ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

8つの理由を知ろう!女性がミニマリストになるのはどうしてなの?

8つの理由を知ろう!女性がミニマリストになるのはどうしてなの?

8つの理由を知ろう!女性がミニマリストになるのはどうしてなのでしょうか?

1.もともと物が多い
2.結婚や出産がきっかけになる
3.時間的な余裕がある
4.買い物が好き!
5.家計を預かって無駄をなくす
6.流行に流されやすい
7.家にいる時間が長い
8.目標となるミニマリストがいる
9.まとめ

断捨離よりも一歩進んで、物を少なくして暮らす人のことを「ミニマリスト」と言います♪

ミニマリストには女性が多いように感じますがどうしてでしょうか?

女性がミニマリストになっていく「8つのきっかけ」を見てみましょう!

1.もともと物が多い

女性がミニマリストになる理由「①・もともと物が多い場合」

男性でもコレクターなど持ち物が多い人はいますが、男性よりも女性のほうが物が多くてその収納に困る人は多いものです。

特に増えてしまいがちなのが、化粧品、洋服、雑貨のような収納スペースを占領するものです。女性がつい増やしてしまいがちなものばかりです。

収納方法のコツをまとめた本もたくさん出ていますが、やはりすっきりした生活を送るためには収納方法を勉強するよりも物を減らすほうが近道です。

物が多いからこそ「減らしてすっきりとした生活をしたい」と思うようになるものです。




2.結婚や出産がきっかけになる

女性がミニマリストになる理由「②・結婚や出産がきっかけになる場合」

独身のうちは自分の部屋だけを整理整頓していましたが、結婚をすると多くの女性が家庭の家事の多くを担います。

共働きなら男性が家事を負担する夫婦もいますが、日本ではまだあまり男性の家事負担は進んでいません。今までは一部屋で済んでいた片づけも、結婚をきっかけに広いマンションや一戸建ての管理をすることになります。

また、結婚して子どもが生まれればそれだけ物も増えてしまいます。

管理する全体量が増えるとそれだけ家事も増えるということです。結婚や出産がきっかけで、改めて今の生活を見直してみることからミニマリストになろうと決意することがあります。

3.時間的な余裕がある

女性がミニマリストになる理由「③・時間的な余裕があるとき」

正社員で働いていたけれど、結婚後にパートに移行したり退職する女性は多いです。

時間的な余裕が生まれることで、今まではあまり気にしていなかった自分の持ち物を気にするようになります。収納方法を研究したり、掃除を極めたり、家事を中心に生活する中から、一つの選択肢としてミニマリストを選ぶという女性は多いです。

時間があるからこそ、自分の生活を見直して物が少ない生活を選べます。限られたものの中で暮らすことに居心地の良さも感じられます。




4.買い物が好き!

女性がミニマリストになる理由「④・買い物が好きな人の場合」

断捨離は、要・不要を見極めて物を減らしていく作業です。物に対する執着心を捨てないことには、物を減らしていくことは出来ません。

女性で物が溢れている人というのは、コレクションしているからというよりは、新しい物が好きだったり、お得感から増やしてしまうという人は少なくはありません。セールになると大して欲しいわけでなくても、つい買ってしまうという女性はたくさんいます。

単に買うという行為が好きだった場合、買ったあとはあまり物に対する執着心はありません。ですから、所有している物を「処分しよう」と決めればそれからの行動もスピーディになることができます。

5.家計を預かって無駄をなくす

女性がミニマリストになる理由「⑤・家計を預かって無駄をなくす」

独身のうちは自分の好きなものを好きなだけ買っていたという女性も、結婚すればそうはいきません。

自由に使えるお小遣いは限られてきますので、自然と無駄のない生活をするようになります。物がたくさんあるというのは有効活用できている状態とは言い難いです。無駄なものがたくさんあるせいで、必要なものを活かしきれません。

無駄な買い物を減らして、限られた価値のあるものだけで生活をしていくことを目指した結果がミニマリストだったわけです。ミニマリストは物が少ないだけではなく、将来買う予定の無駄なものも削減できるため、生活費の節約にもつながります。




6.流行に流されやすい

女性がミニマリストになる理由「⑥・流行に流されやすい場合」

新しい物好きというのは、ミニマリストになる大きな理由です。断捨離が流行した時にも、一気に女性の中でこの言葉が浸透しました。

断捨離だけでは物足りないと感じ始めた頃に、さらに物が少ない生活を目指すのがミニマリストです。つまりミニマリストは女性の中の流行の一つなのです。

7.家にいる時間が長い

女性がミニマリストになる理由「⑦・家にいる時間が長い場合」

一日中外に働きに出ている男性と比べると、女性は働き方やスタイルによって家にいる時間が長くなります。

専業主婦、パート主婦、アルバイトなどで労働時間が短くなれば、それだけ家の中にいる時間も長くなります。すると今までは気にしたことのなかったものも気になり始めて、「これは必要なものなのか?」と自問自答する人もいます。

家にいる時間が長くなるほど、その家の中を快適にしたいと思うものです。その結果、物を断捨離してさらには極めてミニマリストになっていきます。




8.目標となるミニマリストがいる

女性がミニマリストになる理由「⑧・目標となるミニマリストがいる」

本だけではなく手軽に情報が集められるのがネットです。ミニマリストのブロガーは、自分のすっきりときれいな部屋を画像つきで紹介しています。

それを見ていると「こんな部屋に住みたい」と憧れを抱くものです。本とは違ってブログだと簡単にコメントを残すことができます。

目標となるミニマリストとの距離感が近いことで、親近感も沸きますし「自分もミニマリストになれるかな?」と期待できます。手近な場所に目標となるミニマリストがいるというのも、女性が目指す理由です。

9.まとめ

ミニマリストは男性も女性もたくさんいます。その中でも女性がミニマリストになるというのは、色々なきっかけがあるものです。

少ない物の中で生活するというのは、何でもかんでも捨てるというわけではありません。必要かどうかを見極めて、快適だけれど物が少なくてすっきりとした生活を送ることがミニマリストです。

最初は物を捨てることにかなり勇気が要りますが、断捨離を初めてみるとその楽しさに気付いてはまってしまう女性も多いですね♪