ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

彼氏が拗ねる時には意味がある?8つの心理ポイントをチェック!

彼氏が拗ねる時には意味がある?8つの心理ポイントをチェック!

彼氏が拗ねる時ってどんな意味がある?心理的なポイントをチェックしてみましょう。

1.構って欲しい
2.言いたいことがあるのに言えない
3.嫉妬している
4.女性に負けて悔しい
5.討論ができない
6.彼女に甘えている
7.言葉選びが慎重になり過ぎる
8.単なるワガママ
9.まとめ

「拗ねる」という言葉には「ひねくれてワガママになる」という意味があります。

恋人として付き合っている場合。普通であれば「拗ねる」と言うと女性がするものですが、中には男性が拗ねるカップルもいますね。

彼氏が拗ねる時にはどの様な意味があるのでしょうか?心理的なポイントをご紹介します!

1.構って欲しい

彼氏が拗ねる時のポイント「①・構って欲しい」

好きな人といつも一緒にいたい、構って欲しいと思うのは男性も同じです。

しかし男性の場合、面と向かって彼女に「構ってよ」とは言えないものです。そんな時に彼女にもっと構って欲しかったり、愛情を確かめる為に拗ねることがあります。

彼女に「何かあったの?」と心配して貰いたい、そして一緒にいて欲しいという意味があるのです。忙しくてデートができない日が続き、やっと会えた時に彼氏が拗ねるのはそれが理由のことが多いです。




2.言いたいことがあるのに言えない

彼氏が拗ねる時のポイント「②・言いたいことがあるのに言えない」

男性は口ベタで、言いたいことがあっても素直に言えない人が多くいます。女性にしてみれば言いたことがあったら言えばいいのに、と思うでしょうが、簡単な一言でも伝えにくいのが男性の特徴です。

例えばケンカした後に反省して彼女に謝りたい時や、たまには手料理をごちそうして欲しいなど、言いたいけれども言えない、言えないけれども分かって欲しいと思う時に、拗ねるのです。

この場合は特にふてくされた感情をもっておらず、単に恥ずかしいだけで深い意味はなく、自然に解消していくので心配はいりません。

3.嫉妬している

彼氏が拗ねる時のポイント「③・嫉妬している」

彼女が他の男性と親しくしているのを見たり、デートをしている時に他の男性の話題をされると嬉しくないと感じる男性も多い筈です。

それは嫉妬という感情なのですが、嫉妬しているとバレると彼女の思うツボにはまる、小さい男と思われる、恥ずかしいと思ってしまい、拗ねるという行動を取ります。

あるいは自分が嫉妬していることに気付かずに、イライラした感情をどうして良いか分からず拗ねてしまうのです。

この場合、女性が素早く雰囲気を感じ取り、他の男性の話題を控えてあまり彼氏を刺激しない様にすると解消します。




4.女性に負けて悔しい

彼氏が拗ねる時のポイント「④・女性に負けて悔しい」

男性は心の中で女性を守ってあげたいと思っています。当然女性の方が自分より弱い立場にあるというのが前提ですが、最近の女性はそうともいきません。娯楽施設でゲームやスポーツをすると、女性の方が得点が高いこともあるのです。

男性にとってはそれが面白くなく、途中で辞めたいと思って段々とテンションが下がってしまいます。この時の拗ねる意味は悔しさだけですので、しばらく放っておけばすぐに機嫌が直ります。

女性としては「子供っぽい」「何ふてくされてんの」等と言わずに、違う場所に移動を促してあげるのが一番です。

5.討論ができない

彼氏が拗ねる時のポイント「⑤・討論ができない」

男性は女性よりも口ベタで、口論しても女性にはとても勝てません。口ゲンカになった時に圧倒的に女性の方が有利なので、「どうせ言っても無駄だ」と思い拗ねる行動を取ります。

不満がある時の感情表現が「黙り込む」という方法になっているのです。この時の拗ねる意味は「早く終わりにしたい」というものですので、女性も感情的にならずに冷静になった方が良いでしょう。

6.彼女に甘えている

彼氏が拗ねる時のポイント「⑥・彼女に甘えている」

彼女を信頼して心を開いている分、素直に感情表現ができる様になります。そうなると、彼女は何も関係がなくても自分が嫌な気持ちになった時には拗ねる男性もいます。

特に理由がないのに拗ねる意味は、彼女だからこそありのままの自分を見せられると思っているからです。彼氏が何を聞いてもハッキリ言わずただ拗ねているだけの時は、女性は黙って「困った人ね」と言って寄り添ってあげるだけで良いでしょう。




7.言葉選びが慎重になり過ぎる

彼氏が拗ねる時のポイント「⑦・言葉選びが慎重になり過ぎる」

男性で恋愛経験が少なかったり、過去の恋愛でトラウマがある男性は、彼女と一緒にいる時にあれこれ気を遣い過ぎてしまい、最終的に何も言えなくなってしまうことがあります。

色々言いたいことがあるけれども言って彼女の機嫌を損ねたらどうしようと思うと、何も言わない方が良いと思います。

頭の中では理解できても感情がついてこないので、何となくふてくされた態度を取ってしまうのです。この時の彼氏が拗ねる意味は、言葉選びに慎重過ぎて疲れてしまっている状態です。

8.単なるワガママ

彼氏が拗ねる時のポイント「⑧・単なるワガママ」

デートが計画通りにいかない、欲しいものが売り切れていたなど、自分の思い通りにならないと拗ねる男性は、単なるワガママです。

小さい頃から甘やかされて育ってきた男性に多く、何でも自分の思い通りにいかないとすぐに拗ねて雰囲気を台無しにしてしまいます。このタイプの男性は諭しても聞く耳を持たずに、性格を改善することは難しいと言えます。

拗ねる意味を知っていても知らんぷりして放っておくか、関わり合いにならない方が良いと言えます。

9.まとめ

彼氏が拗ねる意味には色々ありますが、女性が冷静に対応することが大切です。

何か理由があって拗ねているのか、単なるワガママによるものなのかで対処法が違ってきます。

男性も自分のことを理解してくれると思うからこそ拗ねるのであり、その場で突き放すよりはしばらく時間を置いてから諭した方が良いでしょう。