わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

男女で違う恋愛観|よくわかる10のポイントについてご紹介します!

 2018年3月1日

男女で違う恋愛観|よくわかる10のポイントについてご紹介します!

男女で違う10のポイントとは?恋愛観&考え方について徹底解説します!

男女の違いとは?

見た目はもちろんですが「考え方」「感じ方」「仕事の進め方」「恋愛観」など、様々な違いがあります。

男女の脳はその構造にも違いがあります。

男性の考え方、女性の考え方を中心にその違いと、なぜそうなるのか?ご紹介します!

1.男女の違いはなぜ起こる?

男女の違いはなぜ起こるのでしょうか?

男女の違いはなぜ起こるのでしょう。

男女はお互いに違いがあるから求め合うのですが、その違いからお互いがいがみ合ってしまう経験もあるのではないでしょうか?

様々なポイントをチェックして自分と相手への理解を深めて行きましょう。




2.男女の違いは脳の違いから?

男女の違いは脳の違いから?ポイントを解説します!

▼【1.男女の脳の重さについて

男性と女性の脳の大きさには差があり、男性の脳は約1400g、女性の脳はそれよりも100~200g小さいと言われていて、男性の脳の方が少しだけ大きいそうです。

脳の大きさは知能の高さや頭の良さには関係ないそうで、脳が大きいから能力が高いわけではないことが分かっています。

頭が小さくても学歴が高い人や、医者や弁護士などをしている人はたくさんいますよね。

▼【2.男女の脳の構造の違いについて

男女の脳は大きさ以外にも異なる点があることが分かっていて、それが「脳梁」という部分です。

脳梁とは簡単に言うと、左右の大脳をつなぐ神経のことで、情報処理に関わるものです。

脳梁の太さが異なるせいで、男女では考え方や行動が違うという説を持っている学者も多いそうです。



女性の脳梁の方が太く大きいことが分かっていますが、脳に関してはまだまだ分からないことがたくさんある分野だそうです。

新しい発見が今も続いているのです。



未知の脳のフロンティアが、完全に解明されるにはまだ時間がかかりそうです。

しかし、男女差が脳の構造の違いから来ていることは間違いないそうです。




3.男女の違い!考え方についての7つのポイント!

男女の違い!考え方についての7つのポイント!

▼【1.空間認識について

空間認識能力は、男性の方が女性に比べて秀でているという報告があります。

男性は空間の把握能力が優れているので、地図を見たり車の運転をストレスなくできるそうです。

また、ある建物の設計図を見せた時の脳の反応にも違いがあるようで、男性の脳は明らかに活発になった部分があったのですが、女性の脳は反応が鈍かったそうです。



これから分かることは、男性は設計図を見せた時に活発に働く脳領域が存在し、女性ではあまり見られなかったということです。

つまり、空間認識能力に関しては、男性の脳に優位性があると言えるのかもしれません。



しかしながら、これは単なる傾向で、世界中には多くの女性建築家が活躍していますよね。

そのことからも、空間認識能力は個人差が大きいのかもしれません。




▼【2.言語能力について

世間一般的に、男女が口論になった場合、女性の方が勝つ傾向にあると思われているのではないでしょうか?

また、すぐヒステリックになるとも言われています。実際はどうなんでしょう。

個人個人の実体験ではなく、なにか客観的な視点で、証明できることはないのでしょうか?


男女の脳の構造で一番大きな違いは、脳梁(左脳と右脳をつないでいる組織)と言われる部分で、女性の方が比率的に大きくなっているのをご紹介しました。

専門機関の報告によると、女性が会話しているときは、右脳と左脳全体に反応が明らかに見られたそうです。


 


しかし、男性の場合は、言語中枢がある左脳にしか反応がみられなかったそうです。

つまり、男性は言語領域を駆使して、理論的に話を組み立てて話している傾向があるのに対し、女性は脳全体を駆使して話していると言えることになります。



ですから、女性と口論になったとき、あくまで傾向ですがヒステリック気味に怒ってしまったり、男性は終始落ち着いて関係のないこと以外話さない傾向にあるのではないでしょうか?




