ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

初デートにおすすめ!デートスポット10選&NGなスポット8選!

初デートにおすすめ!デートスポット10選&NGなスポット8選!

初デートにおすすめ!10コースのデートスポット&8つのNGスポットをご紹介します!

1.初デートの成功には、場所選びが大切!
2.初デートにおすすめの場所・10選
3.初デートでは避けたい場所・8選
4.まとめ

初めてのデートって
どこに行ったらいいのかさっぱり・・・
そんな方のために
悩ましい初デートの場所をまとめました!

避けるべきNGスポットも抑えれば
これで間違いなし!

しっかりデートスポットを考えて
好きなあの子との初デートに備えましょう♪

1.初デートの成功には、場所選びが大切!

初デートの場所選び。今後の運命を決める瞬間です!

今後の付き合いがどうなるかまで関わってくる大事な大事な初デート!となれば、当日までに考えなくてはいけないことがたくさんありますね。

そんな中でも、場所選びに苦労させられた方も多いのではないでしょうか?


彼女に楽しんでもらえる場所、それでいて男性として意識してもらえるような場所。それって一体、どんなところ?



ということで!初デートにおすすめの場所と、できる限り避けておきたいデートコースをまとめました!




2.初デートにおすすめの場所・10選

大事な初デート。行き先を決めることが一番大事かもしれません!

▼【①・口下手さんも安心の『映画館』

初デートの場所として、よくおすすめされる『映画館』。観ている間は会話を気にしなくて済みますし、観終わってから食事をするにしても、映画の話で会話をもたせることができるので、やはり、初デートに『映画館』はテッパンと言えるでしょう。



何を観るかは、事前に彼女と打ち合わせて決めておくと、待ち時間なしで入場することができるので、時間をもて余すこともありません。



また、『映画館』で購入することのできるパンフレットや限定グッズなどに興味がある女性も多いので、上映前か後に、「グッズ見ていく?」などと声をかけられると、気遣いに喜ぶ女性も多いでしょう。

▼【②・動物好きなら会話の尽きない『動物園』

日頃の会話で動物が好きなことが分かっていたら、初デートは『動物園』など動物のいる場所がおすすめです。最近だと、猫カフェやふくろうカフェといった特定の動物のいる喫茶店もあるので、そのような場所へ彼女の好みに合わせて行っても良いですね。



しかし、『動物園』もまた、遊園地と同様に歩くことが多く、坂道であることも多いので、適度な休憩を入れるなどの気遣いは忘れないようにしましょう。



また、高台にある『動物園』などでは、日が暮れてくると肌寒くなってきますので、羽織ものを貸すなんていう男らしさを見せる場面もやってくるかも!

▼【③・ちょっとした非日常空間『水族館』

動物好きの彼女との初デート場所なら、動物園だけじゃなく、『水族館』も良いですね。『水族館』も、次から次へと魚たちを見ていくので、会話のネタに困りません。



また、薄暗い室内での展示になっているので、天気に左右されず、夜景を眺めているかのようなムードもあるのが魅力のひとつ。混んでいる時なら、はぐれないようにと自然に手を繋ぐこともできるかもしれません。




▼【④・ワイワイ楽しめる『遊園地』

ディズニーランドやUSJといった『テーマパーク』は、定番ながら、比較的盛り上がりやすい初デート場所と言えます。一日中遊べるぐらいの規模なら、日が暮れてから観覧車に乗るなどすれば、ムードを作りやすいというのも便利。



事前に彼女が好きなキャラクターを知っているなら、そのキャラに合わせた『テーマパーク』へ。そのほか、絶叫系が好きだというなら、絶叫系が有名なところへ行くなど、事前にどんな場所が好きかは、聞いておくのが一番です。



また、遊園地は一日中歩き通しになるものですが、初デートだからと気合を入れて、歩きづらい格好をしてきてしまう女性も多いものです。適度に休憩を入れたり、歩幅を緩めるなどの気遣いは忘れずに。

▼【⑤・ゆっくり話せる『カフェ』

初デートでは、あちらこちらへと出かけるよりもお洒落な『カフェ』で腰を落ち着けて、話がしたいという女性も多いものです。ただ、口下手同士だと、会話が弾まず、次のデートへと繋げられない可能性も高くなってしまうのが難点。



『カフェ』を初デート場所に選ぶ際には、まず、お洒落なお店を選ぶことはもちろんですが、声を張らなくても話がしやすい落ち着いた雰囲気のお店を選ぶことをおすすめします。



