わんちゃん!

[恋愛・出会い・人生の悩みを解決します!]

ラインで告白はアリ?メリット・デメリット、告白方法を解説します!

 2017年12月1日

ラインで告白はアリ?メリット・デメリット、告白方法を解説します!

ラインで告白はアリ?メリット・デメリット、告白方法を解説します!

1.ラインで告白された!どうしたらいい?
2.ラインで告白されたい!そんなときは?
3.ラインで告白する方法は?
4.告白したときの反応別対処法!
5.ラインでの告白はありえない?
6.男のためのライン告白術!
7.ラインならではの告白法もアリ!
8.ラインで告白するメリットとは?
9.まとめ

ラインでの告白は「アリ」なのでしょうか。「ナシ」なのでしょうか?

ラインでの告白なんてありえない!と思っている人がいるのも事実です。

でも、直接は言い伝えづらいと悩んでいるあなたへ、ラインでの告白のメリットとデメリット、また、告白する方法などをまとめてみました♪




1.ラインで告白された!どうしたらいい?

ラインで告白された!どうしたらいい?

あなたは、ラインで告白されたことがありますか?ラインでの告白はありかなしかという議論が、長い間続いています。

若者の8割がラインで告白された、またはした経験があるとのデータもあるそうで、ラインでの告白は身近なものになってきたのかもしれません。



ラインでのメリットは、失敗しても気まずくならないことが一番に挙げられるでしょう。された側が断るとき、「この言葉だと傷付くかな?」と冷静に考えることが出来るので、フォローがしやすいのです。



する側も、直接会うとなかなか自分の気持ちを素直に言えなかったり、真剣になりすぎて重い空気になってしまったりする事もあるかと思います。

告白前に描いていたイメージとは違った結果になって後悔する人もいるでしょう。



一方ラインなら、相手の顔を見ずに自分のペースでじっくりと言葉を選ぶことが出来るので、きちんと気持を相手に伝えられます。

しかも、会話の流れで恋愛トークになった時も、相手の反応次第で告白モードに持って行くか、話を逸らすかなどの駆け引きもしやすいのもメリットのひとつかもしれませんね。

ラインで告白されたら

ラインで告白されたら、どのように返したらいいのでしょうか。OKの返事ならば、返し方にそれほど頭を使う必要はありません。

ただシンプルに、「自分も好きだよ」ということを強調してあげるだけでも、相手が勇気を出して告白してくれたことに対する誠意を見せることが出来るでしょう。



返事に迷っているときは、「考えさせて」と言うのがよいでしょう。NOと言ったら今の関係が壊れてしまうし、相手を傷付けてしまうという意味で断る勇気が持てない人もいるかもしれません。

迷っているときは、色々と相談に乗ってもらったり、深い話をしたりして相手を観察してみるとよいでしょう。



そして大切なのは、きちんと結果を出してあげることです。

あなたに「考えさせて」と言われてから、相手は返事がいつ来るかを待ちわびているはずです。

その気持ちを無視して返事をずっと保留にし続けるのは、相手に失礼ですよね。しばらく様子を見ているうちに、相手の良い面が見えて好きになれそうと思えたのであればOKの返事をしてみてはいかがでしょうか?

好かれてから始まる恋愛は最初は受け身なことが多いかもしれませんが、次第にあなたの方がハマっていく可能性だってありますよ!



反対に、どう考えても恋愛対象ではないなと判断したのであれば、その気持ちもきちんと伝えてあげましょう。

NOと言ったら相手を傷つけるかもと、「返事をしないことで気持ちを察してほしい」と考えるのはやめましょう。無視される方が、相手にとってはよっぽど辛いことですよ。




2.ラインで告白されたい!そんなときは?

ラインで告白されたい!そんなときは?

