ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

10のヒント。「ミニマリスト」から女性の暮らしを学ぼう!

10のヒント。「ミニマリスト」から女性の暮らしを学ぼう!

10のヒント。「ミニマリスト」から女性の暮らしを学んでみましょう!

1.ミニマリストとは?
2.まずは断捨離をする!
3.クローゼットに手を付ける
4.私服の制服化を目指す
5.服はたたまない
6.最小限のメイク道具
7.本の工夫
8.収納は最小限に…
9.キッチンの工夫
10.財布の中身

女性の間で注目を集めているのが「ミニマリスト」です。

最小限の物しか持たない彼女たちの暮らしには、シンプルに幸せになるためのヒントが隠れています♪

ミニマリストの女性の暮らしから、自分の活かせるヒントを学びましょう。




1.ミニマリストとは?

ミニマリストってどういうもの?

ミニマリストという言葉を知っている人でも、具体的にどのようなライフスタイルなのか知らない人もいそうです。ミニマリストとは「最小限の物」しか持たず、シンプルな暮らしを目指す人の事を指します。

ちなみにミニマリストの元になっている「ミニマリズム」は「最小主義」を英語に訳したものです。

物が多い状態では部屋だけではなく、心の中までごちゃごちゃしてしまうとミニマリストは考えます。物を減らし手放すことで執着心がなくなり、部屋だけでなく心もスッキリさせようとしています。

つまりミニマリストは単なる物質的な整理を行う人ではなく、心の中もスッキリさせたいと考える人達です。

また物を最小限まで減らす代わりに、自分が本当に愛する事ができる物だけを集めます。自分らしい生き方、自分らしい選択、本当に必要な物だけを周囲に置くのがミニマリストのライフスタイルだからです。

2.まずは断捨離をする!

まずは断捨離をしてみましょう!

実際に部屋の大掃除をした時に、気持ちがスッキリした経験をした人は多いのではないでしょうか?

また引っ越しをした直後の、物が最低限しかない状態が心地よかったという記憶がある人もいるでしょう。

物がない心地よい空間を作れば、何もアイテムを追加しなくても気分の良い部屋を作る事ができます。そのためにまずは断捨離をしましょう。

部屋にある物の中から、必要のない物を選び、捨てて行く行為です。同時に本当に必要なものだけを見極めて行く作業でもあります。




3.クローゼットに手を付ける

クローゼットに手を付けてみよう!

ミニマリストになるために、まず服やファッションアイテムの整理から始めましょう。

オールシーズンの服が一つのクローゼットに全て入るのが理想的な状態です。そこまでできなくても、クローゼットの中の服を減らす価値は高いです。クローゼットがスッキリすると機能的に生活をする事ができます。

出掛ける前に着る服を選ぶ時に、選択肢が少なくなり選びやすくなります。また全てのアイテムを見渡せるようになれば、どの服を着たいか分かりやすくなります。洋服選びの時間が短くなり時間の節約になります。

4.私服の制服化を目指す

私服の制服化を目指してはどうでしょうか?

クローゼットの整理を一歩進めて、あえて同じ服を着て出勤をする方法があります。

いつも同じ服を着れば、服選びの時間が必要なく時間の節約になります。それは充実した生活につながります。これは「私服の制服化」といわれる、ミニマリストなら誰でもしている方法です。

5.服はたたまない

服はたたまないでしまってみよう!

ミニマリストは服をたたまず、ハンガーにかけます。服をたたむ収納ボックスに入れる必要がある場合は、服を持ちすぎているとミニマリストは判断します。服をたたまないで済めば、時間の節約になります。




6.最小限のメイク道具

最小限のメイク道具で毎日を過ごしてみよう!

ミニマリストの女性はメイクも最小限に抑えます。日焼け止めや下地用の化粧水や乳液、チークとリップなど基本セットのみを揃えます。

メイク自体をミニマルする事でメイク道具が少なくなるだけでなく、化粧落としも楽で、さらに肌にもやさしいというメリットがあります。

ナチュラルメイクや薄化粧は好感を持たれやすいため、真似しやすいかもしれません。

7.本の工夫

本の保管方法について工夫してみよう!

本は部屋のスペースをたくさん取りますので、整理のための工夫が必要です。まずミニマリストは図書館で借りられる本は、売るか処分するなどして手放します。

さらにずっと読んでない本も処分します。ベストセラーやロングセラーで、いつでも買い直せる本も手放します。

8.収納は最小限に…

収納は最小限に抑えましょう。

部屋をスッキリさせようと思うと、収納用のボックスなどを購入する人がいます。しかし収納が増えれば物が増えるという原則があります。収納は最低限にして、そこに入る物だけ手元に置くようにします。




9.キッチンの工夫

キッチンの小道具に工夫を♪

ミニマリストはキッチンもシンプルに仕上げます。最小限な調理器具だけ、例えばフライパンと鍋、ざるとボウル、包丁とまな板を一つだけ持ちます。

その代わりに100円ショップなどで購入せず、一生使えるような厳選された調理器具を選びます。美しく機能性も高い芸術作品のような調理器具を揃えれば、買い直す必要もなくなります。

10.財布の中身

財布の中をスッキリさせてみましょう♪

ミニマリストのお財布の中身から、学べる事も多いです。レシートやポイントカードなどは持たず、クレジットカードと現金だけにするとスッキリします。

買い物をした時のお会計もしやすく、必要なお金をすぐに取り出せるようになるため時間の節約になります。

またスッキリしたサイフは、お金がたくさん舞い込みやすいといわれています。お金の管理をしやすくするだけでなく、サイフをお金の居心地の良い状態にしてあげる意味もあります。

まとめ。

注目のライフスタイルを実行しているミニマリストから、女性が学ぶ点は多いと思います。

いくらでも物を増やせる時代ですから、あえて物を少なくして時間を節約したり、機能的な生活を送ってみるのも悪くないはずです。