ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

情緒不安定になる原因は睡眠不足|ストレスと睡眠を見直す理由とは?

情緒不安定になる原因は睡眠不足|ストレスと睡眠を見直す理由とは?

情緒不安定になる原因は睡眠不足|ストレスと睡眠を見直す理由を解説します。

1.睡眠不足はいちばんの原因!
2.運動不足はストレスをためます!
3.まとめ

学生の方が情緒不安定になってしまうと、学生生活に支障がありますよね?

会社員の場合、同僚と協力して仕事をこなすことも難しくなってしまいます。

なぜ情緒不安定になってしまうのでしょうか?原因と対策をチェックしておきましょう!




1.睡眠不足はいちばんの原因!

情緒不安定を引き起こす一番の原因は睡眠不足?

情緒不安定になってしまう、そんな時に考えられる一番の理由が「睡眠不足」です。

睡眠不足になると、普段は心が安定している人でも、途端に情緒不安定になってしまう可能性があります。

情緒不安定になると、何かと怒りやすくなったり、すぐに涙が出てしまうなど、普段では考えられないくらい感情の起伏が激しくなります。

若い学生時代は比較的時間があり、睡眠時間をたっぷり取れるはずですが、社会人になるとついその忙しさから不規則な生活を送ってしまい、結果的に睡眠時間が足りなくなってしまうことが多くあります。

学生でも大学生になると夜に友達と居酒屋でお酒を飲んではしゃぐのが楽しくて、どんどん眠るのが遅くなってしまいます。朝は眠くて起きれないので、昼過ぎにようやく目を覚ますような夜型生活になる人もいます。

規則正しい生活ができないと、睡眠時間が足りているようでも、眠りが浅くて質の悪い睡眠が多くなってしまうことも考えられます。

友達の行動にイライラする機会が多くなったり、誰かとケンカをする機会が増えてきたら、自分の生活を見直してみましょう。

社会人になると、勤務時間以上に働く機会が増えてきます。時間外労働をすると、途端に睡眠時間が短くなってしまいます。睡眠不足が続くと、情緒不安定になるだけでなく、集中力も持てず、作業効率も落ちてしまいます。

それが職場での信頼を失うことに繋がるかもしれません。そんな時はできるだけ睡眠時間を確保できるように工夫しましょう。

仕事は長期的なスパンで考えて、一時的に睡眠不足になるほどがんばるよりも、確実に信頼を築けるような働き方を目指しましょう。




2.運動不足はストレスをためます!

運動不足はストレスの原因?結果として情緒不安定になる危険も・・。

運動不足になると、情緒不安定になりやすいと言われています。そういった状況の時は、適度な運動をすることでストレスを解消することができます。

学生生活では、就活の時、または卒業レポートを制作する時に強いストレスを感じると思います。そういった感覚のある方は社会人になると、毎日ストレスを感じる生活になりがちです。

ストレスを溜めると、情緒不安定になるだけでなく、そこから精神的な病になることもありますので注意が必要です。

このような状況になる前に、定期的な運動をするよう心がけましょう。学校が終わった後、または会社が終わった後で、ランニングをするのもオススメです。

時間がない男性は、ランニングシューズを履いて出勤し、ランニング用のリュックに荷物を入れる「通勤ラン」や「通学ラン」を取り入れてみましょう。

3.まとめ

情緒不安定になる前に!ストレスと睡眠不足について見直してみましょう。

情緒不安定になる大きな原因の一つとして「睡眠不足」が大きく影響していると言われています。これを機会に不規則な生活を見直して、時間外労働をしないような工夫をしましょう。

また運動不足になると、ストレスがたまってしまいます。過度にストレスがたまれば情緒不安定になり、精神的な病にまで発展することも考えられます。

そういった身体の変化を感じた時は、ランニングをしたりスポーツジムに通って適度な運動をして、ストレスがたまりすぎないように自分をコントロールしましょう。