ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

別れてよかったと思う4つのこと|失恋から立ち直るコツは見方を変える!

別れてよかったと思う4つのこと|失恋から立ち直るコツは見方を変える!

別れてよかったと思う4つのこと|失恋から立ち直るコツは見方を変える!

1.失恋からなかなか立ち直れない
2.失恋した理由を考えるのは引きずるだけ
3.「別れてよかった」と思う4つのこと
4.別れた後の自己嫌悪はストップ!
5.別れて良かった女性のタイプとは?
6.まとめ

彼女とは別れてよかった、そう思えるようになるのに時間は必要です。ただ時間だけが過ぎるのをじっと待つのは精神的にも負担ですし、未練が中途半端に残ってしまいます。

強がりでもなく屈折でもなく、彼女との別れが次の恋や人生の糧になるように失恋からは正しく立ち直りましょう。

1.失恋からなかなか立ち直れない

失恋からなかなか立ち直れない、というあなたに。

突然彼女に振られた、結婚しようと約束していたのに彼女と破局した、自分より夢を選んだ彼女を送り出した、カップル同士の失恋にもいろいろありますが、クヨクヨしていても仕方がありません。

それは失恋期という人生の通過点にすぎないのです。失恋から立ち直れないのには原因があります。ぜひコツを掴んで失恋期を乗り切りましょう。見方を変えて取り組めば、必ずそこから抜け出せますよ。




2.失恋した理由を考えるのは引きずるだけ

失恋した理由を考えるのは引きずるだけです。

▼【「どうして振られたんだろう」その考えがNG!

失恋した後、失恋した原因を客観的に省みるのは悪くありませんが、どうして自分が振られたのかとその理由を追究するのは良くありません。自分の落ち度を認めず相手を責めるだけなら次にも同じ失敗をしてしまうからです。

▼【考え続けることで過去に縛られる原因に

失恋に至った経緯の回顧や引き止めなかった後悔、別れない為にもっと策を講じるべきだったのかという自問自答などに心も時間も奪われ続けているようでは、いつまでたっても過去から抜け出せません。

▼【考え方・物の見方を変えてみよう

失恋だけでなく、仕事でも人生でも失敗や挫折は避けられません。そこから立ち直れるのは考え方や物の見方を変えられる人です。なぜなら感情や行動は思考から生み出されるからです。




3.「別れてよかった」と思う4つのこと

「別れてよかった」と思う4つのこと。

▼【自分の時間を自由に使える

1日24時間は誰にでも平等ですが、過ごし方でその充実感は変わります。失恋して独りになったからこそやれることに時間を費やせば、時間を楽しむことの本質も分かり「別れてよかったのかも」と思える日もきっと来ます。

▼【新しい出会いがある・次の彼女に出会える

握っているものを手放さなければ別のものを掴むことはできません。あの別れがあったからこの出会いがあったんだ、この出会いのための別れだったんだ、そう思える女性との出会いが「別れてよかった」につながるはずです。

▼【我慢していた欲しいものを買える

彼女といた頃はデート代や通信費、彼女へのプレゼントなどで出費もたくさんあったはずです。そして自分のほしいものを我慢することもあったでしょう。独り身のときにこそ自分にお金をかけてもいいのではないですか?

▼【将来性がない彼女と結婚しないで済んだ

理由はどうあれ別れたということはそもそも縁がなかったわけですから、もし結婚していたとしてもいずれは別れていた可能性が高いです。結婚してから別れるより結婚する前でよかったかもしれません。きっと運命の女性に出会うための避けられない別れです。




4.別れた後の自己嫌悪はストップ!

別れた後の自己嫌悪はストップしよう!

▼【失恋後は負のスパイラルに陥りがち

誰もが失恋後は自己嫌悪に憑りつかれます。失恋=失敗ととらえてしまうからです。そして失敗を正したいという心理が働きすぎると、別れた後にも相手に言い訳をしたり自分の何が悪かったのかを執拗に訊ねたり、復縁を迫ったりという負のスパイラルにも陥ります。

▼【自己嫌悪しても関係は戻らない

失恋をしたことで自分を責めたり自己嫌悪に陥っても彼女との関係は戻りません。失恋を失敗だと捉える必要はありませんし、自分を否定されたのだと思い込むこともありません。失恋は片方だけのものではなく、彼女にしても失恋しているということです。

▼【次に進むことがお互いに一番の解決策

離婚後に「夫婦で選ぶ道が変わりました。それぞれの道をこれからは進みます」と発表する有名人や芸能人がいます。人は常に人生の一部を誰かと接触させながら生きますが、お互いにとってその関係が修了となればそれぞれの旅立ちという必然の別れが訪れます。




5.別れて良かった女性のタイプとは?