女性と口論になったとき、女性は相手の過去の失敗例をあげることがよくあります。



その失敗例が、口論とはあまり関係がないことについてであったりもします。

男性は口論になっても、彼女の過去の失敗例をあげたことはそれほどありませんし、そもそも覚えてもいない場合が多いのです。

脳全体を使って会話をする女性だから、過去の事まで思い出せるということでしょうか?

そう考えると興味深いですよね。



過去の失敗のことまで持ち出され、指摘されては、関係のない話だろうが太刀打ち出来なくなってしまいます。

関係がない話といっても聞いてもらえません。

話のすり替えをしてもお構いなしです。



 

だいたいこれが原因で、男性は女性に口論で負けてしまうのではないでしょうか。

おまけにヒステリックを起こされてはかないません。

男性でもヒステリックな人はたくさんいます。ドメスティックバイオレンスとかはそうではないでしょうか。

女性でも冷静な方はいます。

あくまで傾向として言えることかもしれませんね。

▼【3.コミュニケーション能力について

女性は、男性に比べるとコミュニケーション能力に長けています。

脳の構造、脳梁に関係してくるそうです。脳の構造云々より、実生活でこれはよくわかります。

女性はすぐに友達を作りたがる傾向にあるように思えますし、集団を形成したがる傾向も、男性より大きいのではないでしょうか?



例えば「ママ友」です。子育てをする男性が増えれば、「パパ友」ということ言葉も誕生するのでしょうか?





私的な考えですが誕生はしないと思います。

よく「ママ友」たちは、ベビーカーを押して喋りながら買い物をしている風景に出くわします。



男性の私から言わせてもらいますと、ベビーカーが本人たちにとっても邪魔で、好きな場所にホイホイ移動できず、買い物に不便を感じるのではないでしょうか。

でも「ママ友」たちは、こういう買い物スタイルをするのです。



それは思うに、買い物が目的ではなく、おしゃべりが目的だからだと思います。

コミュニケーションを友人たちととりたいからだと思います。

もし「パパ友」が存在していたら、どうなっているでしょうか?

 

不便を感じてまで、連れ立って買い物には行かない気がするのです。

よくて公園で一緒に子供を遊ばせる程度でしょう。



また、仕事場ではどうでしょう。コミュニケーションに関して、男女差は発見できるでしょうか。

体験談にはなりますがよく目にします。

女性はおしゃべりしながらも(コミュニケーションをとりながらも)仕事をこなすことができます。



男はというと、ひとつのことを集中しながら進めるといった感じで、おしゃべりをする時は手も止まってしまいます。

ですから、男性の人数の多い職場の場合、会話があまり聞こえてこなく「シーン」としていて、寂しい感じもよくします。

女性の社会進出が進めば、より明るい職場になっているきがしますね。




▼【4.マルチタスク能力について

マルチタスク能力も、女性が優れているのがわかります。

例えば買い物をする時です。パートのレジ打ちはほとんど女性です。

これは、パートの仕事が女性の方が圧倒的に多いから当たり前だ、という人もいるでしょう。

時々、男性もレジ打ちしている光景を目にするのですが、仕事内容をよく見ていると、やはり違うように思えます。



女性の場合、お客様に対して愛想もよく、次のお客様の準備などの余裕も見られます。

男性の場合は、目の前の仕事に集中していて、仕事をするのも一つずつ進めているように見えます。

愛想も女性に比べると分が悪い気がします。


 


料理に関してもそうではないでしょうか。

女性は、料理に関して慣れているせいもあるかもしれませんが、お鍋、フライパンなど洗いながら料理を進めることができるように思えます。

男性の場合、シンクにフライパン、お鍋が積んでいるような光景を思い浮かべてしまします。固定概念でしょうか?



個人差があるので一概には言えませんが、マルチタスク能力は女性の方が優位といえ、ひとつのことに集中して仕事をするのは男性優位だと実生活、体験からはそう思えるのです。

▼【5.記憶力について

記憶力は、女性の方が優位性があると思います。

実生活による個人的感想によるものです。

しかし、脳の構造からも言えることらしいです。

記憶に関係してくる脳の中枢は、海馬と呼ばれる部位があるのですが、それが男性よりも女性の方が大きいと言われています。



みなさんも記憶にあるのではないでしょうか?

