ワンチャンス!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

自分を変えたい時に取り組む9つのこと!自分を変える方法とは?

自分を変えたい時に取り組む9つのこと!自分を変える方法とは?

自分を変えたい時に取り組む9つのこと!自分を変える方法とは?

弱い自分、ダメな自分、恋愛に依存してしまう自分、いっそのこと転職でもすれば自分が変われるんじゃないか?と考えたり。

自分を変えたいとは思いつつ、どうしたら良いのか分からないといった時に試してほしい方法をまとめました。




1.「自分を変えたい」と思っていますか?

本当に「自分を変えたい」と思っていますか?

今の自分に満足できない、後悔することが多いので今の自分を変えたい、そんな時期が誰にだってあるものです。

自分の性格や生活習慣、人との接し方や仕事内容、このままではいけない、嫌だと思うこと、誰にだってありますよね?どうして、そういったことを感じるのでしょうか?

自分を変えたいと思うのはなぜ?

「自分を変えたい」と思うキッカケは色々あると思いますが、多くの場合、何かの困難に直面した時や失敗や挫折で物事がうまくいかないといった時ではないでしょうか?

反対に、今の自分が平凡すぎて周りと比べて焦ってしまう、といった理由もあるでしょうか。



何事もある程度まで追い込まれないと、自分を変えようとは思いませんし、分かっていても行動に起こせないことは多くあります。

だから、もし今だからこそ自分を変えなきゃだめだ、と真剣に悩むくらいの状況にあるなら、今こそが自分が変われる絶好のチャンスかもしれません。それでは、自分を変えるためには何から始めたら良いのでしょうか?




2.自分を変えたい時!2つのチェック

自分を変えたい時に!まずは2つのチェックをしてみよう。

どんな自分を、そんな自分に変えたいのかにもよりますが、自分を変えるためにまず行うべき最初のステップがあります。

▼【①「本当の自分の姿」を見つめること

「このままではいけない、自分を変えたい」と思う時には、まずありのままの自分と向き合わなければ何事も始まりません。

素直に自分のことを知ろうとすると、自分の悪い所が前面に出て、自分のダメなところばかりが目立ってしまい、気分が落ちこんで、出だしの段階でやる気が失われてしまうかもしれません。



もちろん、変化させたい自分の悪い所を見つめることは大事なことなのですが、悪い所ばかり見ていると、「自分なんて変われない」とあきらめたり、出来ない理由を探して言い訳をしたくなります。自分の悪い所だけでなく、良い所も見つめて受け止められるようにしましょう。



実際に、自分の悪い所だけを見つているとしたら、それは「本当の自分の姿」ではないのです。自分の中には沢山の変えたい部分があることでしょう。

しかし、自分には良い部分もあるのではないでしょうか?その両方、自分の両面を直視して受け止めることが、自分をありのままに見るということです。しっかりと自尊心を持って、自分と向き合ってみましょう。

▼【②変わらなければどうなるか?考えること

弱いと感じるダメな自分を変えなければ、どんな支障がでますか?

それが家族だったり、人間関係、仕事、将来、自分の満足度、充実感、自分の幸せに寄与しないものは、変えなければいけないことだと言えます。



それがどういうことかと言うと、お酒を飲み過ぎて後悔する自分を変えたいと思っていて、自分でそのことがわかっていても、同じことを繰り返す人は本当に困ってはいません。

では、何事も底が尽きないと、人は変われないということでしょうか?そういうわけではありません。


何事も
人生を棒に振ってからでなければ変われないとすれば、多くの場合において人生には絶望感ばかり感じることでしょう。

そういった段階に至る前に自分を変えるには、想像力を働かせて、このままの状態を続けていったら、自分はどうなってしまうのか?結果を真正面から冷静に見つめる必要があります。すると、そうはなりたくない。という思いが働いて賢い選択をする決意が強まります。




3.自分を変える6つの方法

自分を変える6つの方法とは?

