ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

理想の人生へ!「穏やかな人になるためにしたい」6つのこと

理想の人生へ!「穏やかな人になるためにしたい」6つのこと

理想の人生へ!「穏やかな人になるためにしたい」6つのことをご紹介します!

1.イライラをスルーする
2.カフェインを控える
3.お酒を飲まない
4.早寝早起きの生活に変える
5.運動をする
6.瞑想をする
7.まとめ

穏やかな人になれば、理想的な人生を送れるようになります!

そのためには、現在の生活を大きく変える必要があるかもしれません。

どうすれば幸せな人生を送る「穏やかな人」になれるのでしょうか?

今日から出来ることをご紹介していきます♪

1.イライラをスルーする

穏やかな人になるためにしたい事[①・イライラをスルーする]

穏やかな人になるために、イライラするような状況や出来事をスルーするコツを身に付ける事をおすすめします。

イライラする事にフォーカスを合わせてしまい、いつまでもその事を考えてしまうと、イライラした気持ちが強くなりますし長く続く事になります。しかしイライラをする状況や出来事をスルーしてしまえば、すぐに忘れる事ができます。いつでも穏やかでいるコツとして覚えておきましょう。

例えば電車に乗った時に、前の席の人が足を広げていて座る事ができなかったとします。開いた足をずっと見て、「こいつが足を閉じれば座れるのに…」と思い続けてしまうと、怒りが大きくなってしまいます。

電車を降りた後も忘れられずイライラしたまま学校や職場に行ってしまい、「不機嫌な人だな」と思われてしまうかもしれません。

しかし足が開いている人を確認した後、その行動をスルーすると怒りはすぐに収まります。いったん忘れて、スマホでお気に入りのサイトをチェックしたり、会社に行った後のタスクを思い描いたりと電車内での時間を充実させる事ができます。

電車を降りた瞬間に、不愉快な出来事にあった事を忘れて、穏やかな気持ちで学校に行ったり職場に行ったりできるはずです。




2.カフェインを控える

穏やかな人になるためにしたい事[②・カフェインを控える]

コーヒーや濃いお茶が好きな人は多いと思います。カフェインが入っている飲み物を飲むと、一種の興奮状態になり活動しやすくなりますので、仕事を始める直前に飲む習慣がある人もいるでしょう。

しかし興奮状態にするという事は、感情の起伏を大きくするという事でもあります。感情の波が大きくなるという事は「心が穏やかではない状態」です。

コーヒーやお茶を飲む事で、自分から感情の起伏を激しくしているという事になります。感情の起伏を少なくするためには、カフェインを控えたほうが良いです。

穏やかな人になりたいなら、ルイボスティーや、ほうじ茶などのカフェインレスの飲み物を飲む事をおすすめします。

3.お酒を飲まない

穏やかな人になるためにしたい事[③・お酒を飲まない]

カフェイン入りの飲み物よりも、感情の起伏を大きくする飲み物があります。それが「アルコール」入りの飲み物です。

お酒を飲むと楽しい気持ちになったり、落ち込んだりします。例えばテキーラを飲むと気持ちが上がり楽しくなりますし、ワインなどを飲むとまったりとした落ち着いた気持ちになります。

ただしお酒が抜ける頃には気分が悪くなったり、悲しい気持ちになるなどの副作用が起こります。酔ってしまい、恥ずかしい行動をしてしまう事もあるでしょう。

翌日に思い出して激しく動揺したり、恥ずかしくて穴が開いたら入りたいような気持になるかもしれません。酔った次の日にいつも自己嫌悪してしまう人もいます。アルコール入りの飲み物は、とても扱いが難しい飲み物です。

楽しい気持ちになるためにお酒を飲んだ人も、結果的に悲しい気持ちになる事があります。酔ってしまった後の自分の行動も読めず、どのような失敗をしてしまうか分かりません。

気持ちが動揺する可能性が高いため、穏やかな心でいたい人にはおすすめできません。またお酒を飲みすぎると胃の調子が悪くなります。胃の調子が悪いだけで機嫌が悪くなり、心が穏やかではいられません。




4.早寝早起きの生活に変える

穏やかな人になるためにしたい事[④・早寝早起きの生活に変える]

穏やかな心を作るためには、自律神経がきちんと働く必要があります。交感神経と副交感神経がバランスよく働いている人は、穏やかな人になれる人です。

「早寝早起き」の生活を心掛けると、自律神経が整いやすいといわれています。なるべく早く布団に入り身体を休ませて、朝陽とともに目を覚ますような生活がベストです。

逆に夜型の生活になっている人や睡眠時間が足りない人は、イライラしやすく機嫌も悪くなりがちです。精神的な疾患にもなりやすいので注意が必要です。

5.運動をする

穏やかな人になるためにしたい事[⑤・運動をする]

ランニングなどの運動をすると、自律神経が整いやすいです。また有酸素運動をすると脳の働きが良くなり、仕事の成果が上がりやすくなります。

余計な脂肪が燃焼しボディラインが整うので異性からモテるようになり、その事が心を穏やかにしてくれるかもしれません。

さらにフルマラソンを趣味にしている人が「ランナーズハイ」になるといいますが、運動には心を穏やかにし、ハッピーな気持ちにさせる効果があります。穏やかな人になりやすい運動を始める事をおすすめします。




6.瞑想をする

穏やかな人になるためにしたい事[⑥・瞑想をする]

瞑想をすると、心が穏やかになります。イライラをスルーするコツもつかみやすくなります。また溜まっているストレスも流す事ができます。

1日5分の瞑想でも、心を穏やかにする効果が期待できますので、穏やかになりたい人におすすめします。

7.まとめ

穏やかな人」になるために!今すぐに出来ることを考えてみましょう♪

穏やかな人になるためには、いくつかのコツがあります。

イライラをスルーするコツを身につけたり、運動をしたり瞑想をする事で、誰でも穏やかになれます。

カフェインやお酒を抜くなど、今日から始められるコツもありますので実践してみてください。