ラインで告白される方法にはコツがあります。と言っても、そんなに難しいものではありません。

一番は、相手との距離を予め深めておくのがよいでしょう。仲良くない相手に告白しようという人はそれほど多くありません。仲良くなり、沢山の話題を共有することで、あなたと付き合いたいと思うようになる確率はグンと上がるでしょう。



また、「普段とは真逆の態度を取る」方法も有効なようです。例えば、いつもは仲良く会話をする仲なのに、急によそよそしくして、他の異性の友達と話すとします。すると相手は「いつもは一緒にいてくれるのになんで!?」とちょっとヤキモチのような感情が芽生えると思います。

人は、誰かの事を好きと確信するきっかけはヤキモチだったりします。毎回同じように接するのではなく、ちょっとメリハリをつけてみるのはお勧めです。ただ、あまりに異性の友達といちゃいちゃしすぎると、逆に気持ちを冷めさせるきっかけになるのでほどほどに。



そして告白される方法としてもう一つ大事なのは、相手に対して好意を感じさせることです。

人は自分に好意があると確信出来ないと、なかなか告白に踏み切れないことが多いです。

「あなただけなんだよね、こういうこと話せるの」という風に「あなただけ」を強調してみたり、「あなたにだけ話すんだけど」などといった言い回しを使うことで、相手はどんどんあなたのことが気になっていくでしょう。




3.ラインで告白する方法は?

ラインで告白する方法はどうすれば?

気持ちは簡潔に書く

ラインで告白するときは、文章をシンプルにすることを心がけましょう。つい、自分の気持を全部伝えたいと長々と文章を書いてしまいがちですが、そうすると相手は読み進めていくうちにだんだん疲れてしまいます。



最初に「好き」という気持ちを書いたうえでならまだマシですが、最初に2人の出会いなどから書き始め最後にやっと好きな気持ちを書くパターンだと、「一体、何を言いたいんだ?」と相手はちょっとイライラするかもしれないので気を付けましょう。

とくに男性は女性のように長話をするのが苦手な所があるので、結論が見えない話しは好みません。文章を書く時には気持ちをシンプルに書いた方が好感をもたれるでしょう。



また、「すごく気になっている」「好きかもしれない」など曖昧な書き方をするのではなく、きちんと「好きだから付き合いたい」ということを伝えるようにするのがポイントです。

じゃないと、相手も返事に困り、中には返事をしないまま受け流してしまう人もいるかもしれません。さすがに付き合いたいと言われれば何かしらの返事はしてくれるはずなので、はっきりと気持ちは伝えましょう。



そして、ラインを送る時間帯も大事です。相手がもう寝ている深夜に送ればいい迷惑になりますし、友達と遊んでいるのが分かっておきながら送れば、ふと他の友達に見られて騒がれて嫌な思いをする可能性だってあります。

できるだけ相手がラインを受け取っても問題ない時間を知っておくといいでしょう。

告白するタイミングは早い方が!

それでは、いつ告白したらいいのでしょうか。理想的なのは、仲良くなり始めてから3ヶ月くらいがいいそうです。それよりも前だと、まだあなたの事をよく分からない時期でもあるので、告白をされても返事に困る可能性があります。



また、1年以上と長くなりすぎると、それまでに2人の間に友情が芽生えてしまう事もあるので、いざ告白をした時に、「友達としてしか見れない」なんて残念な返事が返ってきてしまう可能性もあります。

もちろん、お互いが控えめで気持ちを伝えられずに数年…なんて人もいるので、全ての人に当てはまるわけではありませんが、一般的に友達関係が長くなってくると恋愛対象として見れなくなってくる傾向があるようです。



また、相手が自分のことを好きだという確信があるまで告白しない方が成功率が上がります。

相手が自分のことを好きかどうかは、「既読スルーをしない」「あなただけだよということを強調してくる」など、案外分かりやすいものです。相手の気持ちを充分に惹き付けておいてから告白すれば、良い結果が望めるかもしれません。




4.告白したときの反応別対処法!

告白したとき、相手の反応別対処法!

「考えさせてほしい」と言われたら

ラインで告白をしても、「しばらく考えさせてほしい」などと答えを保留にされることがあります。その場合、成功確立はよくて半々といったところでしょう。

相手が考えているというときは、いい意味ではあなたの告白を断るのはもったいないけど、もうちょっと知ったから付き合いたいと思っているのでしょう。反対に悪い意味では、実は他に好きな人がいて、既に断ろうと思っているけど、上手い理由が見つからないのかもしれません。



どちらにしても、保留された側からしてみれば、早く返事がほしくてたまらないですよね。

でも、だからといって返事を促すようなラインを送ったり、会いたいと言ったりするのはNGです。一度考えたいと言われたのであれば、相手から何かアクションがあるまでは待ちましょう。

