ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

被害妄想を感じる4つの原因と対処法をチェックしましょう。

被害妄想を感じる4つの原因と対処法をチェックしましょう。

被害妄想を感じる原因と対処法をチェックしましょう!

1.人付き合いができない人
2.ネガティブになりがちな人
3.思い込みが激しい人
4.「仕方ない」と思う
5.まとめ

「誰かが楽しそうに話していると、自分の悪口を言っているように見える」このような「被害妄想」を持つことはないでしょうか?

こういった感情を放置してしまうと、さらに悪化してしまう可能性も・・。

被害妄想の原因と対処法を覚えておきましょう。




1.人付き合いができない人

被害妄想を持つ原因と対処法「①・人付き合いができない人」

人間関係を上手に築けない人は、あまり人付きあいが上手にできないことかと思います。

コミュニケーション能力が不足している事で、人間関係を築けず、そのせいでさらにコミュニケーションが苦手になってしまったりするかもしれません。

たくさんの人に囲まれると、自然と人間関係の保ち方を学ぶ事ができます。人との距離も取りやすくなりますし、他の人の言動も健康的に受け止める事ができます。誰かが何かをしていても、正しい予測ができますので、被害妄想を持つ事もありません。

人付き合いができず、いつも孤立している人は、正しい予測ができなくなってしまいます。対策としては積極的に人と触れ合うようにして、対人関係の経験を積み、人間関係を築く練習をする事が大切です。

例えば子ども時代は、様々な子どもや大人と触れ合います。時には泣かされるようなひどい事をされたり、逆にひどい事をして泣かせてしまった事もあるでしょう。傷ついたり傷つけたりしながら、人付き合いの方法を覚えていきます。

被害妄想を持ってしまう前に、なるべく人付き合いの機会を持つよう積極的な姿勢を保つようにしましょう。




2.ネガティブになりがちな人

被害妄想を持つ原因と対処法「②・ネガティブになりがちな人」

被害妄想を持ってしまう人は、目の前に起こった出来事をネガティブに捉えてしまいがちです。何かが起こった時に、全て悪い方に解釈してしまったり悪い部分ばかり見てしまいます。

例えば仕事が終わって会社から出た時に、同僚と会ったとします。「一緒に帰ろう」と誘ったら、「ちょっと用事があるんで」と断られたとします。普通の受け止め方としては「そうか用事があるのか」と思い、さらに「どんな用事があるのかな?」と思ったり、「もしかして彼女ができたかな?」と考えを進めるかもしれません。

しかしネガティブに捉える人は「用事がある」という相手の言葉をそのまま受け止めません。

「用事があるなんて嘘だ」と思い込み、「自分は嫌われているんだ」と悪い方向に考えが進み、「たって自分は最悪だから」と変な理由付けをしてしまい、結局「生きていても仕方ない」となってしまいます。

他の人からすれば心に波風すら立たないようなエピソードで、深く傷ついてしまうのです。

3.思い込みが激しい人

被害妄想を持つ原因と対処法「③・思い込みが激しい人」

先ほどの例のように次々とネガティブな考えが浮かぶ人は、同時に「思い込みが強い」という特徴もあります。思い込みが強い人で、ポジティブな人の例を見ていきます。

女性が楽しそうの話をしているのを見た時、「俺の話をしている」と思い込みます。さらに「俺の事が好きなのかも」「俺ってモテるな」「だって俺は最高だもんな!」と思い込み、ハッピーな気持ちになります。

このポジティブで幸せそうな人は、被害妄想を持つ人になるとは考えにくいかもしれません。しかし「思い込みが激しい」という問題を抱えているため、将来的に被害妄想を持つ可能性があります。

人生はいつも順調に行くとは限らず、辛い時期に差し掛かる事もあります。ポジティブだった人も、頭を打たれるような辛い出来事が連続するとネガティブな性格になっていくかもしれません。「ネガティブ」+「思い込みが激しい」場合、被害妄想を持つ要素が揃ってしまいます。

女性が楽しそうに話しているのを見て、「自分の事を話しているに違いない」と思い、さらに「バカにしているはずだ」と思い込み、「だって自分は最悪の人間だから」とネガティブな予測をしてしまいます。




4.「仕方ない」と思う

被害妄想を持つ原因と対処法「④・「仕方ない」と思う」

被害妄想を持ってしまいがちな人は、まずは「被害妄想を持つ自分を許す」事から始めます。被害妄想を持ちたくて持つ人はいないのですから、被害妄想を持ってしまったのは「仕方のない事だ」と思うようにします。

一生懸命生きた結果、被害妄想を持つようになってしまったのですから、自分を責める必要はありません。それよりも今、この瞬間から被害妄想を持たない人になるように、方向転換をする事が大切です。「病院に行く」という選択肢もあるでしょう。

特に周囲の人にすすめられたり、自分でも自力で状態が良くならないと思ったら、すぐにメンタル系の医療施設に行く事をおすすめします。また強い不安感がある人は、不安感を減らすような行動を取るようにします。

例えば「規則正しい生活をする」という選択肢があります。太陽が昇るとともに目をさまし、暗くなったら眠るようにすると、自律神経が整い不安感が減る事があるからです。

夜型の生活を朝型にするだけで不安感が減り、被害妄想を持ちにくくなるかもしれません。「適度な運動」もおすすめです。散歩をしたりランニングをしたりすると、健康的な考え方を持ちやすくなるはずです。

5.まとめ

被害妄想を持つ原因と対処法をチェックしておきましょう!

被害妄想を持ちやすい人の特徴に、自分も当てはまるという人は、今から注意をするようにしましょう。

例えば「人付き合いは面倒」と避けてしまうのはリスクが大きい行為です。苦手でも人付き合いを続けるようにすると、被害妄想を持つような状況に陥りにくくなるでしょう。

どうしても被害妄想がひどい場合は、専門のクリニックに相談するなどしてくださいね。