ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

告白されたときに相手を傷つけない?「5つの告白の断り方」

告白されたときに相手を傷つけない?「5つの告白の断り方」

告白されたときに相手を傷つけない?「5つの告白の断り方」をご紹介します。

1.謝罪の態度
2.時には嘘も必要
3.感謝の気持ちを伝える
4.恋人を作る気がないと伝える
5.やってはいけない断り方
6.まとめ

告白されたとき、どのようにして断りますか?

ズバッと断っても良いのですが・・。やっぱり相手を傷つけるような断り方は避けたいですよね。

相手を傷つけない5つの告白の断り方をご紹介します。




1.謝罪の態度

告白の断り方①・「謝罪の態度を見せましょう。」

告白を断るということは相手の好意を拒否するということです。なので、まずは「気持ちにこたえられなくてごめんなさい」ということを伝える事が大切です。

結果的には断ることになるのですが、謝罪の気持ちがあれば相手が傷つく度合いも浅くて済みます。

「勝手に告白してきたのだから」という気持ちで告白を断るのは絶対に良くありません。

もしかしたら断った相手の人とはこれからも円滑な関係を続けなければいけないかもしれませんよね?

そのときにきまずくなってしまったらお互いにやりにくいのではないでしょうか。まずは「ごめんなさい」という気持ちを伝えるようにしましょう。

2.時には嘘も必要

告白の断り方②・「時には嘘も必要だと言えます。」

断るときに相手の事を拒否するような言い方はやはり傷ついてしまいますよね。「好きな人がいる」という言い方をすると相手もあきらめやすいです。

もし、好きな人がいなくても「ごめん、好きな人がいる」という言い方をすれば、相手も「それなら仕方がないかな・・」と思ってくれる可能性があります。

今後も相手の人と人間関係が続くならはっきりと断るよりも、嘘でも良いから「好きな人がいる」と言った方が相手も傷つきにくでしょう。やはり、誰でも自分の事を拒否されると傷つくものですよね。

そこで、好きな人がいるからと言われたら拒否されたという気持ちにはならないと思います。嘘をつくなんてと思うかもしれませんが、時には相手を傷つけないための嘘は必要なときがありますよ。




3.感謝の気持ちを伝える

告白の断り方③・「感謝の気持ちを伝えることで相手に伝わるものがあります。」

そして、断るときに大切なのは相手に感謝の気持ちを伝える事です。例えば「気持ちは嬉しいんだけど」と前置きがあると相手が傷つくのが少なくなります。

まずは、自分に行為をもってくれたことをに対して感謝の気持ちを伝えてからその思いには答えられないといいましょう。

ただ、「付き合えない」という一言だけでは相手のプライドを傷つけてしまう可能性があるので、注意が必要です。

結果は「付き合えない」とはっきり断るのですが、一言感謝の気持ちを伝えるとそれだけで結果をオブラートに包む事が出来ます。

4.恋人を作る気がないと伝える

告白の断り方④・「恋人を作る気がないと伝えてみましょう。」

もし、はっきり断ることが出来ないという場合は恋人を作る気がないという言い方も一つの方法です。

理由は何でも良いのですが、例えば「仕事に集中したい」「前の恋人と別れたばかりで恋愛したい気分ではない」など理由は何でも言いと思います。

このように断られると相手に対して気がないから断っているわけではないということが伝わります。そのため、拒否されたと思われないので少しでも相手が傷つくのを避けることが出来ます。

ただ、この断り方だと相手があなたの事をあきらめない可能性があるので、注意が必要です。

自分の事を拒否されたと思わないため「じゃあ、恋愛する気分になるまで待とう」と思う人もいる可能性があります。相手に気を持たせないためにははっきりと断った方が良い事もあります。




5.やってはいけない断り方

告白の断り方⑤・「やってはいけない断り方には注意が必要です!」

では、反対にこの断り方は絶対にNGという言い方を紹介します。その言い方は「考えさせて」という言い方です。つまり、はっきりと断らない言い方は良い断り方とは言えません。

考えさせているのに実は付き合う気がないというのは相手に失礼です。

本当に付き合うか考えているなら良いのですが、相手の気持ちにこたえる気がないのに中途半端に相手に気を持たせるような言い方は絶対に良くありません。

そして、相手を待たせたあげくいざ断ったときにはショックが大きくなります。相手によっては逆恨みをされる可能性があるので、曖昧な言い方をしないようにしましょう。

付き合う気がないのに、曖昧な答え方をするのは逆に相手に失礼です。付き合う気がないならはっきりと答えるようにしましょう。

そして、良くあるのは相手の事を弟や妹、兄や姉のようにしか見えないという断り方です。一見すると上手な断り方に見えるかもしれませんが、告白した側がプライドを大きく傷つけられてしまいます。

一人の男性、女性として見られていないというのはすごくショックなので、嘘だとしてもこのような断り方はやめておいた方が無難ですね。

6.まとめ

告白されたときに相手を傷つけない?覚えておきたい「5つの告白の断り方」をご紹介しました!

上手な告白の仕方とやってはいけない断り方を紹介しました。

告白をする方もすごく勇気がいりますが、断る方も勇気が必要なのですよね。

もちろん相手の気持ちにこたえてあげられる人は良いのですが、そうではない場合はどうしようかすごく迷ってしまうと思います。

ですが、相手の気持ちに答える気がない場合ははっきり断ることも相手のためですので、言い方を考えながら上手に答えるようにしましょう。

告白されるということは人生の中でたくさんないかもしれませんが、いざというときに慌てないようにしましょうね♪