▼【①断固とした決意をする

まず、自分を変えるには、断固とした決意が必要です。「自分も変わらなきゃなあ・・・。」なんていう生半可な気持ちでは、おそらく自分を変えることは出来ないでしょう。

考え方によっては、今の自分を捨てて、過去の自分と決別して、何かに頼ることなく、新たな自分になる!くらいの意識改革が必要です。



「自分を変える」といっても、変えたい程度には個人差がありますから、これは極端な場合の決意です。

自分を変えたいと自分では心から思っていても、周りの人から見るとそれがその人の良さだよね、ということもあります。



性格的な部分、外見的な部分に関しては、必ずしも自分の理想とする姿が一番良いとは限りません。そういった自分らしさを変えてしまうのがもったいない場合もあります。そこで、自分を変えたいと真剣に考えた時には、

まず、自分の長所短所を客観的に教えてもらってから自分のどこを変えるのか?考えてみても良いかもしれません。

そういったチェックをした結果、この部分で自分は変わる必要があると分かったならば、断固とした自分を変える決意を持ちましょう。

▼【②特定分野の本、やる気の出る名言、曲を探す

自分を変えたいと思ってはみても、何から変えて良いのか?何をすれば変われるか?分からない時があります。

また、自分が悩んでいるのは何が原因なのか?そういったことがいまいち分からない時だってあります。そんな時には、自分の悩みが題材とされているような本を探しに図書館や本屋などに行ってみましょう。



または、インターネットで、自分の抱える気持ちをキーワード検索してみても良いかもしれません。

そして、こんな本は自分には合わない、こんな記事は自分には合わないなどと思わないで、とりあえす目についたものを手に取ってみましょう。そうしていくことで、だんだんと自分の求めているモノに近づいていきます。


自分を変えるために、役立ちそうな名言を探してみましょう。短い言葉なら簡単に、繰り返し思い起こすことが出来るので、意識を高める助けになります。

また、テーマソングなども良いかもしれません。やる気がでるようなアップテンポの曲、これを聞いたら自分は変わるんだ!と意識できるような曲を聴くことでモチベーションをあげてみましょう。




【③目標を紙に書いて貼る

自分が変わりたい部分が分かってきたら、内容を紙に書いて見える所に貼ってみましょう。

手帳やスマホなど、いつも開いてみる所に記しておいても良いかもしれません。

とにかく自分の目につくところに、いつでも思い出せるように書いておきます。家族と同居しているのであれば、部屋やトイレ、冷蔵庫に貼ることで、家族もそれを見て気付かせてくれるかもしれません。



書くという行動は、自分の頭を整理するために抜群の効果があります。果たして自分の何がいけないのか、どんな失敗をしたのか、どんな気持ちになったのかをじっくりと考えて、書き出してみると、自分でも気づかなかった感情が出てきて、決意を新たにすることができると言えます。
▼関連記事
どうしてもやる気が出ない時にすぐ試したい!30のやる気を出す方法!
何もかも、やる気が出ないと感じる・・・。やる気を出したいけれど、どうしたらいいのかわからない・・・。そんな悩みを抱える方に、やる気が出ない原因とやる気を出す方法をご紹介します!やる気が出ないからといって自分を追い詰めないでください。ちょっとしたことで、やる気を取り戻すことができますよ♪

▼【④交友関係を見直す

悪い習慣を変えるには、交友関係を見直す必要もあります。昔から言われている、こんな名言があります。


「賢い者たちと共に歩んでいる者は賢くなり、愚鈍な者たちと交渉を持つ者は苦しい目にあう」


友人の影響力は非常に強い、ということです。



お酒をやめたいのに、酒好きな友達の誘いに乗っているだけでは自分は一向に変わることが出来ません。

例えば、愚痴をこぼすような自分を変えたいのなら、愚痴っぽい友達と長くしゃべるのは危険です。あくまで、やる気を起こさせてくれるような人を探し、そういう人が身近にいないのなら、しばらくは一人で体を動かしに行くなど、自分と向き合うための時間に当てましょう。

▼【⑤決意を人に話す

自分を変えるには、強い決意が必要ですが、自分ひとりだけで決意を貫くのは難しい場合も多々あります。

決意というのは内面に秘めたままの方が、魅力的だと思える人もいるかもしれませんが、何かしらの決意を他人に話した場合、他人の目があるので、もっと自分は努力をしなければ!という気持ちになれます。


自分の決意を伝えた人から、「あなたはこう変わると言っていたけれど、その後はどうなった?」と現在の進捗状況を聞いてくる人もいますし、あなたが決意したこと自体を褒めて、心から応援してくれる人だっているかもしれません。



さらに、自分の決意を他人に話す場合の大きなメリットと言えば、同じ経験を乗り越えた人との出会いに結び付く可能性があることです。

自分が変わりたいと目指す分野で、経験豊富な先輩ができると、めげそうになった時に相談したり、アドバイスをくれることもあります。

自分を変えるということに対して、何事も乗り越えていない人はあなたの足を引っ張るかもしれないので、そういう人には決意を話さない方が良いでしょう。




▼【⑥変わっていく自分を認めてほめる

大きな変化を遂げるにはそれなりの時間が必要です。それまでに決意が薄れたり、あきらめたくなったりすることもあるでしょう。

自分がすぐに大きく変わることに目を向けるのではなく、少しでも変われたことを感じられるようにしましょう。

人に褒めてもらうことを期待するのではなく、自分で自分を認めて、少しでも自分が変化したことを喜ぶようにしましょう。今まではそれができなかったから、ほんの少しでも自分が変われなかったのではないでしょうか?