店内がこじんまりしていて、席同士が近い『カフェ』だと、混んでくると話し声がうるさく、お互いの声が聞き取りにくくなりますし、長居し難くも感じてしまい、ゆっくりできないので、気をつけてください。

▼【⑥・ROUND1などの『スポーツ複合施設』

ROUND1と言えば、カラオケにボーリングにゲームセンター、それからさまざまなスポーツを楽しむことのできる『複合施設』です。アクティブな遊びの多い場所なので、体を動かすことが好きな彼女を初デートに連れていくのにおすすめ!一緒に体を動かして、汗を流せば、2人の距離が近づくことは間違いありません。



ただし、ひとつ注意しておきたいことが、初めにプレイするものは自分の得意分野か、せめて苦手分野を選ぶことはしないようにしましょう。得意分野で格好良さを見せてからであれば、苦手分野も可愛らしく受け取ってもらえますが、反対だと格好良さが半減してしまう恐れがあるんです。

▼【⑦・のんびりピクニック気分で『公園』

『公園』は、初デートまでにそこそこ親しくなっていて、料理が得意な女性とのデート場所として最適です。日頃から、料理が得意なことをアピールする女性は、密かにその腕前を披露することのできる場所を求めているので、気合の入ったお弁当を作ってきてくれるはず。



ただし、基本的には『公園』を散策して、ピクニック気分でご飯を食べてというコースになるので、会話が盛り上がらないと気詰まりしてしまう恐れがあります。




▼【⑧・甚平でギャップも見せられる『お祭り』

初デートに誘う口実としても使いやすいのが、『お祭り』。イベントごとなので、非日常感も強く、男性のことをいつもよりも素敵に感じてしまう女性が多いというのも、デート場所として使えるポイントです。



『お祭り』デートをするなら、「俺も甚平着ていくから、君も浴衣着てきてよ」というように、2人で打ち合わせをしておくのがおすすめ。何も言わずに、相手は普段着で、自分だけ甚平では、彼女が「自分も浴衣を着て来たら良かったかな」なんてことが気になって、お祭りを楽しめなくなってしまう可能性があります。



また、甚平姿の男性を好む女性も多いので、ギャップを狙っていきましょう。

▼【⑨・ドキドキしやすい『花火大会』

こちらもお祭り同様、夏に多いイベントですが、間近で観る花火は、その音の大きさに鼓動が早まるもの。それは、一種の吊り橋効果になりますし、そのドキドキを共有することは、2人の仲をとても近づけてくれるものです。



花火大会が終わって訪れるちょっとした切なさや寂しさもまた、あなたへの思いを募らせるものへと変わることでしょう。

▼【⑩・ロマンチックな『夜景スポット』

女性意見としては、昼間の内はめいいっぱい楽しんで、すっかり打ち解けた後に行きたい場所として、『夜景スポット』をあげる方が多いです。すでに好意を抱いている相手からは、「初デートのそのタイミングで、夜景をバックに告白を受けたい」といった女性も多数。



ロマンチックな夜景を眺めながら、今日の感想をお互いに話して、帰りがたい気持ちを募らせるのも、恋愛のテクニックとして、とても有用でしょう。




3.初デートでは避けたい場所・8選

絶対にダメ!初デートは想像以上にデリケートなものなんです!

▼【①・テリトリーである『自宅』

まだ付き合いの浅い内に『自宅』デートなんていうのは、女性からしたら身の危険を覚えて、避けるのが一般的です。

また、たとえこれまでに友人付き合いが長く、何度か『自宅』にも来たことがあるという女性相手だったとしても、それならそれでせっかくの初デートぐらいは、ちゃんとしたデートをしたいところでしょう。



どちらにせよ、『自宅』へと連れ込むのは、初デートでは時期尚早。彼女に対して本気だったとしても、付き合ってもいない内に『自宅』へ誘われれば、「軽い女だと思われている」と勘違いされ、嫌われてしまう可能性も。

▼【②・近くて手頃な『ファミレス』

初デートの食事場所は、とても大切です。女性はデート場所のチョイスもですが、食事場所のチョイスは特に厳しく見ていることが多いのです。


あまりに高級な場所は、かえって緊張してしまって、いやだという女性も多くいますが、だからといって、『ファミレス』などの気安すぎる場所では、「その程度の価値の女だと思われている」と、女性のプライドを傷つける恐れもあります。



初デートでの食事場所は、お洒落で料理の質もそこそこだけど、気軽に入ることのできるお店がおすすめです。

▼【③・密室になる『カラオケ』

『カラオケ』は、すでに音楽の趣味がお互いに合うことが分かっていて、そんな話で盛り上がっていたことがあるなら、その会話の流れから、初デートの場所として誘うのには、OK。



