ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

告白の断り方は相手を一番に考える|5つのポイントをチェック!

告白の断り方は相手を一番に考える|5つのポイントをチェック!

告白の断り方は相手を一番に考える|5つのポイントをチェックしましょう!

1.相手に恨まれてしまわないこと
2.曖昧な対応はしない
3.面と向かって対応をする
4.相手にきちんと理由を告げる
5.必要がないことは言わない
6.まとめ

「興味のない人から告白された」「他に気になる人、好きな人がいるのに、告白されてしまった」こういう経験をしたことがありませんか?

このように告白されてしまった場合、断り方を考える必要がありますよね。

そこで、告白の断り方についてチェックしておきましょう。




1.相手に恨まれてしまわないこと

相手を尊重して、相手に恨まれてしまわないことに気をつけることが大事。

告白の断り方については悩んでしまいがちですが、まずは、「相手に恨まれてしまわないように気をつける」ことが一つのポイントとなります。

相手の方は、自分に対して勇気を持って好意の気持ちをぶつけてくれたということですから。その思いに対しては誠実に対応することが一つのポイントとなります。

こっぴどく断ってしまうことで、相手を傷つけてしまったり、さらに相手からの逆恨みを買ってしまうことにも繋がりかねません。

このため、相手の気持ちに応えてあげることは出来ないけれど、相手に恨まれないように丁寧な対応をするということがポイントです。

告白を受けたけれど、お付き合いは難しいということを伝えることは必要ですが、こっぴどく断るという対応だったり、相手が傷つきかねないような対応をすることは避けておくようにしましょう。

2.曖昧な対応はしない

曖昧な対応をすることで、お互いの時間がよくない方向に向かってしまう場合があります。

告白の断り方ですが、相手を傷つけてしまったり、恨まれてしまわないように気をつけるということが大切です。

しかし、だからといってはっきりしない対応というのは避けておく必要があります。

たとえば、「今はまだ分からない」だとか、「考えておく」など答えをはぐらかしておくのは避けておきましょう。

こういった断り方では相手に伝わらない可能性もありますし、相手を期待させてしまうことになってしまい、逆に相手に失礼になってしまうこともあります。

こういった断り方は断っていることにならないこともあり、相手を期待させてしまい、誤解を与えることになりかねません。

相手を傷つけないことは大切ですが、断り方ははっきりと断るようにしましょう。

付き合うことは出来ないということはきちんと相手に伝えなければなりませんし、そのあたりははっきりしておくほうが相手のためになるといえます。




3.面と向かって対応をする

毅然とした態度を持ちましょう!面と向かって対応をすることで相手に真意が伝わるはずです。

告白の断り方ですが、メールや電話などで断りを入れるという方は多いかもしれませんが、そういった断り方は避けておきましょう。

まずは面と向かって告白をされたのであれば、二人きりでもう一度話す機会を作り、そして断るのが誠実な対応となります。電話やメールなどはどうしても相手に対して不誠実な感じにも取れますし、相手もそれでは諦めてもらえない可能性もあります。

もう一度話したいといわれる可能性もありますので、注意が必要となります。

もう一度二人きりで話す機会を設けて、ちゃんと断ることが必要だといえます。

4.相手にきちんと理由を告げる

やはりそれなりの理由があってお付き合いが出来ないんです。相手にきちんと理由を告げることが大事です。

告白の断り方には本当にたくさんの方法があります。例えば、相手にきちんと「付き合えない理由」を述べることも大切です。

告白を断る際に、付き合えません。無理です。と言うだけでは、相手に納得をしてもらうことが出来ない場合もあります。

このため、もしも告白を断る場合には、付き合うことが出来ないという旨をまずは相手に伝えることも大切ですが、理由などもしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

たとえば、他に好きな人がいるということを伝えることも良いですし、気になる人が居るという場合にも、それを正直に伝えるようにしましょう。

また、今はそういった気持ちになれない理由なども伝えてみると良いでしょう。学生の場合には、受験や部活が忙しいので、恋愛に興味がないという理由でも問題はありませんし、社会人の場合にも、仕事に集中したいため、恋愛に興味が沸かないという理由でも問題ありません。

こういった理由を添えるだけで相手は納得しやすくなります。

さらに、こういった理由があることで、相手も気持ちを切り替えることが出来たりしますし、告白をしたけれど、そういった理由ならば自分も前に進むしかないと思えます。

理由がないと相手はモヤモヤとしてしまうこともありますので、こういった理由を添えてみるようにしましょう。




5.必要がないことは言わない

必要がないことは言わない方が良い。これも重要なチェックポイントです。

告白を断る際に必要がないことは言わないようにしましょう。

たとえば「相手の見た目がタイプではない」ということなどは、相手を傷つけてしまいますし、断る際にいわなくても良い事になります。また、相手の友人が気になっているという場合など、友情にひびが入りかねないようなことも、告白を断る際には伏せておくようにしましょう。

他の人を巻き込んでしまうような形は避けるようにしておくのが吉です。

いわなくても良いことは心のうちに留めておきつつ、相手に伝わるように断ることがとても大切なのです。

6.まとめ

告白の断り方は相手を一番に考えましょう。5つのポイントをチェックして間違いのない選択を!

いかがでしたでしょうか。告白を断る際にも、いくつかの事に気を配ることが必要となります。

あまり相手に気を遣わずに断ってしまうと、後で恨まれてしまったりすることもありますので注意をしましょうね。