ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

素敵!憧れのハスキーボイスを手に入れる6つの方法とは?

素敵!憧れのハスキーボイスを手に入れる6つの方法とは?

憧れのハスキーボイスを安全に手に入れる。6つの方法をご紹介します!

1.大きな声を出す
2.声帯に力が入っている
3.刺激物を食べる
4.理想のハスキーボイスを決める
5.息を出し続ける
6.カラオケに通う
7.まとめ

少ししゃがれた声で大人っぽくて素敵な声。それが「ハスキーボイス」です。

歌を唄うことが好きな人は、ハスキーボイスに憧れるかもしれません。そんな声色で女性を口説きたい男性も同様です。

そんな「ハスキーボイス」を手に入れる6つの方法をご紹介します。

1.大きな声を出す

ハスキーボイスになる方法「①・大きな声を出す」

ハスキーボイスになるためには、「大きな声」を出すのが基本です。ちなみにハスキーボイスの「ハスキー」とはトウモロコシの皮の意味なんです。

トウモロコシの皮がカサカサと音を立てているイメージがハスキーボイスの由来なんですね。

解剖学的に見ると、本来声帯は2枚がぴったり閉じているのが正常な状態なのですが、ハスキーボイスの人の場合は、ずれて空気が漏れている状態になっています。

ハスキーボイスになるためには、声帯周辺に負担をかけて、あえて2枚ぴったり閉じられるはずの声帯をずらす必要があります。大きな声を出すことで、喉に負担をかける事ができます。

ただし短期間で大きな声を出しまくってしまうと、負担が大きすぎて喉にポリープができたり、発熱してしまったりと体に良くありません。長期的な展望を持って絶対に体に負担をかけないように、大きな声を出すようにしてください。




2.声帯に力が入っている

ハスキーボイスになる方法「②・声帯に力が入っている」

ナチュラルにハスキーボイスになる人の多くは、「正しい発声ができていない」ケースがほとんどです。声帯周辺のどこかに力が入っているため、きれいに声を出せません。

喉に負担が掛かるため、結果的にハスキーボイスになります。逆にいえばハスキーボイスになりたい人は、あえて声帯周辺に力を入れるという手段を取る事ができます。

喉に力が入っている状態とは「緊張をしている状態」に近いです。人前で話をする時に緊張感が強いと、喉に力が入ってしまい「声が太く、低くなる」傾向があります。

緊張しやすい人は、緊張で声が変になってしまった事があるでしょう。この状態で話をしたり、大声を出すとハスキーボイスに近づく事ができます。

声帯周辺に力を入れるイメージがわかない人は、自分が緊張している時の喉の感覚を再現してみましょう。

3.刺激物を食べる

ハスキーボイスになる方法「③・刺激物を食べる」

唐辛子がたっぷり入ったカレーライスや、激辛ラーメンが大好きな「超辛いもの好き」の人がいます。そして辛いもの好きの人は、ハスキーボイスになりやすい傾向があります。

刺激物がたっぷり入った食べ物を食べると、喉が炎症を起こします。喉が炎症している状態で大声を出したり、歌を唄ったりすると喉がかすれてしまいます。

ハスキーボイスになろうと思ったら、辛い物を食べるようにすると手っ取り早いかもしれません。実際に辛い物が大好きと公言している芸能人や歌手の声がハスキーボイスという確率は結構高いです。

身近な人の中にハスキーボイスの人がいる場合、その人は辛い物が好きかもしれません。カラオケに行く前に、激辛ラーメンを食べるようにすればハスキーボイスになりやすいでしょう。

ただし、自分の身体とは十分に向き合って食べ物や飲み物を選ぶようにしましょう。




4.理想のハスキーボイスを決める

ハスキーボイスになる方法「④・理想のハスキーボイスを決める」

何となくしゃがれた声にしようと思っていると、思っているハスキーボイスにはならないかもしれません。

そこでハスキーボイスになるための努力を始める前に、「理想のハスキーボイス」を決めましょう。

もしハスキーボイスのボーカリストが好きな場合はその人の音楽データを集めて、自分もその声に近づけるようにイメージしてみましょう。

またハスキーボイスになる努力を始めた後も、定期的に理想のハスキーボイスを聞き直し、理想の声に近づけるようにしましょう。

5.息を出し続ける

ハスキーボイスになる方法「⑤・息を出し続ける」

具体的なハスキーボイスの作り方として、「息を出し続ける」という方法があります。

自分の好きな音程で「あー」とか「ラー」とか大きな声を出します。声を出し続けていると、次第に声が出なくなります。声が出なくなっても、息を出し続けましょう。

ハスキーボイスは声が出にくい状態で、無理やり声を出そうとしている状態といえます。そのため普通の人よりも、多く息を出す必要があります。

息を出し続ける練習をする事で、ハスキーボイスの発声法を学ぶ事ができます。

ここまでしてもハスキーボイスが欲しい。そういう方は正しい発声法を学ぶためにボイストレーニング教室に通って相談してみることをオススメします。




6.カラオケに通う

ハスキーボイスになる方法「⑥・カラオケに通う」

自宅で大きな声を出し続けるのは難しいかもしれません。家族がいる人は迷惑になりますし、防音がきちんとできていない集合住宅などでは近所迷惑になるからです。

そこで「カラオケに通う」事をおすすめします。スポーツジムに通い筋トレをした方が、自宅で筋トレをするよりもモチベーションが上がり続けやすいと思います。

カラオケに定期的に通う事で、長期的なハスキーボイス作りを進める事ができるようになるでしょう。

会社と自宅の間にある入りやすいカラオケ店を探したり、一人でも入りやすいカラオケ店を探しましょう。「一人専用」のカラオケボックスもありますので、利用すると便利ですよ!

7.まとめ

安全に憧れのハスキーボイスを手に入れる方法を考えてみよう!

ハスキーボイスを作る時は、長期的に計画的に行うようにしましょう。

短期集中型でハスキーボイスを作ろうとすると、声帯に負担が大きすぎてポリープができるなど問題が起こる可能性があります。

理想のハスキーボイスを聞きながら、徐々にその声に近づけるようにしましょうね!