女性なら「こんな大事なこと忘れる?」と男性に対して思っていたり、逆に男性ならば、「こんな細かいことよく覚えているなー」と感心したり。

わたしはしょっちゅうそのように感じています。




▼【6.論理的思考能力について

論理的思考能力については、男性に分があることは、いままで述べさせて頂いたことからも、明らかではないでしょうか。

脳についてですが、男性は話をする際、定まった言語領域を活かしているのに対し、女性は脳全体を活かして話している。



男性は余分な情報を排除して組み立てて、喋ることができるとも言えるのではないでしょうか。

男女の違い、考え方はここから生まれるのかもしれませんね。



また、男性はマルチタスク機能が脆弱です。逆に言いますと、これも余分な情報を遮断して思考する能力に発揮することができると思うのです。

一般的にも男性は、論理的だといわれてもいますよね。これも個人差がありますが。

▼【7.攻撃性について

攻撃性については、男性の方があるといわれています。

脳の構造からして言えるそうです。

脳の部位に扁桃体という私たちの感情を司る(喜怒哀楽)や、衝動的な攻撃性に関する部位があるそうです。

その部位は、女性よりも男性の方が大きく、そのため、男性は攻撃的だといわれています。



ホルモン物質や神経伝達物質の要因からも、男性は攻撃的になりやすいといわれています。

動物の場合に、この扁桃体に傷ついた動物は、大幅に攻撃性や恐怖感がダウンしたそうです。



これも後天的な影響も多大に有り、傾向を示しているに過ぎないと思います。

 

当然、非攻撃的な男性もいれば攻撃的な女性もいます。

最近では、女性からのドメスティックバイオレンスに悩んでいる男性も多いと聞いたことがあります。



母胎内にいる時の、ホルモンバランスの影響もあるかと思います。

性同一障害の方は、見た目は例えば男性でも中身は女性です。

その場合、攻撃性もあまり、ないのではないでしょうか?




4.男女の違いについて10のポイント!

男女の違いについて10のポイント!男女の違いがよくわかる?

▼【1.おしゃべりしながら仕事ができる女性

「ずーとしゃべっている」あの人(女性)。仕事しているのかなー、と思うこともしばしば。

でも実際は、決められば仕事量はこなしていたりする。

集中して仕事をすればもっと仕事量増やすことできるのに、と思う男性陣も多いのかな?

やることはやっているのだから文句はいえませんね。

▼【2.記念日の記憶

女性は「記念日」に対する記憶が半端ない時があります。

同じ記憶を男性に求められると、困ってしまうこともしばしば。

記念日に対する思いはパートナーとして、同じ時間をその時過ごしていても様々です。

ついうっかり忘れてしまうのもあるのではと思うのですが..。



男性は、パートナーの誕生日すら忘れてしまうこともあったりなかったり。男性の海馬の小ささのせいにするしかないかもしれません。

言い訳に使いましょう。

▼【3.表現力の違い

女性が、男性にものをとってと頼むとき。

女性「あそこのあれとって」、男性「あそこのあれってどれ!」、女性「パカット開けたとこ!」、男性「パカっ?具体的に説明してくれ!」。



女性は抽象表現がおおく、男性は男性はそれに対し、具体性を求めると言えるのではないでしょうか。

女性同士ならわかり合えたりするのだろうか?

「いらっ!」とすることはないのだろうか..。

▼【4.服装身なりの違い

男性は、女性に付き合うまで身だしなみに気をつけます。

付き合いだして、長い月日が経つと怠けてきます。

しかし、女性はいつまでたっても服装身なりに関心が薄れることはないような気がします。



私は男性のせいもあり、服装は多くても3パターンあればOK。

なぜかというとめんどくさいから、いろいろなパターンを考えることがです。

しかし、女性はパターンという認識すらなく、無限に服装を組み合わせ買い足し、自分の満足を追求していく気がします。

しんどくないのかなー?めんどくさくならないのかなー?

