ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

どうしても不安な気持ちを解消する6つの方法とは?

どうしても不安な気持ちを解消する6つの方法とは?

不安な気持ちを解消する6つの方法とは?

不安を解消すること、これを意識して簡単に出来ない人は多いかもしれません。確かに、不安という感情は無意識のうちに生まれてくる場合があります。

しかし、不安な気持ちには必ず理由があるので、意識的に不安を解消する方法もあるんです。ここでは、不安の解消に役立つ6つの方法をご紹介します。




1.思う存分泣いてみる

【不安の解消法1】思う存分泣いてみましょう。

急に感じた不安の正体はストレスかもしれません。ストレスを抱えることによって精神的なバランスが崩れてしまい、不安になってしまうこともあります。そんな時は思いっきりストレスを発散させましょう。



泣いた後になんだかスッキリした、というような経験はありませんか?

涙にはストレスも流す効果があるといわれていますので、思い切って泣くことで溜まっていたストレスを発散することにつながるかもしれません。



「泣くところなんて人には見せられない」という方は、映画を見て泣いたり、お風呂で一人で泣いてみたりと工夫をして泣いてみましょう。工夫をすることで誰かに見られるんじゃないか?など心配も減って堂々と泣くことができるので、よりストレスの発散にも繋がります。

泣いてしまえばスッキリすることもあるかもしれませんよ。




2.友達と会話をする

【不安の解消法2】友達と会話をしてみましょう。

女性は会話をするのが好きな生き物だと言われていますが、人に話をすることで自分の考えがまとまってきたり、自分の悩んでいることが明確化されるので、「考えてみると意外と単純だった」ということも多いでしょう。

何が不安なのかわからないことが不安だという方もいるでしょう。



そんな時は、仲のいい女友達と女子会をしてスッキリさせましょう。女友達であることが重要です。

男性の思考は問題に対して解決する方向へと会話を進めますが、女性の思考では共感することに重点を置いているといわれています。仲の良い女友達の共感力に甘えて思考の整理をしてみましょう。




3.食生活や生活習慣を改善する

【不安の解消法3】食生活や生活習慣を改善してみよう。

フレッシュで栄養のあるものを食べる

不安を解消するためには美味しいものを食べたり、早寝早起きをしたり、生活習慣を良いサイクルで回すことが重要です。

生活習慣が良いサイクルで回るとストレス耐性や免疫力もアップし、今まで悩んでいたことを嘘のよう忘れることもあるでしょう。



今食べている食事は、栄養バランスが取れていますか?

朝・昼・夜と三食きちんと食べれていますか?大きく食事を変えるのではなく、少しの意識を変えてみることや自分自身の身体が美味しいと思うものを食べてみることに挑戦してみてはいかがですか?

早寝早起きして太陽を浴びる

すがすがしい朝はマイナスイオンという心が落ち着くイオンで空気が満たされているといわれています。早起きをして朝の散歩をしてみてはいかがでしょうか?

朝の日の光は体の体内時計を整えてくれる役割をしており、体にとっては一石二鳥。不安になると夜に考え事をして寝付けないという方も多いですが、夜更かしは逆効果です。早寝早起きをして、思い切って朝から活動を開始してみましょう。



4.明日は明日の風が吹く

【不安の解消法4】明日は明日の風が吹くから大丈夫。

不安というのは先のことを案じてしまうことによって引き起こされます。

「来年の目標はどうしよう」などと先のことを心配しすぎても状況は変わりません。不安が重なり、大きな不安になっていくのです。

理屈のない不安感は時が解決してくれることもあります。明日は明日の風が吹くと思って先のことを気にしすぎないようにしましょう。

5.大掃除をしてみる

【不安の解消法5】大掃除をしてみましょう。

身の回りが汚いと心も晴れないものですよね。そんな時は大掃除をしてみましょう。

ピカピカになったお部屋と清潔な洋服で不健康から脱出することで不安な気持ちともお別れしましょう。



不安な気持ちは不健康な環境からくることもあるかと思います。

同じ環境で悩んでいても、不安は晴れるばかりか深まっていくかもしれません。部屋を清潔にするなどの、適度な環境の変化をおすすめします。




6.自然と触れ合う

【不安の解消法6】自然と触れ合ってみましょう。

緑の多い場所に行く

不安を解消したいときは、自然のある静かなところに行くのも一つの解消方法です。普段、緑の中で生活している人は少ないのではないでしょうか?不安な気持ちで家にいるよりも、自然と触れ合うことで不安の原因となるストレスも軽減され、不安が解消されていくことでしょう。



大自然に触れることで悩んでいることがちっぽけだと思うことも多いはずです。スマホやパソコンを使って1日を終えるよりも、有意義な一日がすごせるのではないでしょうか。

動物と触れ合う

不安で押しつぶされそうで誰かと話すのも億劫な時は動物と触れ合ってみてはいかがですか?動物の中でも馬は人間の感情をくみ取ることが上手な動物だといわれています。「ホースセラピー」というセラピーが開発されているほどです。



ホースセラピーには、馬と人間が接することでそれまで気付かなかった感情に気づいたり、気持ちを落ち着かせるといった効果があるといわれています。今では自閉症や精神疾患の患者さんへの研究がなされている最中です。動物の癒しの効果で不安な気持ちを癒されてみてはいかがでしょうか。

7.まとめ

心の赴くままにリフレッシュ!

不安を解消するための6つの方法、お役に立てたでしょうか?不安な気持ちは自分自身にしか分からないことも多いのですが、不安な気持ちを無理に隠そうとせず、自然体でリフレッシュできる毎日を送りましょう。



不安を沢山抱え込んでしまったり、不安を紛らわそうとすると、かえって不安が大きくなっていくことがあります。不安を定期的に解消し、抱え込まないようにしましょう。それが不安解消の近道です。