わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

「真実の愛だった」と振り返って気付く。5つの運命を感じる瞬間とは?

「真実の愛だった」と振り返って気付く。5つの運命を感じる瞬間とは?

「真実の愛だった」と振り返って気付くような瞬間をチェックして、素敵な恋愛を手に入れましょう♪

1.運命の出会いがあった
2.長期間恋愛関係が続いている
3.楽しい思い出がいっぱいある
4.辛い時期も一緒にいた
5.平等な関係でいられる
6.まとめ

「あれは真実の愛だった…」と振り返って気付くことができるような、素敵な恋愛があります。

真実の愛を知ることで、これからの恋愛を少しでも「真実の恋愛」近づくような努力をしてみましょう♪




1.運命の出会いがあった

振り返って真実の愛を感じる瞬間「①・運命の出会いがあった」

真実の愛を手に入れたカップルに共通するのが「運命の出会い」です。

あれは運命だったと思えるような不思議な出会いを果たしているカップルは、その後真実の愛を手に入れる事ができています。

例えば「出会うはずがなかった二人」という例があります。友達の紹介で出会うカップルは多いですが、本来は紹介されるはずがなかった二人が偶然出会う事があります。

Aさんが紹介したいと思っていたBさんが、直前になって予定が入り来られなくなってしまった時、ちょうどCさんが待ち合わせ場所を通りがかるという偶然があります。

AさんはCさんを連れてDさんの元に行くと、DさんはCさんに一目ぼれをしてしまいます。もしBさんがドタキャンをしなければ…、もしCさんが待ち合わせ場所を通りかからなければ、二人は出会わなかったはずです。

振り返った時に「運命的だな」「運命としか思えないな」という出会いをしているカップルは、その後真実の愛と呼べるような素敵な愛を育み幸せになれる傾向があります。

2.長期間恋愛関係が続いている

振り返って真実の愛を感じる瞬間「②・長期間恋愛関係が続いている」

真実の愛を育むためには、時間が必要です。短期間で燃え上がるような恋愛では、真実の愛を育む事ができません。

振り返れば長期間の恋愛期間があるカップル、もちろん恋愛をした後に結婚をして長期間結婚生活を送る事ができているカップルは、真実の愛に近づいています。

付き合う相手は多いけれど、どの相手とも半年くらいしか関係が築けないという人は、真実の愛に近づく事ができていません。たくさんの人と付き合うよりも、一人の人と長く付き合う方が、恋愛について良く分かりますし、恋愛をする事で得られる幸せも多くなります。

短い恋愛期間で別れてしまいがちな人は、次の恋愛は長期間続くように考え方や恋愛の仕方を変えてみましょう。




3.楽しい思い出がいっぱいある

振り返って真実の愛を感じる瞬間「③・楽しい思い出がいっぱいある」

長期間付き合っていても、特に何も思い出がないというカップルもいます。このカップルは真実の愛に近づいていない可能性が高いです。

真実の愛を育めるカップルは、毎日のちょっとした事を素敵な思い出に変えてしまいます。彼女が作った朝食がとても美味しかったら、彼氏は幸せな気持ちになります。

彼女の朝食がいかに素晴らしかったか、彼女の腕前と味覚のセンスをほめちぎるかもしれません。彼女は二人の食に関する好みの一致を喜び、たたえ合うでしょう。こうして美味しい朝食が、素敵な思い出になっていきます。

せっかく彼女が美味しい朝食を作ってくれても、無反応で食べ終わってしまったら、何の記憶にも残らなくなります。

真実の愛は幸せな記憶の積み重ねで作られます。ちょっとした事を素敵な思い出に変えられる二人は、最高のカップルといえるでしょう。

4.辛い時期も一緒にいた

振り返って真実の愛を感じる瞬間「④・辛い時期も一緒にいた」

人生には波があり、いつも幸せでいられるとは限りません。

例えば彼氏の仕事がいつも順調に行く事はないでしょう。労働環境が悪い部署に配属されてしまい、彼女とデートができないくらいクタクタになってしまうかもしれません。

このような時は彼女が彼氏をフォローして、時には一人にしてあげるような気遣いをしながら辛い時期を乗り切る必要があります。

この期間に彼女が彼氏となかなか会えない事に苛立ち、怒りをぶつけてしまったり浮気をしてしまえば、二人の鯉は終わってしまいます。他にも精神的に厳しい時期や、人間関係がうまく行かない時期など、男性にも女性にも辛い時期が訪れるでしょう。

このような時期を二人で協力して乗り越える事ができると、真実の愛に近づく事ができます。

振り返れば別れてもおかしくないような状況がいくつもあり、それを乗り越えてきたというカップルが、真実の愛を手に入れる事ができるでしょう。




5.平等な関係でいられる

振り返って真実の愛を感じる瞬間「⑤・平等な関係でいられる」

真実の愛は、どちらかの一方的な思いだけで育む事はできません。彼氏も彼女も同じくらい相手の事を思って、相手のために尽くしてあげられる事が大切です。

二人が関係性をイメージした時に「平等感がある」場合は、真実の愛に近づいている証拠です。彼氏は経済的に彼女を支える、彼女は家事や雑用で彼氏を支える、それでも二人に平等感があれば幸せになれます。

二人が共働きで同じくらい稼ぎ、同じくらい家事をしているケースでも二人に平等感があれば大丈夫です。またお互いの事を愛する気持ちが平等なら、それで幸せになれます。

「私ばっかり尽くしている」「俺ばっかり我慢してる」と不平等な思いを抱えているカップルは、いつか別れてしまう事になります。

自分だけ幸せになるのではなく、二人で幸せになる事を目指せるカップルが真実の愛を手に入れる事ができます。

6.まとめ

「真実の愛だった」ことは大事な時間です!運命を感じる瞬間を大事にしましょう。

真実の愛を手に入れたカップルには共通点があります。中には運命の出会いという、偶然性が大きく左右するものもありました。

努力をすれば手に入れられる事もたくさんありますので、少しずつ真実の愛に近づけるようなカップルになっていきましょう。