しかし、以上のようなことがなく、突然の誘いであれば、密室になることから『カラオケ』を嫌がる女性も多いので、気をつけてください。



また、歌が上手な男性であれば、『カラオケ』で好意をもたれる可能性も大いにありますが、そうでない場合には、むしろ評価が下がってしまう可能性もありますので、こちらもご注意ください。

▼【④・音がうるさい『ゲームセンター』

デート場所としては、定番とも言える『ゲームセンター』ですが、初デートにおいてはNG。というのも、『ゲームセンター』は機械の音が大きく鳴り響いていて、お互いの声を聞き取ることができない時が多くあります。



この時、コミュニケーションが円滑にいかないのは、あくまで周りの音のせいなのですが、ストレスを感じてしまう方も多いはず。そのストレスがそのまま2人の関係のストレスとして捉えられて、相性が悪いと感じられてしまう可能性もあります。




▼【⑤・汗だくになってしまう『ライブ』

お互い好きなアーティストがかぶっていたともなれば、『ライブ』は誘いやすい口実になるかもしれません。しかし、それが飛んだり跳ねたりが激しいタイプのライブなら、あまり初デートには向かないものと言えるでしょう。



『ライブ』は、普段は出せない素を出して、盛り上がることをひとつの楽しみとしている方も多いですが、その横に、まだそれほど親しくない相手がいてはどうでしょうか。もしも、あなたのことを異性として意識していたとしたら、尚の事、「女性らしくしていたい」と思うでしょうし、それでは『ライブ』を全力で楽しむことはできません。



結果として、『ライブ』は不完全燃焼で、デートの盛り上がりに欠けてしまうということもありますので、お互いに素を出せるようになってからでないと、『ライブ』デートは成功させることが難しいでしょう。

▼【⑥・静かにしていなくてはいけない『美術館』

『美術館』は、作品を楽しむための場所ですから、あまりダラダラと会話しながら鑑賞していると、周りの迷惑になってしまうこともあって、基本的には口数少なく回ることになります。



お互いが芸術に本当に興味があるのであれば、それでも充実した時間を共有することができると思いますが、そうでなければ、ただただ苦痛な時間になってしまうでしょう。



また、お互いに芸術鑑賞が好きな場合でも、鑑賞ペースにズレが生じ、不和を生んでしまう可能性もあります。ですから、『美術館』デートは、初デートではなく、それぞれ回っていても楽しめるぐらいに気心が知れてからがおすすめです。

▼【⑦・最近はデートスポットと言われる『競馬場』

近年、客寄せの一貫として、会場をきれいにして、花火を打ち上げるイベントを盛り込むなど、デート場所にもなってきている『競馬場』ではありますが、初デートの場所にするには、少し不安が多いところでもあります。



一般的な女性ですと、『競馬場』はあくまでギャンブルをするための場所というイメージが強い方も多いでしょう。そのため、初デートから、そのような場所で連れて行く男性には、『ギャンブル好き』の印象を抱きやすいものです。そして、言わずもがな、ギャンブル好きの男性を好む女性はなかなかいないので……。

▼【⑧・酔わせるためと思われがちな『居酒屋』

『居酒屋』に限らず、バーなどお酒を飲む場所は、初デートの場所としては、警戒心をもたれやすく、不向きです。



ただし、初デートが盛り上がった末に、彼女のほうから「お酒が飲みたい!」などとの声が上がった場合には、『居酒屋』もOK。



お酒に関しては、女性によって考え方がとても違い、「初デートはお茶するよりも、お酒派」という方もいれば、「初デートでお酒なんて危険!」という方もいるので、女性の意向に合わせるようにすることがベターでしょう。

4.まとめ

彼女の好みを探ることも忘れずに!

『初デートにおすすめの場所&避けたい場所』特集は、いかがでしたか?ぜひ、こちらをご参考までに、初デートの計画を練ってくださいませ。



ただ、初デート場所を決めるにあたって、一番大切なのは、相手の好みに合った場所ということです。中には、当日まで場所は秘密にしておいて、サプライズ的に連れて行きたいという方もいるかもしれませんが、それは、女性からするとあまり好まれません。というのも、場所によって、コーディネートを考える女性も多いものだからです。



また、十分に相手の好みを知っているのであればまだしも、そうでなければ、何も相談せずにデート場所を決めてしまうことは、デートの失敗確率も上がってしまうので、「どんな感じのところに行きたい?」ぐらいの話は事前にしておくことをおすすめします。