「付き合えない」と言われたら

残念ながら、相手に断られてしまうこともあるでしょう。そんな時は、「なんで?」と理由を聞きたくもなりますが、ダメなものはダメなのです。

無理やり聞き出そうとすれば相手は不快な気持ちになるので、ここはグッと堪えて「分かった、気持ち言ってくれてありがとう!」と言ってあげましょう。

断られた後の態度次第で、今後もいい関係が築けるかどうかは大きく左右されるので、間違っても逆ギレなんかはしないように気を付けましょうね。



また、フラれたからといって極端に距離を取るのも問題です。フラれた直後はさすがにいつも通りに連絡はしにくいですが、相手があなたとはいい友達でいたいと言ってくれているのであれば、しばらく時間が経った時には、またいつものようにあなたの方からも連絡をしてみましょう。

返事が来なかったら

ラインでの告白で一番嫌なのが、無視されることですよね。

頑張って告白をして、相手側が既読にもなっているのに何の反応もない、なんてことがラインでは起こります。そんな時は、「相手は無視することで気持ちがないことを伝えようとしている」と考えましょう。



納得いかないとは思いますが、世の中には嫌なことには極力関わらずに逃げ切ろうとする人もいます。

そのような相手を好きになって告白した人は、しばらく返事を期待してモヤモヤした日々を送るとは思います。でも、待っていてもいい返事は見込めないので、次の恋愛に向けて前を向いていきましょう。




5.ラインでの告白はありえない?

ラインでの告白はありえない?若者の本音に迫ります!

ラインを使っている若者は、ラインでの告白と直接会っての告白、どちらの方がよいと思っているのでしょうか。実に、約8割が直接会って告白されたいと思っているという調査結果があります。理由としては、



・表情が見れて、本気かどうか分かるから

・恥ずかしいけど嬉しい

・直接告白するのは、男らしく好感が上がる



などと言われています。やはり、本気だと感じることが出来、嬉しさも高まるのでしょう。

そして、9割がラインで告白されたくないとの結果も出ています。理由としては、



・本心が分からないから

・ラインは連絡手段なイメージがあるから

・適当な感じがあるから

・大事なことは、ちゃんと会って伝えるべきだと思う



などが挙げられています。顔が見えず、本心ではないことも書けてしまうため、ラインでは告白されたくないと思っている人が多いようです。



その反面、冒頭でも述べたように若者の8割がライン告白の経験があると答えています。

ラインでの告白は、デメリットも大きいですがメリットもあるのです。ラインで全て済ませるのではなく、告白の雰囲気を匂わせておいて、「きちんとした言葉は直接会って改めて言いたい」などと送って告白すれば、デメリットの部分もカバー出来るかもしれません。



もちろん、告白は面と向かっての方がいいのですが、好きな人からの告白だったら、ラインでもOKしてくれる確率は高いそうです。結局は、自分が好きな人から告白されたら、どのような形でも嬉しいというのが本音かもしれませんね。




6.男のためのライン告白術!

男のためのライン告白術を知ろう!

告白の仕方で結果は変わらない

ラインでの告白を考えている男子の中には、「本当は直接会って言いたいけど、勇気がない。でも、ラインで告白することでフられたらどうしよう」などと心配している人も多いと思います。

しかし、先ほど述べた通り、成功率は告白の仕方に左右されません。好きな男子からなら、直接でもラインでもOKをする確率は非常に高いのです。



逆に、今まで好きじゃない男子から告白されて、OKをする女子は少ないでしょう。

たとえいたとしても、気軽な気持ちで付き合った恋愛は気軽に別れることも出来てしまうのです。どんなにあなたが人気者でモテたとしても、相手にとって特別な存在でなければ、NOと言われてしまう可能性が高いのです。

雰囲気と両想いだという確信は?

