ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

他人に興味を持てない人に共通する6つの心理とは?

他人に興味を持てない人に共通する6つの心理とは?

他人に興味を持てない人に共通する6つの心理をご紹介します。

1.自分の事だけが好き
2.人間以外に強い興味を持っている
3.優先順位がハッキリしている
4.「他人の目」を気にしている
5.生きることで精一杯な人
6.「自分なんて…」と思っている
7.まとめ

学校や職場で話をしている時に、「この人は他人に興味がないんだな」と感じる人がいますよね?

こういったタイプの人は、なぜ他人に興味を持てないのでしょうか?

他人に興味を持てない人に共通する6つの心理をご紹介します。




1.自分の事だけが好き

他人に興味を持てない人の心理①・自分の事だけが好き

自分の事が好きな「ナルシストタイプ」の人は世の中に多いですが、このタイプの人がさらに進んで行くと「自分だけが好き」という状態になってしまいます。

誰かに会って話をしても、「自分はなんて可愛いんだろう」「自分はなんてかっこいいんだろう」とか、「私は本当にトークが上手」とか「お笑いタレントみたいにみんなを回す事ができている」などと思っています。

誰かと一緒にいても、興味の対象が「自分」になっていますので、一緒にいる人からすると白けてしまいます。

そして「自分だけにしか興味がないんだな」「他人に興味が持てない人だ」と思われてしまうのです。

このタイプの人は自分に自信があり、現在は「ノリノリ」な状態ですから、勢いが収まるまで他人に興味が持てないかもしれません。

2.人間以外に強い興味を持っている

他人に興味を持てない人の心理②・人間以外に強い興味を持っている

他人に興味はもてないけれど、他の事に強い興味を持っている人もいます。

例えば「昆虫が好き」がいます。昆虫の世界は奥深く、一人でも楽しめる世界です。

山奥に入り目当ての昆虫を探している時が、このタイプの人にとって至福の時間になるでしょう。

誰かと一緒に話をしたり、異性とデートをするよりも、昆虫と触れ合う時間を持ちたいと思っています。




3.優先順位がハッキリしている

他人に興味を持てない人の心理③・優先順位が明確

大きな目標を持っている人や、大きな夢を持っている人は、同級生や同僚に対して強い興味を持つ事はないかもしれません。

キャンパスライフや、仕事と目標や夢を両立する事は、並大抵の事ではないからです。

朝から寝る時間まで、目標を達成するためのタスクが並んでいるため、なかなか他の人と談笑をしたり、ゆっくりと時間を過ごす事ができません。

そのため「他人に興味が持てない」と思われてしまいがちです。しかしこのタイプの人は「優先順位」がハッキリしていて、優先度の高い事柄から順番に興味を持っています。

もしかしたら、現在は「他人に対する興味」の順位が低いだけかもしれません。

目標を達成したり、夢を達成して余裕ができたら、いろいろな人と楽しく話をしたいとか、一緒にのんびりした時間をすごしたいと願っているかもしれません。

4.「他人の目」を気にしている

他人に興味を持てない人の心理④・「他人の目」を気にしている

誰かと一緒にいる時に「他人の目」が気になる人がいます。

このタイプの人は「他人に興味が持てない」というよりも、「他人の目」が気になりすぎてしまっています。

例えばAさんとふたりきりになった時、このタイプの人はAさんそのものに興味を持つよりも、「Aさんが自分の事をどう見ているか」に興味を持っています。

変に思われないようにしようとか、嫌われないようにしようという事で頭がいっぱいになっているため、Aさんそのものに興味を持つ余裕がないのです。

「誰かにどう思われても気にしない」と思えるようになれば、純粋に他人の個性に興味を持つ事ができるようになるはずです。

ナルシストのように自分が好きというわけではないのですが、「他人の目を通して自分ばかりを見ている」という点では、とても両者は似ています。




5.生きることで精一杯な人

他人に興味を持てない人の心理⑤・生きることで精一杯

仕事が順調に行っていない人や、経済的な苦境に立たされているような、「生きるので精一杯な人」は、他人に興味を持つ余裕がありません。

他人がどう思うかよりも仕事を成功させたい、誰かに好かれるよりも一円でも多くお金を稼ぎたいと思ってしまっていますので、他人に純粋な興味を向ける事は難しいでしょう。

このような苦しい時期はどのような人にも、一時的に起こります。苦しい時期を乗り越えれば、本来持っている他人への興味も復活するでしょう。

6.「自分なんて…」と思っている

他人に興味を持てない人の心理⑥・自分なんてと考えている人

例えば素敵な異性を見かけた時に、「付き合いたい」と思う人は普通の人です。

しかし「自分なんて付き合えるわけがない」と決めつけてしまう人は、他人に興味が持てない人です。

他人に興味を持ちたい気持ちはあるのですが、興味を持って好きな気持ちが強くなってしまった時に、苦しい思いをすると思っています。

「好きになって傷つくくらいなら、最初から興味を持たないで置こう…」このようにネガティブに考えています。そもそも「異性と付き合えない」と決めているのは自分だけで、現実がその通りとは限りません。

案外、周囲の人から見れば、魅力的な男性や女性かもしれません。すぐに「自分なんて…」と思ってしまう人は、考えを改めてみましょう。

他人に興味を持ち、誰かを好きになる事の楽しさを知ると、きっと人生が豊かになるはずです。

7.まとめ

他人に興味を持てない人に共通している心理とは?

他人に興味が持てない人の中には、自分に興味が集中している人、人間以外に興味が集中している人、さらには他人に興味を持つ余裕がない人がいました。

時期的なものもあれば、精神的なものなど、理由は様々です。基本的に誰もが人間社会で生活をするのですから、他人に興味を持った方が楽しい人生になりそうです。