないくらい好き
6.コミュニティを失うくらい好き
7.まとめ

「略奪愛」は、恋人がいる人から好きな人を奪うという、激しい恋愛スタイルです。

「略奪愛」を考えるときは、恋愛の勝算がある場合、今以上に彼女が幸せになる場合ではないでしょうか?

さらに、どうしても彼女の事をあきらめきれない時に「略奪愛」は起こることかと思います。

そんな、どうしても避けられない。「略奪愛」が起きる時の基準と理由を確認しておきましょう。




1.彼氏とうまく行っていない

略奪愛を選ぶ理由「①・彼氏とうまく行っていない」

好きになった女性に彼氏がいて、その恋愛がとてもハッピーそうで、二人の関係が盤石な場合は、略奪愛をしかけるべきではないでしょう。

彼女の事が本当に好きなら、幸せな二人を見守ってあげるような優しさが必要です。

ただし彼氏とケンカばかりしていたり、デートをする事が少なくなったりしている、彼氏との恋愛がうまく行っていないケースは別です。彼女はその恋を終わらせたいと思っているかもしれませんし、実際にその恋愛を続ける事にすでに意味がなくなっているケースもあります。

略奪愛をして、彼氏から彼女を奪ったとしても、少なくとも彼女は不幸にならないでしょう。

ただし一見、うまく行っていないように見えるカップルでも、実は仲が良く、二人きりの時はいちゃいちゃしてる…そんなケースもあります。良く二人の関係を観察して、判断を謝らないようにしましょう。

2.彼氏に問題がある

略奪愛を選ぶ理由「②・彼氏に問題がある」

彼氏が彼女に暴力を振るう「DV男」だとしたら、別れる事が彼女の幸せになります。

このケースの略奪愛は正当性があり、周囲の人からも称賛される可能性が高いです。このように彼氏に問題があるケースなら、彼女と彼氏を別れさせる事も、一概に悪い事とはいえません。

DV彼氏以外にも、「借金がある男性」とは別れさせたほうが彼女の幸せになるかもしれません。もちろん借金があったとしても、借金をしている理由が正当で、働いてきちんと借金を返している場合は問題ありません。

しかしギャンブルなどで借金をして、彼女にもお金を借りているような、お金にだらしない彼氏なら、別れた方が良いという事になります。略奪愛を発動させても良いかもしれません。




3.遠距離恋愛をしている彼女

略奪愛を選ぶ理由「③・遠距離恋愛をしている彼女」

遠距離恋愛をしている彼女の事を好きになった場合は、略奪愛を成功させやすい有利な立場にいます。

特に友達として彼女の寂しい部分を支える相手になっている男性なら、彼氏から彼女を奪う事ができるかもしれません。ただし遠距離恋愛が一概に、女性にとって辛い恋愛とは限りません。

週末や月に1度、彼氏と会える事を楽しみにして、仕事や勉強を頑張っている女性もいます。毎日のように彼氏と会うよりも、自分に合っているという女性もいます。

また1年後、3か月後には、彼氏が彼女のいる街に戻ってくるかもしれません。遠距離恋愛をしている彼女が現在の恋愛に不満を持っている場合、寂しそうにしている場合だけ略奪愛を決意するようにしましょう。

4.彼女が好みの「ど真ん中」

略奪愛を選ぶ理由「④・彼女が好みの「ど真ん中」」

「もう運命としか思えない!」「好みの女性すぎる」「自分の好みの女性のイメージを形にしたのが彼女だ!」というくらい、素敵な女性と出会ってしまう事があります。

このような運命的な出会いを果してしまったら、その女性をあきらめるのは難しいかもしれません。そしてそれは彼氏がいる女性だとしても同じでしょう。

そもそも男性にそのくらい熱い思いを持たせてしまう女性は、かなり魅力的なはずです。たくさんの男性に言い寄られて、その中から選んだ最高の彼氏と付き合っている可能性があります。

そんなシチュエーションでの略奪愛は難しく、失敗する可能性が高いでしょう。しかし玉砕覚悟でもアタックする価値があると思えば、思い切って略奪愛を仕掛けてみましょう。そのほうが後悔が少ないかもしれません。




5.他の事が手に付かないくらい好き

略奪愛を選ぶ理由「⑤・他の事が手に付かないくらい好き」

彼氏がいる女性であっても、好きな気持ちが抑えられない事があります。その女性が好きすぎて、仕事や勉強が手に付かないほどでしたら、告白するしかないのかもしれません。

彼女の事を好きだと気付いてから、例えば1か月経っても彼女の事がすごく好きで、彼女の事しか考えられない人や、好きな気持ちが強すぎて苦しい人は、略奪愛が成功するかは分かりませんが、思い切って告白する選択肢はあります。

告白をして略奪愛が成功したとしても、失敗をしてフラれてしまったとしても、次の一歩を踏み出す事ができるでしょう。

6.コミュニティを失うくらい好き

略奪愛を選ぶ理由「⑥・仲間内にいられなくなってもいい!というくらい好き」

「略奪愛」をして仮に成功をした時、学校やサークル、職場などのコミュニティにいられなくなってしまうかもしれません。

彼女は同じサークルの女性で、彼氏も同じサークルの仲間かもしれませんし、彼女の彼氏は同じ職場の同僚かもしれないからです。

コミュニティにいられなくなったとしても、彼女が欲しいと思えるほど覚悟がある場合は、略奪愛をするのも止む無しといえるでしょう。

7.まとめ

「略奪愛」を考えている場合。男性の場合は、彼氏がいる女性を別れさせて自分の彼女にする必要があります。

しかし好きな女性ができたからといって、やみくもに略奪愛をしかけても良いわけではありません。

好きな女性に彼氏がいる場合、自分の恋心を大切にするならば、略奪愛を仕掛けるという選択肢もあります・・。

彼女の本当の幸せを願い、絶対に幸せにできると思った時だけ、彼氏から彼女を奪っても良いかもしれません。

ただしそれなりの代償を負う事になりますので、覚悟は必要です。