他人には気付かれないような、ささやかな変化。こんなことで?と思えるようなことでも、自分が気付くことが出来たような良い変化であれば、ちょっとオーバーなくらい「良くやったね!」と心の中で自分をほめてあげるようにしましょう。

これは「エンパワーメント」といって、自分の力を信じて自分の意志で動くということを意味していて、人から評価されることよりも効果があると言われています。

▼【⑦習い事を始める

自分を変えたいのなら、自分らしさという部分に一番の焦点を合わせてみるのはどうでしょうか?

自分らしさとは、所謂アイデンティティのことなのですが、この自分だけが持つ、自分らしさという部分を改革してあげられれば、自然と自分自身にも変化が起こせるのではないでしょうか?



例えば、新しい習い事を始めて、それに多くの時間と労力を使ってどっぷりと傾倒します。

その結果、その習い事から得たことはあなたのらしさを構成する一つの要因になり、あなたを今までとは違った人間へと変えることに大いに役立つことが期待できるのです。

▼【⑧起きる時間を少しだけ早めてみる

自分を変えたいのなら、まずは自分が普段からとっている行動スタイルを変えてみるのもいいでしょう。

その上で、自分の生活スタイルを根本的に変えてみるというのは、非常に効果的だと言えるでしょう。例えば、普段からお決まりのように食べている食事を思い切って変えてみたり、寝る時間や起きる時間を変えてみたりするのはとてもおすすめです。



特に、起きる時間を普段より少し早めに変えてみる。というのは自己変化のためにとても役立つことだと考えられます。

というのも、普段よりも早く起きることで、自分の活動における時間の余裕が増え、その分だけ新しい自分づくりのための時間を確保できるようになるからです。

▼【⑨イメチェンしてみる

自分を一新する上で、見た目を改革するということはとても効果があります。見た目の変化は新しい自分らしさを自分自身に強く与えるので、今までとは違った自分を自分の中で感じて、周りの人に見せることもできる、一番シンプルな方法です。




そのため、外見容姿、身だしなみに関する改革は自分を変えたいと思う人にとって効果覿面なのです。

ファッションを変えてみたり、ダイエットしてみたり、筋トレをしてみることで、見た目のイメチェンは簡単に行えるという特徴があります。



自分をすぐに変えたいと思うのなら、まずは見た目のイメチェンから行っていくことも良いでしょう。




4.自分を変えたい時に考える4つのパターン

どんな自分を変えたい?自分を変えたい時に考える4つのパターン。

「自分を変えたい」といっても、色々なパターンがあるかと思います。そこで、いくつかのパターンを考えてみましょう。

▼【①弱い自分を変えたい

「弱い自分」といっても色々なパターンがあるかと思いますが、例えば、すぐに落ち込んでしまうメンタルの弱い自分だったり、立場が強い人の前で自分の意見を言えないといった、気持ちが弱い自分を変えたい、といった弱い自分があります。

弱い自分が嫌いだという場合、そんな自分を素直に見つめることなく、自分の長所を含めた自分の本当の姿を見つめられていないことが多いので、まずそんな自分を見つめることから始めてみましょう。

自分の長所と短所を人に聞いたりすることで、自己肯定感を高められるようにしましょう。



自分を認められないのは、もしかしたら自分に対する考え方のゆがみが関係しているかもしれません。

認知行動療法という行動療法がありますが、これはノートの左側に今日あった嫌な出来事、それに対する自分が感じたネガティブな反応や気持ちを書いて、右側に気持ちが楽になるポジティブな考え方を書きます。

これを繰り返すことで、自分の思考回路を積極的な方向に変えていくことができるようになります。どうしてもネガティブな気持ちから抜け出せないときなどに、ぜひ試して見てください。

