ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

面長でも楽しめるヘアスタイルに挑戦!アレンジだって可能にする方法は?

面長でも楽しめるヘアスタイルに挑戦!アレンジだって可能にする方法は?

面長でも楽しめるヘアスタイルに挑戦!アレンジだって可能にする方法をご紹介します!

1.面長の方が挑戦しやすいヘアスタイルとは
2.似合うスタイルは他にもある
3.ヘアアレンジだって楽しめる!
4.まとめ

自分の顔の輪郭を気にする女性は多くいるかと思います。

面長の女性が輪郭を気にせずに挑戦しやすいヘアスタイル、似合うヘアスタイルのポイントをご紹介したいと思います!

1.面長の方が挑戦しやすいヘアスタイルとは

面長の方が挑戦しやすいヘアスタイルは「ボブ」!

面長と言っても、おでこが広い・狭いや頬骨が出ている・出ていないなど、人それぞれ異なります。そのため一概には言えませんが、面長の方が特に似合うスタイルはボブだと思います。

ボブにも色々と種類がありますが、ここでおすすめしたいのがAラインのボブです。

さらに加えて、長く重ためのワイドバングを作ることがポイントです。面長とは、顔の割合が横幅より縦幅の方が多い輪郭です。そのため面長を解消させるためには、縦の割合を少なくさせる必要があります。

そこでまず重要になってくるのがバングです。目ギリギリのラインでカットすることで縦幅の割合を少なくします。さらに重みがあり幅の広いバングを作ることで、横幅の印象を作ることができ、面長の印象を軽減させることができます。また小顔効果も得ることができます。

そしてAラインにすることで、毛先にボリュームが出てひし形のシルエットになります。そのため、縦幅が狭い印象を与えることができ、面長をカバーすることができるのです。

面長の方に似合うヘアスタイルは、バングとスタイルのシルエットが大事になります。

長く重みのあるワイドバングとAラインのボブを作ることで、横幅の印象を作り出せるので両方を取り込んだ方がより似合うかと思います。

しかし、どちらかだけでも挑戦しやすい部分であると思うので、やったことのないという方にはぜひ気分転換したい時に挑戦していただきたいです。




2.似合うスタイルは他にもある

丸みを作ることで横幅を作り、柔らかな印象を出してみましょう!

面長の方にはボブが似合うと紹介してきましたが、それだけではおしゃれが楽しめません。

ボブがとくに似合うということであり、ショートヘアもロングヘアも似合わせる方法はあるのです。

ショートヘアの場合は、丸みを作ることが大事になります。丸みを作ることで横幅を作り、また柔らかな印象を与えます。

さらに、サイド部分にカールや動きがあるとボリュームが出て視線を散らすことができ縦幅を強調しません。ロングヘアの場合は、フェイスラインにレイヤーを入れると動きを作り出しやすく横幅の割合を作ることができます。もちろんカールがあっても似合います。

どのヘアスタイルも、バングを広く厚めに作ることと、サイド部分に動きを作ることがポイントになるかと思います。




3.ヘアアレンジだって楽しめる!

面長が気になっていても、ヘアアレンジだって楽しめるんです!

輪郭を気にするあまり、気になる部分を隠してカバーしようとしてしまいますよね?

アレンジや結婚式などのヘアセットも、ポイントを押さえていればどんなアレンジも楽しむことができます。

面長の方のアレンジでは、バングを長めに残すことが大事です。また、サイドに後れ毛を作ることで横幅を作ることができ輪郭をカバーすることができます。

他にも、外側に向かって跳ねるような動きやカールを作ると横へと視線を散らすことができ、面長を気にすることなく髪をまとめたりアップスタイルにすることができます。

4.まとめ

面長でも楽しめるヘアスタイルに挑戦しよう!

面長と言っても人それぞれ顔立ちや骨格が異なるので全ての方に似合うとは言い切れません。

しかし長さのある重ためのワイドバングを作ること、そして顔周りにレイヤーやカールで動きを作り丸みやひし形のシルエットを作り出すことが、面長をカバーしどんなヘアスタイルをも似合わせることができるポイントかと思いますよ!