いくつになっても流行に敏感なのは女性ですね。関心です。

▼【5.仕事の進め方の違い

男性の仕事の進め方は「結果を見据えて進めていく、いわば結果命!」、女性の仕事の進め方は「仕事の進める過程も大切。

決められたことはきちんと守るべし。

結果はそれによってついてくるスタンス」のように思えます。



仕事のやり方によく注意されたことがありました。限って女性にです。

男性の私にとっては「その決まり、意味があるの、なんの役に立っているの?」と理由を気にしてしまします。女性の場合は「順守命!」。



男性からすると、論理的な裏付けがないとなかなか続けることが難しく、新たな便利な方法を生み出し、実行してしまう。

それでまた、見つかり、注意されてしまう。

この繰り返しなのです。

男女の違いがわかる行動ですね。




▼【6.話し手と聞き手

とにかく女性はお話し好きと思えます。

その話の進め方もいきなり、方向転換ドリフト走行です。

今話していた内容の続きだと思って聞いていたら、いつの間にか話が変わっていた、なんてことは結構ありませんでしたか?

男性の皆さんに、思い当たる節のある女性の皆さん。

▼【7.同意をすればいいの?意見をいえばいいの?

よく女性とお話をしていると、悩み事の相談のようなことを持ちかけられたりします。

でも、自分の意見を言えば、「でも、~」と話だし結局自分で結論を出していたりする。



要するに、女性の人は話を聞いて同意してもらいたいのでしょうか?

男性は、耳を傾けて女性がどのような意見を既に持ち合わせているのか、確認しておいて同調すればいいのでしょうか?

経験からいますと、同調すればいいような気がします。

▼【8.趣味の変化の違い

男性の趣味は、例えば幼児期「機動戦士ガンダム」が好きであれば、大人になっても、そのプラモデルやDVDを購入し楽しめることができます。

しかし、女性の場合では、幼児期にリカちゃん人形が好きだったからといって、大人になっても「りかちゃんが..」と言っている女性にあったことはないですね。



男性の趣味は変化せず、女性の趣味は人形遊び、少女漫画、ファッションなど変化していく傾向があるそうです。

男性は子供のまま、女性は大人へと成長しているといえるのかもしれませんね。

▼【9.出勤風景の違い

女性は出勤するまで化粧もあるでしょうし、時間がかかる傾向にあります。

化粧のみならず、服装、髪型を決めるとなると時間もかかるのでしょう。

しかし、男性はどうせしょうか?髪型?、ほとんど寝癖を直す程度です。

服装?、いつものスーツです。



 

今日の格好と昨日の格好ほとんど同じです。

時間がかかるわけもありませんし、服装に関して意識も低いのでしょう。

私の場合、めんどくさいのと価値を見いだせないためですね。

でも、女性には今のまま貫いて欲しいですね。

職場で隣の女性がいきなりノーメークできたらドン引きです。

▼【10.買い物行動の違い

女性の場合、目的とする買う商品がない状態でも、ウィンドショッピングを楽しめてしまうので、時間がかかる傾向にあるそうです。

そのため、衝動買いの機会も多いのでは?



男性はどうでしょう。

ウィンドショッピングするまもなく、目的行動、買いたいものを購入し、即帰宅になる方が多いのではないでしょうか?

衝動買いをする時間すらありませんね。




5.男女の違い!恋愛について

男女の違い!恋愛についてのポイント。

▼【恋愛男女の違い『心理編』

男女によっての恋愛に対する感情にも、違いがあるように思います。

実際どのような違いがあるのでしょうか。気になりますね。

調べてみました。ご紹介します。



男性の恋愛心理は質が重要だそうです。

友人のような関係の女性に挨拶されたり、おしゃべりしたり、何度も告白されたり..をするより、たった一度の告白の方が、好きな気持ちが高まるそうです。

わかりやすいアイコンタクトを何回も送ってみたり、メールのやり取りの数をこなすよりも、一度の告白に魅力を感じてしまうそうです。



 

また、男性のストライクゾーンは広く、加点方式だそうです。

恋愛心理学の実験でこんなことが行われたそうです。

女性の顔写真をランダムに10人に見せると7,8人は許容範囲と答えたそうです。

女性がほんの少しアグレッシブに男性に接近したりすれば、簡単に落としてしまえるといえるかもしれません。



女性の恋愛心理は、じっくりと時間をかけて育てていく特徴があるそうです。

そして付き合う期間が長期化するにつれて、男性以上に恋愛感情が大きくなる。

付き合い始めはそれほど好きではなかったはずが、一緒にいる時間が長くなればなるほど、同じ時間を過ごせば過ごすほど、好きになっていくそうです。



 

女性に対する行為は、量が大切と言われているそうです。

例えば、たった一度の告白で諦めるのではなく、マメに何度も告白する方が、恋愛感情も芽生える傾向があるということかもしれません。



先ほど紹介した恋愛心理学の実験をしたところ、面白い結果が得られたそうです。

女性は10人の男性顔写真を見せたところ、多くて1人または全員対象外となるそうです。女性は減点方式ということなのでしょうか。



要するに、ゼロからスタートということなのでしょうか?

