わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

生きるのが辛いと感じた時に試したい「6つのこと」を教えます。

生きるのが辛いと感じた時に試したい「6つのこと」を教えます。

生きるのが辛いと感じた時に試したい「6つのこと」を教えます。

1.ゆっくり眠る
2.運動をしてみる
3.自分が気持ちの良い事をする
4.海外に行ってみる
5.紙に書き出す
6.「他人は全員幸せ」ではない
7.まとめ

「生きるのが辛い」そう感じる瞬間があるかもしれません。

人生はなだらかなだけではなく、良い時期だけがずっと続く事はないからです。

自分が辛い時期にだってできる事があります。

ちょっと考え方を変えるだけで気持ちが楽になるかもしれません。

1.ゆっくり眠る

生きるのが辛い時にすること「①・ゆっくり眠る」

生きるのが辛いと感じる時は、何かしらの原因で疲れている可能性が高いです。

まずは「ゆっくりと眠る」事を心掛けてみましょう。時間が取れる人なら、週末を全て睡眠にあてるようにしましょう。

金曜日のうちにカレーや野菜スープを作り、パンを購入して用意しておくと、週末は何もしなくて済みます。睡眠パーティーのようなつもりで、できるだけ眠ってみましょう。

眠れない場合も、パジャマを脱がずにできるだけダラダラするようにします。もしぐっすりと眠れるようだと、翌週は少し元気になっているはずです。

寝不足が解消されて、体調が良くなれば、心の状態も改善します。またたくさん眠ると、運気が変わるといわれています。

ちょっと運に恵まれていないと感じている人は、長時間眠る事で良い運気を呼び込みましょう。




2.運動をしてみる

生きるのが辛い時にすること「②・運動をしてみる」

生きるのが辛い時に「走り出す」人がいます。何も考えずにランニングに集中しているうちに、頭がスッキリする事があります。ランニングには気持ちを前向きにする効果があるといわれています。

実際にランニング中に気分が高揚した経験を持つ人は多いと思います。走るだけでなく全ての運動には、心の状態を改善する効果が期待できます。

うつ病などの心の病を改善するのに、運動は効果的だという研究結果も出ています。運動をしてたくさん汗をかくとスッキリします。

気持ちがスッキリするだけでなく、汗と一緒に老廃物や、溜まりすぎている水分が排出されますので、体調も良くなるでしょう。

長期間定期的に運動をすれば、きっと誰でも前向きな気持ちになれます。ボディラインもスッキリし、自分に自信が持てるようになるかもしれません。

3.自分が気持ちの良い事をする

生きるのが辛い時にすること「③・気持ちの良い事をする」

例えば服装を選ぶ時、どのような理由で選んでいるでしょうか?生きるのが辛いと感じている人は、「他の人に変だと思われないように」服装を選んでいるケースがあります。

人の目を気にしすぎると、生きるのが辛くなります。人の目は自分ではコントロールできませんし、本当に他人が自分をどう見ているのかは推測に過ぎないので、本音は分からないからです。

答えが出ないのに、そこに執着するのは意味がなく辛い行為です。服装を選ぶ時に「自分が気持ちが良い服装」を選ぶようにしてみましょう。他人の目ではなく、自分の気持ちが上がるような服装を選びましょう。

髪型を整える時も、「他の人に変に思われないように」髪型を決めるのではなく、自分の気持ちが上がるような髪型にします。考え方を変えるだけで、服選びも、髪型を整えるのも楽しい気持ちでできるようになります。




4.海外に行ってみる

生きるのが辛い時にすること「④・海外に行ってみる」

環境を変えると、気分も大きく変わります。特に海外に行くと気持ちが大きく変わる人がいます。生きるのが辛い時は、海外旅行に出かけてみましょう。

開放的な明るい気分になりやすいのは、気温が高い国です。ハワイやアメリカの西海岸、東南アジアの国々などがおすすめです。

南半球にある国は、日本と季節が逆です。日本の冬の寒さが厳しい時期に、南半球のオーストラリアやニュージーランドに行くと、温かい気候の中過ごす事ができます。日本人以外の人と一緒にいると、他の人の目も気にならなくなります。

また、これまでの生活がリセットされるかもしれません。目に飛び込むものがすべて新鮮なので、気持ちもリフレッシュできるでしょう。

5.紙に書き出す

生きるのが辛い時にすること「⑤・紙に書き出す」

辛い気持ちが頭の中に渦巻いている時は、頭の中から辛い事を追い出すと良いです。

その方法のひとつに「紙に書き出す」方法があります。生きるのが辛いと感じる理由を、紙にどんどん書き出してみましょう。たくさん紙に書き出しているうちに、心の変化に気付くかもしれません。

「あれ?スッキリしてる」と思えるようになるかもしれません。なぜ辛いのかを紙に書き出す事で、客観的に見る事ができます。他人の悩みのように見えるかもしれません。

他の人の悩みを聞いた場合、どうすれば状況が良くなるか何かしらのアドバイスをする事ができるでしょう。自分の悩みに対しても、客観的に見る事ができればアドバイスができるようになるはずです。

特に答えをみつける事をしなくても、客観的に見る事で「たいした悩みじゃない」と思えるかもしれません。このような気付きがあった瞬間に、辛さが溶けていくはずです。




6.「他人は全員幸せ」ではない

生きるのが辛い時にすること「⑥・他人は全員幸せではない」

生きるのが辛いと思っている人は、自分以外のほとんどの人が幸せだと思っている事があります。しかし当たり前ですが、そんな事は全くありません。

もしかしたら自分は恵まれている方かもしれません。みんなが同じくらい辛い思いをしていると思えたら、自分の辛さは特別ではなくなります。

7.まとめ

生きるのが辛いと感じた時。まず試したいことを考えてみましょう。

生きるのが辛いと感じたら、まずは体を休めましょう。そして適度な運動をしましょう。

体からアプローチして心をスッキリさせましょう。気分転換したり、悩みを客観的に見る事、さらに自分だけが特別に辛いわけではないと知ると、大げさに悩まずに済むかもしれません。