ラインで告白するには、まず雰囲気が重要となってきます。友達とワイワイ遊んでいるときに告白しても、女子は真剣に考えてくれない可能性があります。

そればかりか、友達同士であなたが送ったラインを見せ合っているかも。なんて考えると怖くなりますよね。もっとも、そんなことをするような人と付き合いたいと思うかは微妙なところかもしれませんが。



相手が宿題をしているときやテレビを観ているときなど、落ち着いているときに告白することで、女子もあなたの告白を真摯に受け止め、返事をしてくれるかもしれません。直接会って告白するときに、他の人が周りにいる状況よりも二人きりの方が告白しやすいのと一緒です。



そして、両想いだと確信するまで告白しない方が成功率は大幅に上がります。当たって砕けろといった風に告白しても、成功率は極めて低いです。好きな人と付き合える男子は、告白する前から相手を惚れさせているのです。好きな女子に好きになってもらうには、



・面白い話をして相手を楽しませる

・相手の話に共感してあげる

・頼りになるところを見せる

・落ち込んでいるときは親身に話を聞いてあげる



これらの内容を心がけて、普段からラインをしているとよいでしょう♪




7.ラインならではの告白法もアリ!

ラインならではの告白法もアリです!

普通にラインで告白をすると、こんな風になると思います。



(男子)「多分気付いていると思うんだけど……」

(女子)「?」

(男子)「伝えたいことがあるんだ」

(女子)「?」

(男子)「気付いてない?」

(女子)「何でしょう?」

(男子)「好きです!付き合って下さい!」



直球で好感が持てますね。ポエム調になって引かれたりするより、自分の素直な気持ちをストレートに表すことで、相手も本気だと思ってくれるでしょう。



また、ラインならではのひねった告白法もあります。

例えば、言葉の最初の文字をとってつなげて縦で読んでみると「おまえが好きだ」という文章になるなど、これはラインだからこそ出来る洒落た告白方法ですよね!

もちろん相手の返事に対して意味の通る文章にしないといけないので、結構至難の技かとは思いますが。でも、こんな風に告白されたら女子はとても印象に残り、ずっと忘れないでいてくれるかもしれません。



今、暗号のようなラインの告白の仕方が流行っていると言われています。普通の告白とは差を付け、ラインならではの告白法を使ってみるのもいいかもしれませんね。

8.ラインで告白するメリットとは?

ラインで告白するメリットにはどんなものが?

ここまで、ラインでの告白のメリット、デメリット両方をお伝えしてきましたが、結局のところラインでの告白は「アリ」なのでしょうか、「ナシ」なのでしょうか。

それは相手の感じ方や捉え方にもよるでしょう。あなたが恥ずかしがり屋で、相手も恥ずかしがり屋なら、ラインでの告白の方がスムーズに上手くいくかもしれません。



また、ラインで告白するメリットとして「告白したときの文面が形に残る」ことが挙げられます。

告白されたときのトーク画面や、付き合ったあとのラブラブなやり取りをスクリーンショットに撮っておくことをお勧めします。喧嘩したときなどにそれを眺めることで、どんな気持ちで付き合い出したかを思い出すことが出来、仲直りしやすくなります。



また、ラインで告白されたときに返信のタイミングを悩んでしまうことがあるかもしれませんが、相手は自分の想いをちゃんと伝えられたかなど、自分が失敗していないかということに捉われがちになっているので、タイミングについてはそれほど悩む必要はありません。自分の考えをまとめ、自分のタイミングで送るとよいでしょう。



ラインで告白するときのメリットとしては「想いを素直に伝えられる」「失敗したときに気まずくならない」「形に残る」の3つが挙げられるでしょう。

9.まとめ

ラインで告白はアリ?メリット・デメリットのまとめ。

いかがでしたか?ラインでの告白はそもそもありえないと思っている人や、やはり直接会って告白されたいと思っている人は少なくないようですが、失敗したときに気まずくならず、告白された側も文面を考えてフォローしやすかったり、やり取りが形に残ったりと、ラインでの告白のメリットもあります。



結論的には直接会って告白しても、ラインで告白しても、成功率は変わらないことが多いとの調査結果が出ているので、自分に合った告白法で告白するのがよいでしょう。

ラインで告白されたいと思っている人は、脈ありだということをうかがわせる行動、言動を心がけるとよいと思われます。



時代によって告白の仕方もそれぞれです。好きな人からラインで告白されたら素直に喜び、率直な想いを伝えてあげるとよいでしょう。ラインで告白しようと思っているのなら、自分の気持ちをシンプルに綴り、会ったときに再び想いを伝えてあげることで相手も喜んでくれるでしょう。

あなたの恋が良い方向に向かうことを祈っています♪