同じ時間を過ごしたり、何度も告白することで、ようやく加点されていくということなのでしょうか?

 

総合すると、どうやらそのようですね。



なんだかまとめますと、男性は単純で、女性は慎重な生き物と言えるのではないでしょうか。

子孫を繁栄することが人類の目的だとしたら、理にはかなっているような気がします。

恋愛において男女の違いは、大きく存在すると言えるのでしょう。

▼【恋愛男女の違い『メール編』

今の時代、男女が付き合い始めたら、メールを頻繁にしているのではないでしょうか。

同じメールという行為でも男女の違いはあるのでしょうか?



付き合い始めた時は、メールを頻繁にしないと落ち着かない人いるのでは?

それに、女性に多いのでは?

 

自分から何度もメールをしていいのやら、悪いのやら、付き合った当初はわかりませんからね?



また、メールをしても返事がすぐに来なかったり、相手が何を考えているのかすごく心配になりますよね。

「私のことあまり好きではない?」と考えてしまったり。



男性は、基本的に合理的な生き物です。メールは連絡手段としか最初は思ってないと思います。

女性との付き合いが少ない人ならなおさら、女性の心理がわからず、メールを必要以上に送らないはずです。



もし、メールで頻繁に連絡し合いたいのであれば、はっきり言っていいのではと思います。

 

そうでないと、案外男性はわからないとおもいますよ。

女性にもっとメールしてと言われて、嫌な男性はそんなにはいないと思います。



とにかく、メールの返事やメールがないからといって、過度な心配をする必要はありません。

男性にはめんどくさがりの傾向があるとおもいますから。

男性は、先程も言ったように合理的な生き物です。

無意識にメールする必要を感じてない場合はあります。



そういった場合、短文で返事だけのメールになったりもするのではないでしょうか。不満はあるでしょうが、そういう生き物だと思い、諦めたほうがいいかもしれませんよ。




▼【恋愛男女の違い『別れ編』

付き合っていた男女が別れるのは、それぞれ「別れ」という意味では同じ体験をしているのですが、

分かれてからの意識、行動が異なるそうです。



男を対象に「別れた彼女を忘れる為に必要な期間は?」と尋ねたところ、

半数以上が「3カ月以上」と過去の恋を引きずる傾向が明らかになっています。



ところで、同じ女性に同じ質問をしたところ、3人に1人の割合で3カ月以内と答えたそうです。

同じ別れを経験しても、心理的に受けるショックは同じかもしれませんが、尾を引くのは男性のようです。



よくドラマでも、悲しい別れを経験した女性が一晩大泣きして、次の日に復〜活!なんてシーンよく見ませんか?

アンケート結果をよく表しているような気がします。

6.まとめ

男女で違う。恋愛観&考え方についてのポイントとは?

見た目は違えど、人間同士同じ考えのところもあれば、異なるところもあるのは当然ではないでしょうか。

お互い優れたところを伸ばし、補え合うことができたらベストだと個人的には思います。



大昔の話ですが、人間は狩猟生活をしていました。どのようにすれば獣を捕まえやすいのか、理路整然と考えなければならない場面が多かったのではないでしょうか?

そうでないと、仲間の命どころか自分の命の危険性もあるのです。


 


大昔の女性といえば、一番の仕事といえば子育てになるのではないでしょうか。

一人で産み育てることは無理といえ、近くの人に相談、協力を得て仕事を全うしていく。

周りの同意を得るのが一番の仕事と言えたのかもしれません。



それは今にも受け継がれ、仕事の仕方、コミュニケーション力等などに活かされているのです。

男女とも祖先の主たる仕事内容が異なっていたため、男女差、違いがうまれたのではないでしょうか?



これからは、女性の社会進出もますます増えてくると思います。

男女の違いを超えて弱点を補いながら、より良い成果を生みだせるようになれるといいのですが。

みなさんもそう思いませんか?