ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

「誰にも相談できない」とお悩みの方へ。ココロを軽くする処方箋とは?

「誰にも相談できない」とお悩みの方へ。ココロを軽くする処方箋とは?

「誰にも相談できない」とお悩みの方へ。ココロを軽くする処方箋とは?

1.誰にも相談できないこと
2.誰にも相談できない性格は損
3.誰にも相談できない病気の悩み
4.誰にも相談できない悩み
5.本当に誰にも相談できないとき
6.まとめ

普通は悩み事があるときは、誰かに相談してアドバイスをもらうなどしますよね?しかし人生には誰にも相談できない悩みを抱える事もあります。

そんな悩みを持った時には不安や恐怖で気持ちが落ち着かず、性格も暗く内向的になってしまいます。

そこで、だれにも相談できない悩みを抱えた人のために、悩みの解消法や気分転換の方法などを紹介していきます。暗く落ち込む前にご一読ください!




1.誰にも相談できないこと

誰にも相談できないことってありますか?

自分の心の中をひも解いて、誰にも相談できないと思うことがあるかどうかを考えてみてください。

大きすぎる悩みは心の重しとして、身体に深くのしかかってきます。悩みを解消しなければ、多大なストレスとなって身体さえも蝕むようになってしまいます。

仕事の相談事

男の人に多いのですが、仕事でのトラブルや悩みを誰にも相談できずにため込む場合があります。こればかりは自分で解決しなければ、という男としての自負もあるのかもしれません。しかしため込みすぎて良いことはありません。



この場合、相談相手としては上司か同僚がベスト。飲みに行ったときに「実は…」と勇気を出して切り出してみてはいかがでしょうか?あなたのプライドを損なうべく、仕事の肩代わりをしてくれるような相手は相談相手としてはNG。相談するのならば、「ふむふむ。」と聞き手に回ってくれるタイプを選びましょう。

誰にも相談できないって辛い

悩み事を相談できずにため込むタイプの人は、毎日が辛いことでしょう。簡単に吐き出して前を向いてずんずん進むタフなタイプも世の中にはたくさんいます。図太さは見習いたいものですね。



悩み事を誰にも相談できずに、毎日気持ちが落ちているなぁと感じる人は、すぐにでも悩みを解決すべく行動してほしいと思います。放っておいても悩みが解決するわけではないですからね。悩みを解消するためには、自分なりのすっきりする方法を見つけることが一番です。




2.誰にも相談できない性格は損

誰にも相談できない性格は損です!

悩み事をすぐに誰かに相談して、すっきりと出来る人は幸せです。問題は、そうでない人ですよね。

誰にも相談できないと悩む人は、実は損な性格と言えるのです。以下に該当する性格の人は、自分の中に思いをため込みすぎている傾向にあるはず。一度自分自身を見直して、性格を改革してみてはいかがでしょうか?

プライドが邪魔

プライドが邪魔して人に悩み事を相談できないという方。誰にも相談できない悩みを抱えることは、あなたの気持ちをとても重くしているはず。プライドも大事ですが、自分の心のため、自分の成長のために、時には高すぎるプライドを折る勇気も大切です。



プライドが高すぎる人の周囲の人は、常にあなたを気遣っているかもしれません。たまには周囲の人を頼ってこそ、いざという時周囲のみんなもあなたを頼りに出来るでしょう。

社会的地位を守るため

男の人にありがちですが、社会的地位が高いとなかなか弱音をはけないものです。逆に「何かあったら俺を頼れ。」「俺に相談しろよ!」と強がっていて、自分に何かあった時はひたすら自己解決の道を選ぶ忍耐派です。



それはそれで男気がかっこいいのですが、そればかりではいけません。誰にも相談できないということは、周囲に信頼できる人物が誰もいないということですから。社会的地位が高ければ高いほど、自分の力の抜きどころを心得ていてほしいものです。2本の足で支えられる限界を知って、いざという時は頼れる人間を作っておいてください。

強がっちゃう性格

肝っ玉のある人は、何かあっても周囲に弱音をはけません。

周囲に弱音を吐く人は、一見頼りなく弱い人に見えるのですが、実はそうではありません。強がって自分ひとりで抱え込む人こそ、内面はガラス細工のように弱いのです。自分の性格を見直し、強がっちゃう部分を自覚したら、そこを治すように頑張ってみましょう。




