ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

これって被害妄想?チェックリストでカンタン診断してみよう!

1.被害妄想とは?
2.被害妄想を感じる心理
3.被害妄想判断のチェックリスト
4.被害妄想になる可能性がある病気とは?
5.被害妄想かも知れないと思ったら?
6.まとめ

普段から「人に嫌われている」「敵意を持たれている」と不安を感じている人は多いんです。

友人に相談しても「それは被害妄想だよ」と言われるだけで、誰にも言えずに悩んでいませんか?

本当に被害妄想なのか、チェックリストを見てみましょう。

1.被害妄想とは?

被害妄想とは、何も被害を受けていないにも関わらず「被害を受けている」と思い込んでしまう状態を意味します。

普通の人でも身の回りにトラブルが続いて起こると「誰かに恨みを持たれていて、策略にはまっているのではないか」と疑いたくなります。

しかし被害妄想の場合、「誰かが自分を陥れようとしているに違いない」と思い込み、犯人捜しまでする様になるのです。何も関係のない人を犯人に仕立て上げてしまうこともあります。

それは、「単なる思い込み」を通り越して、固く信じて疑わない状態になってしまいます。




2.被害妄想を感じる心理

被害妄想には病的なものと、単なる思い過ごしのものがあります。

人の脳は、五感を通して受ける膨大な量の情報の中から、今の自分にとって必要なものだけを認識する様になっています。しかし強いストレスを感じて精神状態が不安定になると、脳の情報整理がうまくできなくなってしまい、余計な情報が気になってしまうのです。

その為に脳が混乱してしまい、とにかく自分を納得させようとしてあり得ないストーリーを考えてしまうのです。

「きっとみんなが私の悪口を言っているに違いない」「誰かに盗撮されているに違いない」「メールを読まれているに違いない」、だから最近トラブルばかり起きるんだ、と脳に理由付けをする様になります。

被害妄想は病的な場合には脳のメカニズムが正常ではないので、他人から説得されても「私の思い過ごしだったのね」と素直に受け入れることができないのです。

3.被害妄想判断のチェックリスト

被害妄想をチェックリストで判断してみましょう!

精神的に不安で被害妄想の傾向が強いかどうかは、以下のチェックリストで診断できます。

(1) 人の会話や仕草などが、全部自分に関係している。

(2) いつも誰かに見られていたり、監視されている。

(3) 誰かに尾行されている。

(4) 誰かに食事に毒を入れられる可能性がある。

(5) 配偶者や恋人が浮気をしている。

(6) 自分の権利や財産が奪われている。

(7) 誰かにマインドコントロールを受けている

明確な事実や証拠もないのに、上記のことが気になって仕方がない場合には、被害妄想の傾向があると言えます。

上記の項目の2つ以上があてはまる場合、病的な程ではないにしろ、精神的にかなり不安定な状態になっていると言えます。




4.被害妄想になる可能性がある病気とは?

基本的に健康な人でも人を疑ったり不安を感じることはあります。

ただし健康な人の場合常識的な判断ができる為に、「自分は疲れているのから変なことを考えるんだな」と自覚するものです。病的な被害妄想の場合、一度思い込むと考えお改めることはなく、段々とエスカレートしていきます。

被害妄想を伴う病気には以下のものがあります。

統合失調症

統合失調症は、脳のネットワークが機能しなくなり情報整理ができなくなってしまう病気です。被害妄想だけではなく、自分は偉大な人物の生まれ変わりであるなどの誇大妄想も起こり易くなります。

うつ病

うつ病は、自律神経のコントロールがうまくいかなくなり、無気力になってしまう病気です。真面目で責任感の強い人がなり易く、思う様に行動ができないことで人から責められている、見放されてしまったというネガティブな考え方をする様になるのです。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

悲惨な経験をした人が、心に受けたショックが原因でトラウマになってしまう病気です。常に命を狙われるといった恐怖に怯えるケースが多くあります。

認知症

認知症の人の被害妄想は、主に金銭に関するものです。財布や通帳を盗まれたと言ったり、家族や親戚が財産を狙っていると思い込んで周囲に噂を流したりします。

他の被害妄想の場合、一度思い込むと常に同じことを主張しているのですが、認知症の場合言う度に内容が変わったり、全く被害を受けていないと言うこともあります。




5.被害妄想かも知れないと思ったら?

被害妄想は精神的に疲れている時に起こり易いのですが、健康な人ならば適度にストレスを発散することで改善することができます。

大切なのは今までとは考え方を変えることです。

疲れているせいにする

自分が被害妄想気味であると思っても、それを気にしていると余計にストレスが溜まってしまいます。
「疲れているからそう思ってしまうだけだ」と、体調のせいにするのが一番です。

自分の気持ちを受け入れる

被害妄想をしている場合、その考えを否定しようと思うと余計に悪い方向へ考えてしまう可能性もあります。
素直に「自分は人を疑っている。まあ仕方ないし、事態は何も変わらない」と受け入れてしまうのです。

自分の好きなことに没頭する

今の自分の気持ちを分かってくれ、といったところで、精神科の医師でもない限り理解して貰えません。そんな時には自分の趣味に没頭するなど、他に発散できることを探しましょう。

好きなことに集中することで脳内の神経伝達物質が分泌されて被害妄想が治まり、「まいっか」と思える様になる可能性もあるのです。

6.まとめ

被害妄想チェックリストは、必ずしも病的であることの診断にはなりません。

思い当たる点がある人は早目に休養を取り、それでも改善しない時には心療内科や精神科で診察を受けてみましょう。