▼【②恋愛に依存する自分を変えたい

好きな人を忘れられない、別れる方が良いと分かっているのに関係をやめられない、[好きだから・好きだけど別れよう]と言えずに悩む人もいます。

いつも好きな人を求めて、自分にとって良くない相手だとわかっていても、寂しくてヨリを戻し、結局は元サヤにおさまってしまう。

そんな自分を真剣に変えたいと思うなら、まずは自分を見つめ直しましょう。


例えば、
あなたが求めているのは、好きな相手からの愛情ではなく、本当は子供の頃に受けられなかった親からの愛情かもしれません。

それを埋めようとして同じようなことを好きな相手に求めても、親のような愛情表現を受けることはできません。


こういった問題の場合、
自分で自分の必要とするものをちゃんと理解して、自分に愛情を注いで、自分を愛すように変われなければ解決しません。

結局のところ自分が自立していなければ、恋愛も結婚生活もなかなかうまくはいかないのです。自分が恋愛体質で、恋愛依存だと感じる場合、まずは10分でも好きな相手のことを忘れて、自分のことを褒めてみましょう。

▼【③ダメな自分を変えたい

いつも約束を守れない、ゲームやネットサーフィンをやめられず生活に支障をきたしている、何かと失敗を繰り返してしまうなど。自分はダメな人間だ。

自分を責めることが出来ているのなら、自分がダメだと自覚している部分には変わる余地があると考えて、決意を持って自分を変えることに挑戦して見ましょう。



もしいつだって自分の失敗をだれかに尻拭いしてもらっているなら、それは自分で責任を持って背負わなければなりません。

ずるずると堕落してしまうのが問題ならば、決意するしかありません。例えば、規則正しい生活に切り替えるため、スマートフォンのアラーム機能をことあるごとに使ってみることなどがおすすめです。



スマホなどのアラームと、メモ機能を使ってゲームやネットサーフィンをやめると決めた時間をあらかじめセットしておくのです。それが鳴ったら絶対にやめる。と周りに宣言して、実際にその通りにしてください。決意を繰り返して思い出すことで自分を変えることが出来るはずです。
▼関連記事
「人間をやめたい」と思っている人の3つの特徴。試してほしい5つの対処法。
人間やめたい。こんな風に感じたことはありますか?思う通りに行かないことがいくつも重なると、人間をやめたいと思ってしまうかもしれません。人間をやめたいと思ってしまう人の3つの特徴と、人間をやめたいと考えてしまうときの5つの対処法をご紹介します。もしも人間やめたい、と考えることがあったら参考になさってください。




▼【④転職して自分を変えたい

転職さえすれば、自分は変われる!そうやって考えて見ると、とても簡単なことかもしれませんが、仕事環境が本当に原因なのか?

もう一度、冷静に考えてみましょう。うつ病の症状や不眠など、ストレスの影響が日々の生活に表れているなら、仕事を変えることが必要かもしれません。



そうではなく、ただ自分に合わないという理由で転職を考えているなら、せっかく転職をして、次に働くことが決まった職場でも同じことが起こるかもしれません。今は終身雇用の時代ではないので、スキルアップするための転職はよくあるかもしれません。



そういった目的のある転職は、自分の成長に繋がるのでとても良いことでしょう。しかし、目標や計画、準備もなくただ今の状況から逃げ出したいだけなら、今の環境が自分を成長させるためだと思って、あと少し辛抱してみてはどうでしょうか?

あと一歩の辛抱することで変わる自分に気付くかもしれません。

しかし、こういったことはとてもデリケートな部分なので繰り返しますが、身体を壊していると感じ取れる場合、自分の内面の変調を感じ取っている場合は無理をすることなく、医師や専門機関に相談、まずは休業することを強くお勧めします。

5.挫折した時はどうする?

挫折した時はどうする?

▼【変われなかった理由を考えて、変われた部分を探して、完璧を求めないこと。

自分を変えるには相当の努力と時間がかかりますよね。それもそのはず。今の自分になるまでには年の数だけ年月が過ぎているのです。

そこから自分を変えようと考えて、一度や二度、三度や四度の挫折は仕方ありません。まずは挫折をすることが一歩目と言えるのではないでしょうか?