後になって思う、別れて良かった女性のタイプとは?

別れて良かったと思うためには自分自身との兼ね合いが大事ですよね?

いつまでも「あの時ああしていれば良かったんじゃないか?」「自分がもっとこういう人間だったら」「あの時彼女をもっと上手く扱っていれば」など、自分の良くなかった点を上げ始めたらキリがありません。本人は辛いことかもしれませんが、周囲から見ていて思うのは自分を責めすぎている、少し心が優しすぎるタイプです。



ですが、注意してくださいね。別れたことが良かったと思えるタイプの女性は確実に存在します。

誰がどう見ても、彼氏を振り回しているだけの害にしかならないような毒女が。そんな女性のことを考えて自分を責めるのは止めましょう。なんといっても、もったいないですよ。その海よりも深い優しさは、次にできた素敵な彼女のためにとっておいてください♪

▼【行動を管理したがる極端な束縛タイプ

男性にとって彼女にヤキモチを焼かれるのは嬉しいことですよね?

違う女性と楽しそうに話していただけで若干不機嫌になっている彼女、テレビのタレントを「可愛いな」と呟いただけで嫉妬してしまう彼女。そんな可愛い彼女の姿をみたら、しっかり謝りながらも笑顔が隠せませんね?

ここまではいいんです。多少面倒くさいなと思う時はあれど、まだまだ可愛いレベルのヤキモチです。これ以上になっていくとちょっと精神的に追い詰められてしまうこともあるんです。






「今日の予定は?何時にどこに行って誰と会うの?」
「飲み会のメンバーの写メ絶対送ってね」
「何で私とは会えないのに、SNSにはログインしてるの?」こんなセリフを頻繁に投げかけられていたら、ゾッとしませんか?」

最初の頃はまだ可愛いと思えるレベルのヤキモチだったのが、今では束縛というのも生易しいくらいの監視体制。自分の仕草や言動の一つ一つにもチェックが入るような囚人生活です。



もちろん女友達のアドレス登録は許されませんし、見た訳ではないけれどスマホチェックもされている様子。パスワードを変えた直後の問い詰められ方は半端じゃありません。そんな彼女と別れたことを悔やんだりはしていませんよね?

いくら恋人とはいっても、限度があります。こんな束縛では日常生活に支障が出ますし、何より心の健康には毒にしかなりません。別れを決断したのは大正解ですよ。

▼【些細なことでも落ち込む。メンヘラ気質

束縛したがりの女性に多いのがメンヘラ気質です。先ほどご紹介したような異常な監視体制は、彼女の不安や自信の無さからくるものです。ヤキモチや嫉妬という部分だけでなく、普段の言動からもメンヘラ気質は確認することができます。

例えば、SNSの投稿がわかりやすいですね。「私こんな事もできなかった。もうダメかもしれない。」「彼氏に素っ気なくされちゃった。捨てられちゃうのかな?」というような、いかにも周囲からのフォロー待ちな内容ですね。



また、メンヘラ気質には情緒不安定という部分もあります。さっきまでは誰が見ても分かるくらいどんよりと落ち込んでいたにも関わらず、今は飛び跳ねんばかりのハイテンション!

一日に一緒にいれば、こんな激しすぎる気分の浮き沈みが何度かあるのは間違いなくメンヘラ気質ですね。心優しい彼氏は、そんな彼女の気持ちの変化に一生懸命ついていこうとしますが、あまりに気遣いすぎると今度は彼氏の方まで疲弊してしまいますよ。



あまりにひどい時は、自分だけでどうにかしようとするのでなく、専門医に診てもらう必要があります。とてもではありませんが、素人がどうこうできる問題ではありませんので別れたのは自身の健康のためにも正解といえるでしょう。




6.まとめ

次へ進むために気持ちをしっかり切り換えよう!

失恋は失敗でも敗北でもありませんし、失恋に至った人が恋愛に向かないわけでもありません。もちろん人間的に否定されるべき人格であるということもありません。

恋愛というのは自分に向き合ったり人間関係を磨くための究極のレッスンです。学業や技術を習得するときに練磨が繰り返されるのと同じで、恋愛にも試練や訓練が必要です。失恋はそのうちの一つの課題や要素にすぎません。



「別れてよかった」と思えるのは自分が成長した証です。「あんな自分でよく彼女と付き合えたな」と未熟だった頃の自分に気づけてこそ感じられることであったり、彼女の立場を考えられる余裕が出てきてこそ「ボクとは別れてよかったんだよ」と相手を思いやれる気持ちでもあります。

そして「別れてよかった」と思えるほど失恋にちゃんと向き合って、失恋をしっかり乗り切れたなら、次の人生や未知の女性との出会いに進めることでしょう!