3.誰にも相談できない病気の悩み

誰にも相談できない病気の悩みについて。

病気になったとき、そのことを誰にも相談できずにいる人もいますよね。病気の深刻さや患部によっては、他人に打ち明けにくいものはたくさんあります。重篤な病気を患ったとき、誰にも相談できずに悩むかもしれませんね。

癌と言えば「=死」というイメージのためか、誰にも相談できずにショックに陥る人が多いのです。しかし癌での死亡率は年々下がり、癌にかかっても長期生存する割合も上がってきました。癌になったから即死をイメージするほど、医学の進歩は遅れていないのです。



皮膚癌、胃癌や膵臓癌、大腸癌など、どのような癌であっても治療中は生活も仕事も困難になるため、周囲の支えが必須となります。

誰にも相談できずに悩まずに、「治療に専念する間は他の事はお任せします。」と周囲に頭を下げることから始めてください。



長期入院であればいずれにしろみんなの知るところとなるはずです。前向きに治療に取り組む姿勢を周囲にアピールする強さを持ってこそ、長く辛い治療も乗り越えられるのです!

性病

誰にも相談できない病気として、性病が挙げられます。デリケートな病気だけに打ち明けにくいですよね。周囲の知り合いにわざわざ知らせる必要はありませんよ。しかし病気に関しての疑問や悩みを誰かに相談したいという気持ちになることもあります。



そんなときは、ネットの質問掲示板などを利用するといいでしょう。ヤフー知恵袋などなら、気兼ねなく詳細を質問できるうえに、医師や経験者からの返信なども期待できます。

子宮系疾患

女性にとって辛いのは子宮系の病気です。女として劣っているという自信喪失のイメージからか、周囲に打ち明けられずに悩む人が多いのです。



また、子宮系の病気は女性ホルモンの分泌に深くかかわります。病気のせいで女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、更年期障害のように不安やイライラの状態になり、周囲に真摯な気持ちで相談する精神コンディションではいられなくなることもあるのです。



そんなときは無理に相談せず、治療が落ち着いてからゆっくりと周囲の信頼できる人に打ち明けていけばいいと思います。何事も人に相談すればいいというものではないですからね。相談するもしないも自由です。心が楽になる方を選べばいいのです。




4.誰にも相談できない悩み

誰にも相談できない悩みを抱えているあなたへ。

病気のこともさることながら、世の中にはもっと深刻で、他者に行け入れられにくい特殊な悩みがたくさんあります。深刻な問題がわが身に降りかかった時に、たとえ親しい相手であっても気軽に相談できない事もあるのです。そんな深刻な悩み例と、心の負担を軽くする方法を紹介していくので参考にしてください。

人間関係

職場や学校、ママ友だちなど、私たちは日々多数の人間関係にさらされています。社交性のある人にとっては簡単なことでも、人見知りや内気、口数の少ない人にとっては人間関係は苦痛になることも多々あるのです。



そんな人間関係の悩みを持った時、誰にも相談できないと悩む人も多いのです。なぜならば、「人の口に戸は立てられない」というように自分の悩みの内容が周囲に知れ渡る可能性があるからです。そのことによって、自分が苦手とする人物の名を挙げてうわさ話をしたという負い目になるのです。



もちろん悪口を言ったつもりではない場合もあるのですが、やはり噂にのぼった人物は良い気はしませんよね。



苦手な人が周囲にいて悩んでいる人は、その悩みを全く関係ない第三者へと相談してみましょう。相談内容が共通の知人などであると、その相談相手も気を使うようなややこしいことになるからです。




自分の生い立ち

自分は養子であるとか、生まれつきの疾患があるとか、両親が早くに離婚しているとか、自分の生い立ちに関して悩みを持っている人も多いようです。そんな悩みを大っぴらに話す人もいるのですが、誰にも相談できずにひた隠しにして生きている人もいるでしょう。



自分の生い立ちに関することは、生涯のアイデンティティーに関わる重要なことです。しかしそれはあなた自身にとってだけの事。周囲は、あなたが思うほどにその物事を深刻には受け止めないかもしれません。



ですからあまり気負わずに、軽いノリで打ち明けてもよいと思います。周囲の軽い反応をあらかじめ想定しておけば、「自分の悩みを軽く扱われた!」と憤慨することもなくなるでしょう。


夫婦間

夫婦間のいざこざなどは、誰にも相談できないかもしれませんね。周囲に仲良しママなどが多ければ多いほど、言いにくくなるものです。「お宅はご夫婦仲良しだね。」と言われる歯がゆさをかみしめても、夫婦仲が悪いことを知られるほどバツが悪いものはないでしょう。