どんなに挫折を味わっても、その経験は0にはならないはずです。挫折を続けても少しは自分を変えられていると考えて、さらにそこから再スタートするのです。



まずは挫折した原因が決意の弱さか、友達の影響か、自分の工夫が足りなかったのか?分析してみましょう。

そして、
完璧を求め過ぎないようにしましょう。どんなに頑張っても全てにおいて完璧な人間にはなれませんし、完璧な人間と呼ばれる人は存在していません。完璧、完全だと思われている人ほど自分の不完全さを理解しているものなのです。

自分を変えたい、自分が変わりたいと感じた時の初期衝動。しっかりとした決意を忘れずに持って、少しでも自分の変われた部分を探して、前進する原動力にしていきましょう。




6.モチベーションを維持する5つの方法

モチベーションを維持する5つの方法とは?

▼【①ご褒美を用意する

何かに挑戦している時に、目標に対してのモチベーションが下がることはよくあることです。そんな時は自分に目標達成に向けたご褒美を考えてみるのはどうでしょうか?

目的を達成するまでにはとても時間がかかることもあります。そして、長期間に及ぶ挑戦期間の間中、ずっと頑張り続けられるような高いモチベーションを保った状態を維持させることは、非常に難しいと言えます。



そのため、目標を達成するまでの期間中に、ある程度の通過点で自分へのご褒美を考えるなど、ゆとりを適度に作ってあげることによって、マラソンの給水所・チェックポイントのように、その都度エネルギーを補充することが可能で、長期的な苦しい目標であっても乗り越えられるようになりやすいと言えるのです。

▼【②イメージトレーニング

イメージトレーニングはモチベーション維持のために、とても効果的な方法だと言えます。イメージトレーニングによって、目標としている自分の叶えたい理想像を自分の頭の中で生み出すのです。イメージトレーニングは、自分の目的を常に強力に再認識させる効果があります。



モチベーションが下がったら自分を変えたいと考えた時の、自分の目指している自分の理想像をイメージしてみて、目的意識を強めてみるとよいでしょう。

▼【③人に自分の目標を語る

自分の目標や夢などを他人に語る、という行為も自分のモチベーションを維持することに繋がります。

人に自分の目標を語る行為は、自分にその目的を達成させる義務感と責任感を与えて、目的達成のために自分から行動せざるを得ないような状態にする効果があるのです。


他人に目標を語った以上、それを嘘だと思われないように真剣に取り組みたくなるというわけです。これは適度なプレッシャーを常に自分にかけ続けることで、自分を変えていく方法だと言えます。

▼【④独り言を使う

③の方法の様に、他人に自分の目標を語るのもいいのですが、自分にその目標を語りかけるという行為もモチベーション維持には大きな効果があるのです。

自分の望んでいることを言葉にして声に出すことは、自分の耳を通して、吸収され、それを潜在的に認識し、それを叶えたいという欲求を高めることに繋がることが期待できるからです。



人の聴覚は敏感で、その敏感な聴覚を通して認識したことは深く頭の中、深層心理に覚えこむという特性があります。

そのため、耳を通した、自分への暗示という感覚で自分の目標や夢を自分に語りかける方法も、自分の中での目的意識を高める上で非常に効果的なのです。




▼【⑤運動をする

モチベーションは言い換えて見ると、やる気を出すための理由であるとも言えます。

そのため、やる気が出る方法でモチベーションを維持させるという考え方もできるのです。そして、やる気が出る方法はモチベーション維持にも大いに役立つことが期待出来ると言えます。



やる気を出す方法にはいろいろありますが、一番のおすすめは運動です。

人間の行動における、やる気の源と呼ばれているホルモン、ドーパミンは出せば出すほど、その人に活力と強いやる気を与えてくれると言われているのですが、このドーパミンを効果的に出すうえで有効なのが運動することなのです。



特に、筋トレのような強い刺激が脳に伝わる運動は、ドーパミンを刺激し、生産性を増してくれる効果が期待できるのでおすすめだと言えます。モチベーションが下がったら、筋トレなど少し負荷のかかる運動をしてみましょう。

7.まとめ

自分を変えたい時に取り組むこと!自分を変える方法とは?

「自分を変えたい」というのは前向きな感情です。自分自身のことは、常に良い方向へ導かなくてはなりません。

導くべき正しい方向は探せば必ず見つかるはずです。何も考えずに流されることなく、正しい方向へと進むには今以上の努力がいるかもしれませんが、今はそれほど出来なくてもそんな自分を変えていくことは絶対にできます。

そして、自分を変えるためには強い決意がどうしても必要です。良い方向に向かって自分を変えることができたら、きっと周りの環境も変わり、より満足感のある生活が待っているはずです。決意を新たにして、あきらめることなく少しでも前に進んでいきましょう!