しかし夫婦間のいざこざもDVなど深刻化すると誰かに相談するべきだと思います。周囲の友だちに言いにくければ、警察でも弁護士でも、お助けコールセンターでもいいのです。何かアクションを起こして誰かに窮地を訴えておくだけで、万が一事件が起きたときに速やかに対応してもらえるからです。

家族間のもめごと

家族間のもめごとは、家族以外の人には言いにくいものです。相続する遺産の問題や、家族の抱える心の病や、祖父母の認知症の看護など、内容がどろどろしているものはできれば周囲に知られたくないものです。



外では愛想がよくても、家の中では暴言を吐くという家族間の闇を抱えている人も多くいます。そんな悩みは、周囲の信頼できる人に聞いてもらうことをお勧めします。恋人でも親友でも、毎日家の中でたまるストレスを解消することが出来ないと、そのうちうつ病などの精神疾患に発展することも考えられます。



そうならないためにも、自分なりのガス抜き方法を見つけてほしいのです。いつもそばにいる友だちに相談に乗ってもらうと、いざという時にも家を出て頼ることが出来て心強いでしょう。



また、あなたご自身も、相談する一方ではなく、支えてくれる友だちの力になることで、より良い人間関係に発展するでしょう。




5.本当に誰にも相談できないとき

本当に誰にも相談できないときはどうすれば?

深刻な悩みとともに、その解消法をご紹介してきました。

誰にも相談できない悩みなど、本人がため込めばため込むほどに精神ばかりか体の健康をも損ないます。しかし抱えている問題が深刻で、周囲に相談できる相手もいない時はどうすればいいのでしょうか?

お助けダイアル

各自治体では相談できずに悩みを抱えている人のための、サポートダイアルなどが設置されているはずなので、一度市役所で聞いてみてはいかがでしょうか?


見も知らぬ相手に聞いてもらって何になる!と思われるかもしれませんが、電話先にはただの見知らぬおじさんなどがいるわけではなく、人の相談に乗り慣れた人生のベテランが待機しています。



自治体によっては無料弁護士相談や、無料医師相談室と銘打った電話番号を公開しているケースもあるため、それぞれの悩みに合わせて電話してみてはいかがでしょうか。その結果、悩みが解消しなくてもいいのです。誰かに自分の思いを聞いてもらえるだけで、心が軽くなることもあるからです。



どうしても切羽詰まった時は、こういった電話相談の存在を思い出してみてくださいね。

相談窓口|対策|内閣府
参照元:内閣府(2017年6月調べ)

旅先の出会い

自分の人生に関わる深い悩みを周囲に打ち明けられないという人は多くいます。周囲に信頼できる友達がいたとしても、やはり恥ずかしさやプライドから相談できない事もあるでしょう。



そんなときは、旅先のその場限りの人に話を聞いてもらってはいかがでしょうか。旅の恥はかき捨て、とはよく言ったもので、旅先の人になら自分の醜態も家庭の泥沼も語ることが出来てしまうのです。



話したところでどうせ日常生活には登場しない人だから、という気のゆるみでしょうかね。しかし血の通った人間に面と向かって悩みを打ち明けることで、心はずいぶんと軽くなるはずです。



ストレスがたまりにたまった時は、日帰りでも一泊でもいいので旅行に出かけ、現地の飲み会などに参加してみましょう。




6.まとめ

「誰にも相談できない」とお悩みの方へ。

誰にも相談できない悩み事を抱えている人のために、相談先や心の負担の取り除き方についてご紹介してきました。

悩みの種類によって相談先が異なってきます。

上に紹介した内閣府の相談ダイヤルなどは、多くの悩みに対応していただけるので、周囲に知られたくない人はとりあえず電話する。という方法を選んでみてはいかがでしょうか。



相談したからと言って悩みそのものがなくなるわけではありません。自分自身の力によって悩みは解消されるものなのです。誰かに相談することによって、悩みを解消するパワーをもらうことが出来るんですよね。



世の中には人の悩みを受け止めて、誰かの支えになりたいと願う人もたくさんいるものです。それは、あなたの周囲にいるかもしれないし、電話先の名も知らぬ相手かも知れません。「人」という字のごとく、支えてもらうことを恥じることなく悩みを打ち明けてみてください。そうすれば、あなたの未来もきっと明るく照らされるでしょう。